2007年09月12日 Tweet It!

携帯電話のおしゃべりとガン

たった10分間の携帯電話のおしゃべりでもガンになる可能性あり

たった10分間の携帯電話のおしゃべりでも、充分に、脳が化学的に変化する引き金となりえる。この変化は、ガンにかかるリスクを増大させるという。イスラエルのWeizmann Institute of Scienceの研究によると、電話機からの低レベルのエネルギー照射であっても、細胞分裂の過程に悪影響を与え、腫瘍の成長を促しかねない。

(アイク)
携帯電話機からのエネルギー照射は人体の電磁場を乱し、細胞分裂を狂わせる。それで、ガンの原因となるわけだ。遺伝子的な要因、心理的感情的な状態など、多様な要因で、人によって電磁場は異なっているので、他の人たちが長い時間の携帯電話の照射で悪影響を受けるのに、一部の人々がちょっとした短い照射によって害を受けることはあり得るだろう。


元記事


posted by 狭依彦 at 21:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友人がフランスのテレビで見たらしいんだけど、ネットのコードレスモデム(日本語で何て呼ぶのかな?)は携帯よりも数倍電磁波が強く、電子レンジよりも悪い、ガンや白血病の原因になりえる、と語っていたそうです。

ドイツの学校では禁止されているそうですが、日本は?

話はそれますが、フランスの小学校って、一日中蛍光灯を赤々とつけっぱなしなんですよ!ホームスクーリングするほどのやる気ないし・・・。
Posted by 夏羽 at 2007年09月13日 16:33
持ち歩く電子レンジ。ああ、コワ!
逆算すると、携帯は電子レンジの何分の一かの電磁波のわけですね。
すご〜い!

検索してみたら、そうなんですね。
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E6%90%BA%E5%B8%AF%E3%80%80%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%80%80%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2&lr=
携帯でゆで玉子の記事も本当かもしれない。

蛍光灯、つけっぱなし。
いま、日本の小学校のことを考えていたのですが……
どうだったでしょうね?
分からない……
Posted by 狭依彦 at 2007年09月13日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック