2007年09月24日 Tweet It!

覚醒の12の兆候

あなたが覚醒しようとしている12の兆候

非常に強力な変容がその速度とパワーを強めてきていて、多くの人々に影響を与えるようになっている。変容の引き金となるような体験をいくつか教えよう。「Christ seed(キリストの種)」という言葉を使うのだ。この言葉は余計な含意があるので、残念なことだとは思うが、高位の意識でそれを考えるなら、趣旨を理解することができるだろう。わたしは、これらのことの大部分にかかわっている。わたしは、自分の全人生で、それらの多くを体験しているからだ。

元記事 機械翻訳

機械翻訳でだいたい内容がつかめますね。わたしも、半分以上の兆候が認められます。

特に3.Crying for no apparent reasonは、「理由もないのに泣き出す」じゃなく、「理由もないのに叫ぶ」と訳すと、わたしは、親が飼っている老犬について「○○ちゃんはイヌ!」と日に何度も叫んでしまいます。もちろん、周りに人がいない時ですが……

だから、もしかして、この12は病気の兆候のようにも思えるのですが……


説明例えば。クエーカーについての説明の一部。
友会徒は、すべての人の心のうちに常に神の力が働いていることを信じる。このことを「内なる光」、「内なるキリスト」あるいは「キリストの種」などという。
クエーカーというのは明治以降の日本の歴史に大きな影響を持っている宗派です。こんなサイトを見つけたついでに、ちょっと、お勉強。


posted by 狭依彦 at 10:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | こころ・言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「アフリカ象が好きっ!」←分かります?

たしか田中真紀子もクエーカーでしたよね。
Posted by こゆき at 2007年09月24日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。