2005年08月10日 Tweet It!

Queen Motherの城

スコットランドには不思議な場所が多い。

エアーシアのElectric Brae(電気の丘)では、車のギアをニュートラルに入れておくと、車輪が自働的に転がって丘を上っているように見える。

Grampian(グランピアン州)のGlamis Castle(グラームス城)では、世間では、シェープ・シフティング(変身)トカゲの住処であると言われている。

エジンバラ市は、幽霊が沢山出没するので有名である。

元記事

ヘッドラインでは、グラームス城はthe Queen Motherの城だと言っている。


posted by 狭依彦 at 18:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | レプティリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レプティリアンの事は私のチャネリングでも知らされましたが、アイクはそれが竜?座からきているとか、外宇宙、次元の違い、地球の中など、私が知らされている情報ととても似ていると思いました。
イシキというのは潜在意識ですので、実際はどうかわかりませんが、アイクと王仁三郎のチャネリングの言葉を公開しておきました。
今、イギリスの穀物模様が面白いです。
Posted by カヨコ at 2005年08月11日 22:59
『大いなる秘密』では竜座(ドラコ)の可能性、その他の星から来た可能性、「地球内生物」の可能性、人間に憑依して異次元から人類を操作している可能性のすべてを肯定しています。

最近のマトリクス理論では、宇宙人というよりは、集合現実を見せて人類を管理するエージェント・スミスとして見ているようです。

レプティリアンは世界の中から、その構成要素として自然に生まれたもの。王仁三郎の邪神の定義とよく似てきます。

イギリスの穀物模様(crop circle)はアイクも何度か取り上げています。アイクの評価がどのようなものだったかは、残念ながら、ちょっと思い出せません。
Posted by 狭依彦 at 2005年08月12日 00:14
2000年ごろ愛知県豊田市に住んでいた庭で、トカゲをとてもよく見るようになり、ある日、玄関先でトカゲが交尾して丸くなっているのを見ました。
交尾を見たのは生まれて初めてでしたが、これ見よがしにこちらを見ていて逃げもしなかったのをしっかりと覚えています。
トカゲはヘビよりましと思っていましたが、よく似ているので苦手です。
読者の掲示板でもトカゲをよく見ると書かれていますが、情報でレプティリアンの勢力が強くなったというのとあっていると思っていました。
Posted by カヨコ at 2005年08月12日 12:29
レプティリアンにエネルギーを与えているのが外宇宙だそうで、その入り口を↓の雲で知らせてくれました。
ソラからの情報はつながって行っています。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/astropix.html
Posted by カヨコ at 2005年08月22日 09:47
↑のコメントで、写真が移動しましたので改めて紹介します。
ハワイ上空の雲です。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap050821.html
Posted by カヨコ at 2005年08月22日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。