2007年09月29日 Tweet It!

70年間の拘束

13ペンスを盗んだという濡れ衣で告発されて70年間拘束されていた女性

妹は死んだと信じていた兄弟が偶然、施設でその妹を発見した。妹は、Jean Gambellという名前で、1937年にある医者によって「認定され」、施設に収容された。医者は、Jeanが診療室から13ペンス盗んだと信じたからだ。その金は後になって見つかったが、この若い女性を収容するという決定は変更されることはなかった。兄弟が彼女に会いに行ったとき、Jeanは85歳になっており聴覚障害を起こしているが、兄弟の名前も覚えていて、二人を抱きしめた。

「彼女を監禁して、部屋のキーを捨てる。彼女は施設という制度に閉じ込められる。彼女は施設をたらい回しにされていただけ。かわいそうな無実の少女の人生が無駄になった」と、兄弟のデーヴィッドが語った。

たぶん英国の出来事でしょう。


posted by 狭依彦 at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神秘・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。