2005年08月11日 Tweet It!

標準時24時間ピッタリへ

アメリカは国際標準時をきっかり24時間にするような提案を国連に提出した。

現在の時間システムは、何年かに一度、時計に秒を追加しなければならない。秒は年末と年始の間に追加され、最近ではその処置は1998年に行われた。

現在のコンピュータ時代では、コンピュータの時計を直すことが問題となる。また、時計の狂いによる、コンピュータの誤動作も懸念されるため、アメリカは24時間の提案をした。

天文学者はそれに対して、望遠鏡などの施設を修正するために大金がかかるため反対している。

現在の時間は地球と同期しているが、きっかり24時間になると、地球と時間の関係は失われることになる。

英国も、グリニッジ標準時が自分の国にあるなど歴史的理由で反対している。

元記事

アイクは、太陽暦により人間を月のサイクルから切り離したのは、陰謀の一つであると言っている。


posted by 狭依彦 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。