2005年08月12日 Tweet It!

パラグアイの米軍活動

米軍はパラグアイで秘密の作戦を実行しており、新しい基地を建設中であるという。パラグアイの人権グループと軍事アナリストは、悪いことが起ころうとしていると考えている。しかし、パラグアイの米大使館は基地の実在を否定していて、軍事活動も通常のものであると説明している。ボリビアの新聞El Deberの記事によると、米軍基地はボリビアとの国境から200キロのところにあるMariscal Estigarribiaで建設中であるという。基地の規模は、巨大航空機の離発着可能で、16000名の兵士を収容できるという。500名の米軍部隊が7月1日にで到着したというが、航空機と武器、装備、弾薬なども持参しているという。

南アメリカ支配の準備だ。コロンビアも見てみよう。

元記事




posted by 狭依彦 at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際中南米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。