2007年10月25日 Tweet It!

ロスチャイルドの権力

『ロスチャイルドの権力』
The Power Of The Rothschilds
By Fritz Springmeier
Excerpt - Bloodlines of the Illuminati
8-12-7

ユダヤ世界はロスチャイルドに賞賛を浴びせかけている。「ロスチャイルドはキリスト教世界を支配している。彼らのアドバイスなしに動く政府はない。彼らの手の中にあるのは、ペテルスブルグからウイーン、ウイーンからパリ、パリからロンドン、ロンドンからワシントン。ロスチャイルド家の長、Baron Rothschildはユダ族の真の王、囚われの王子、この異常な人々が長く待ち望んだ救世主……ユダ族のライオン、Baron Rothschildは真の力をダビデよりも多く備え、ソロモンよりも智恵が優れている。

元記事(本のあらすじ)

この抄録にもサバタイ・ゼビが出てきます。


posted by 狭依彦 at 21:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | NWO・秘密結社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近はロチルドも表沙汰になって来た感じですが、以前あっしらさんが言っていた様に、実はロチルドも中程度の金持ちでしかなくて、最終的には「彼ら」のスケープゴートになる役かも知れないですね。

あっしらさんは「彼ら」はカルタゴの支配者が源流ではないかと言っておりましたが、「たとえ爬虫類型うちゅう人でも、普段は人の姿をしているのなら、OKです」とかも言っていて、アイクの本は読んでたみたいです。

ちなみにハードなのは嫌いだけど、SMは好きだとも言ってました。
Posted by at 2007年10月26日 21:05
ロスさんは元々ユダヤ系のXX銀行に勤めてた人が元祖らしいので本当の元締めではないんじゃないかな。いわゆるフロントかと。
Posted by 見習い at 2007年10月28日 00:30
ふと、思ったんですが、現在「彼ら」の頂点で唯ひとり、意志決定をしているのは、案外こども(の姿をしている?)だったりなんかして…。

なんちて、ホラー映画の見過ぎか。。。

Posted by お手伝い at 2007年10月28日 20:22
ロスチャイルドとその配下ロックフェラーの支配者は、龍座のドラコニアンと配下のレプトイドである。
だが、彼らの命運はいずれも尽きて来た:

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/48.html
Posted by 前田 進 at 2007年11月03日 04:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック