2007年11月13日 Tweet It!

マントラの瞑想

マントラの瞑想に隠されたアジェンダ

そして、マハリシは何をもたらそうとしているのか?ヴェーダの神々だ。彼は、われわれの心が表面的な意識を超越するのを導く意味のない言葉を受け入れさせたのだ。後になって、われわれはこれらの意味のない言葉、マントラが、神々の名前であることを知った。マハリシは、彼らの核にある「私は服従する」ということをサンスクリットの言葉“namah”を使って、進んだ技術を教えたのだ。

マントラの瞑想は自分自身を神と呼ぶものたちを崇めるための手順である。「意味のない音」とか「想像的な知識のインパルス」とかいう空想的で誤解を招く説明を削り取るなら、ヒンドゥの神に心から服従して目を閉じた人々が見えてくる。

元記事

これくらいは訳せなくっちゃと訳して見ましたが、よく分からない訳ですね。




posted by 狭依彦 at 21:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 超古代史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事やっぱり理解できないのですが、『霊界物語』では、バラモン教のインドが舞台になっている章がかなりあるのですが、何か関係しているかも知れません。気をつけて見てみたいと思います。
Posted by 狭依彦 at 2007年11月14日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。