2005年09月15日 Tweet It!

インフルエンザ

CFRジャーナルの、7・8月号にインフルエンザの流行についての記事が3本あった。CFRはアメリカのエリート集団であるから、今年のカゼのシーズンには大流行するのは確かであろう。世界で起こることで計画されていないことはほとんどない、ということは、1994年以降に、世界のトップレベルの微生物学者は医学の研究者が78名も死んでいる(殺人も含む)ことに注意を払うのも無駄ではないだろう。

元記事

科学者のリスト



posted by 狭依彦 at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック