2007年12月19日 Tweet It!

太陽地球間の電気回路

太陽と地球が電気的に繋がっていることが確認された

Birkelandがオーロラを調査するために北極探検を行ってから1世紀以上たったが、地球と太陽を結ぶ電気的な回路がある証拠となるような兆し(オーロラ)を観察するときに、主流派の科学者たちはいまだに驚きを禁じえない。その理由は、科学者たちが、いまだに、宇宙に電気的回路がありえるという概念を除外した理論モデルにしがみついているからだ。自分達のモデルが「不可能」と分類されたり排除されるような新しい観察結果によって誤りを証明されたとしても、科学者はそうしている。

(アイク)
私が17年間も書いていることだ−すべてのものは結ばれている。すべてはひとつだ。

元記事


posted by 狭依彦 at 09:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 宇宙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

面白そうだと思って最近、電気の本を買って読みはじめてそのままになってますが、電気的力がなければ地球もバラバラになるようですね。

プラズマ宇宙論
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%AB%96

電気的宇宙論はウォレス・ソーンヒル博士が有名らしいですね。
Posted by まゆみ at 2007年12月20日 00:03
Wikiのページにも画像がいっぱいあって綺麗ですね。
Posted by 狭依彦 at 2007年12月20日 22:06
最近日本の観測衛星が太陽から大量のX線が出ている写真の撮影に成功したために今までの常識「太陽は核融合している」という説が崩れ去り「電気じゃん!」という事になったようですね。詳しい事は分からないのですが大発見だそうです。

これで核施設は肩身が狭くなりますね。
それにしてもウランの存在意義って何なんだろう?
Posted by kanchama at 2007年12月22日 15:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック