2007年12月21日 Tweet It!

人工生命

人工合成DNAが新しい形の生命を生もうとしている

学者が試験管の中での最初の生命を造ってから50年が過ぎようとしている。その際は、ありきたりの化学物質をつなぎ合わせて、生命の最も特別な分子を作り上げた。しかし、最近まで、最も進んだ研究所でさえも、小さなDNAの断片を作り出すことができるだけだった。それは、例をあげると、とうもろこしに埋め込まれた一二個の遺伝子で、とうもろこしが害虫を退けたり、旱魃に耐えられるようにするものであった。
今、学者達はドラマチックに壁を越えようとしている。完全に人工的なDNAによってもたらされる新しい形体の生命の創造である。

元記事

この記事はワシントンポストです。最近、アイクはワシントンポストを見ているのか、何件か引用記事があります。
狭依彦は、ワシントンポスト、ニューヨークタイムズなどの記事を取り上げるヘラルドトリビューンで英語の勉強をしましたが、最近はあまり読んでいません。だって、アイクが、一番、レプに近いメディアだと言っていましたから……
最近、アイクがワシントンポストをということは、転向ってことはないよね。


posted by 狭依彦 at 22:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイク氏、眠っていたレプの血に目覚める。なんてね。空恐ろしい話をレプ寄りの新聞から拾っているんでしょうね。

ウイングメーカーという本でレプも立ち入れない(多分)崇高な精神の科学者をリーダーにして宇宙人と共同プロジェクトを進めているグループがあるというのを知りました。彼らの財源はそこで得た知識を希釈して政府や企業に売っているという話です。全くの絵空事とは思えません。

完全に人工的なDNAね、、、。
上手くいったとしても、「遺伝子組み換え農産物」と同じ悲しい道を辿りそうな。

Posted by kanchama at 2007年12月22日 15:22
イギリスとががDNAを集めてデータベースにしているのは、究極、レプティリアンのDNAを多く持っている人を探すためということです。

アイクが、レプのDNAを持っていても不思議はないですね。
そして、ニッポンジンのあなたも、私も、グレイのDNAの一部を持っているかも知れませんよ!
Posted by 狭依彦 at 2007年12月22日 22:40
日本人はグレイ、と言われていますね。
そういえば、たまーに感情がなくなります(^^)

とあるスピリチュアルな人はグレイは地球を去った、と言っています。

そして東洋人こそレプティリアンという人もいます。

いづれにせよ、全ての人類には地球外生命のDNAが入っていると個人的には思っていますし、DNA差別は人種差別と一緒。一番大切なのはその人の精神のあり方だと思います。

集めたDNAデータは多岐に渡って利用するつもりでしょうか?マインドコントロール、生贄、子を産ませる、純粋レプ製造の素。

悪用できないで終る事を祈ります。

Posted by kanchama at 2007年12月23日 02:28
私の信じている『霊界物語』では、多くのアーメニア生まれ(レプDNA持つ可能性あり。これは狭依彦だけの理論)そんな人々が、みんな「改心」(狭依彦の理論では、覚醒)して、三五教(まことの神を奉じる立場)に変わってゆきます。
三五教のほとんどが、そんな「改心」組。だから、我々もレプのDNA持ってても覚醒できるのですよ。
「覚醒」は覚せい剤の覚醒ではないので念のため……
Posted by 狭依彦 at 2007年12月23日 09:44
霊界物語か。ひふみ神示と同じく、なんか怖くて読んだ事がないんですよ。
ひふみ、は少しずつ解説から読んで行こうと思っている所です。

最近読んだ「バシャール×須藤元気」の対談本でレプに関する発言があったのですが、最初から「自分の子が欲しい」と人間が思うような感覚で愛情たっぷりに現在の人類を作ったものもいれば、人間社会に溶けこんで行ったものも居る。もちろん悪いのも。という話でした。

そういえばアイクの大いなる秘密に
「ドラッグをきめてパーティに行ったら会場に居たほぼ全員がトカゲに見えたが皆気の良い人達で楽しく飲んできた」なんて人のインタビュー例がありましたね。

シェルダンナイドルという人の話だと、1995年からレプ(多分二ビル)は改心して宇宙連合に入ったそうです。

後は、地球に残って悪い事している諸君の改心のみ、ですかね。レプ以外の地球人もまことの道をしっかり歩まないと!ですね。
Posted by kanchama at 2007年12月23日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック