2008年01月07日 Tweet It!

オバマ候補

オバマ候補とユダ○人

バラック・オバマ氏は木曜にアイオア州の民主党党員集会で歴史的名勝利をおさめた。彼について、普通の支持団体に尋ねると、ホワイトハウスへのチャンスが見えてきた最初の黒人であると聞かされるだろう。もしくは、彼のケニア人の父のことか、インドネシアで過ごした子供時代。支持者達が若いこと。彼の立候補にうっとりとする何百万人かのOprah junkies(オプラ・ジャンキー?たぶんアメリカ国民)。聞かされないことは、彼が政治の経歴のすべての段階で、ユダ○人の指導者たちの所に立ち寄っている、ということだ。

元記事


posted by 狭依彦 at 20:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Oprah junkiesっていうのはOprah Winfrey Showというテレビ番組の大ファンの人たちを指しているものと思います。主な支持層は仕事のない主婦ですね。Oprah自身は黒人女性ですが、この人の番組は人種を超えて多くの人の支持を得ています。

Posted by at 2008年02月07日 12:02
ありがとうございます。アメリカのテレビ番組はほとんど知らなくて、Oprah Winfrey Showも初耳です。
まあ、日本のも、大河ドラマ、おはよう日本、鑑定団、日曜美術館、と書いていると、なかなか出てきませんが、あまり知らないのですが……
Posted by 狭依彦 at 2008年02月07日 19:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。