2008年01月08日 Tweet It!

オバマとパキスタン

オバマとその主戦論者内閣−様相が変わる第三次世界大戦

(オバマの写真)

もう一人のエリートの看板役と詐欺師

元記事

--------------------------------
フラッシュバック:あの「戦争を終結する、変化のために戦う」(あくび)候補者が、「パキスタンを爆撃するだろう」と発言

オバマ氏の発言で、もし自分が2008年の11月に大統領となったら、パキスタン政府の同意があろうが、なかろうがパキスタン国内(のアルカイダ)を攻撃するつもりがあるという。既に、問題が多い地域にとって、さらなる懸念を生みそうな動きである。
「もし、攻撃する価値が高いテロリストの目標について行動を起こせる情報があり、ムシャラフ大統領が行動を起こさないなら、われわれがやる」とオバマは語った。

ああ、そんな種類の変化なのね。

元記事

(備忘)パキスタンって原爆の保有国ですよね……
この記事のジャンルは「北米」でしょうが、流れで「ブット暗殺」にしました。


posted by 狭依彦 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。