2008年01月15日 Tweet It!

犯罪者にMチップ

さあ始まった。デーヴィッド・アイクが昔から予言していたように……囚人が犬のようにマイクロチップを埋め込まれる。

必読

大臣達は、性犯罪者数千人に「機械で読み取ることのできる」マイクロチップを皮下に埋め込むの計画をしているという。これは、英国の刑務所でより多くの余地を作り出すための電子タグ計画を拡張したものである。現在のタグシステムの安全性と刑務所の混雑を解決するために、法務省は犯罪者をモニターするために、衛星と電波技術を使用することを検討している。

しかし、足首に巻かれたブレスレットにマイクロチップを埋め込む代わりに、犯罪者を刑務所には収容せず、外の地域に置き、家庭での外出禁止を守らせるための支援として、小さなチップを外科手術で皮膚下に埋め込む。このチップはRFIDタグで、米粒の倍ほどの大きさで、個人の識別情報、居所、犯罪歴などの含む個人情報がスキャンできる形で記録される。

問題−反応−解決戦略

元記事

この記事は私も読みました。
イギリスの刑務所は一杯なので、性犯罪者などの軽い罪の人は、刑務所には収監せず、自宅に置いて監視しようというプログラムがある。マイクロチップと衛星で監視し、学校などの公共の場所に近づけないようにする。
現在は、足首にバンドなどを巻き、その中にマイクロチップを入れて監視しようとしているが、その被監視者がそのバンドなどを取ってしまい、居所を追跡できなくなることがある。
そこで、外せない場所、皮下にマイクロチップを埋め込もうという。
人権問題として反対する者もあるが、社会のセキュリティを守るためには、いたしかたないという流れだそうです。


posted by 狭依彦 at 22:38 | Comment(3) | TrackBack(2) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近「Terminator Salvation」という映画のDVDを見たのですが、
この作品に 非常に興味深いシーンがありました。
マーカスという、ターミネーターよりさらに人間に近い(?)侵入型プロトタイプの
マシーンがでてくるのですが、そのマーカスに 
マシーン達の根幹であるスカイネット(AI?)が、もともとマーカスに「プログラム」している指令を思い出させるために、
「思いだして...自分が、何かを」と問いかけるんです。
それに対しマーカスは、「オレはわかってる」と言って
自分の後頭部の皮膚をかきむしって、
おそらく頭の中に埋め込まれていた「チップ」をむしりはずして握りつぶすんです。
そのシーンが、痛々しくも なぜか目が覚めるほど印象的で・・・。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2009年11月24日 16:57
最近は、ハリウッド映画も「Terminator Salvation」以外にも
「ボーン・アイデンティティー」のように、マイクロチップを埋め込まれた元CIAの殺し屋が 自分のチップを抜き取られてから「自分が何者か?」を知りたくなり、CIAなどに立ち向かってゆくという作品もあるようで。
どういう目的でつくられているかはわかりませんが、
でも 特に「Terminator Salvation」には、
例えば 普段我々が支配者層に支配されているなかで、自分自身の脳や体力や五感で限界を決めさせられるかのように、
まるでプログラミングされるかのように 自分自身の人生を「方向づけられている運命」と意識させられることがあったとしても・・・
でも 我々は本来「不死鳥」のように、
ほんとうは何度限界をむかえても 
そのたびにその最終的には「自分自身が決めつけた限界」を何度でも越えるように、「自分の運命は自分で決める」ことも「自分の命は自分で運ぶ」こともまたできるのではないかと、意識させられるものがありました・・・。
Posted by それでも 地球と人類を愛した者へ at 2009年11月24日 17:13
インフルワクチンの太い注射針のMCは本当はどうだったのでしょうか?
ガゼネタだったのでしょうか……
Posted by 狭依彦 at 2009年11月24日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便 (講談社
Excerpt: 名の通り、墜落遺体。 あたしは1日かけて読んだ。300弱ページあるんだから分けて読もうと始めは考えていた。が、読んだら止まらなくなったから1日で読んでしまいました。この本は、機内の様子やコックピット内..
Weblog: 犯罪がいいと思う
Tracked: 2008-01-31 08:10

累犯障害者
Excerpt: 私は平凡な会社員だが、多少福祉分野に携わったことがあり、この本の中にあるような世間一般から隠されている実態の一部は事前に知っていた(障害者の売春婦、ヤクザなど)。この本が衝撃を与えたことに異論はないが..
Weblog: 犯罪を...
Tracked: 2008-02-02 04:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。