2008年02月18日 Tweet It!

オバマの変化

Soros,Brzezinski,Rohjatyn,Rudmanがオバマを支えている

オバマは2004年の民主党党大会でオーディションに通ってからというもの、George Sorosやヘッジ・ファンドの億万長者に支配され、レトリックとウオール・ストリートのお金を背景に、降ってわいたようにキャンペーンを開始した。民主党のKennedy、Kerry、Dean派の金持ちのエリートのお気に入りとして、オバマのニセキャメロットは、上流階級からの人種的な化学繊維のような大衆主義に見せ掛けながら、ウオール・ストリートやアングロ・アメリカンの財政支援者の期待に沿うだろう。

本質的な疑問として、すべての抵当権の凍結を求めた、Kennedy、Kerry、Obamaによる上院の法案はどこへ行ってしまったのだろうか?戦争に反対した議事妨害はどうなったのか?最低生活賃金の形をとった真の最低賃金はどこへ行ったのだろうか?ブッシュやチェーにーに対する弾劾は?最近の支出法案で、低所得層への灯油の補助金を増額することへ、オバマ上院議員は何故反対するようになったのか?

元記事

アメリカ選挙のことはよく分かりませんが、後半のパラグラフは、オバマさんが最初にやろうとしていたことが、あいまいになっていることを言っているのでしょう。
よく「Change,change,change」というスローガンがオバマさんに出てきますが、これが「変化」の内容なのでしょうか……


posted by 狭依彦 at 22:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オバマさんは、ワンフレーズを繰り返して小泉にそっくり。誰がなってもアメリカの大統領は、一緒。選挙自体が茶番劇。改革とチェンジとどう違うの。おんなじじゃないか。
Posted by オ箱 at 2008年02月19日 12:30
アメリカ経済と準ねずみ講=ミキサー式真空装置。
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/inbou.htm
言わずと知れるアメリカ主導の国際金融組織ヘッジファンドを含めたロックフェラー教は、資本、金融、財産、生命全てを利益に変化させ懐に収めるミキサー式真空装置です。その機械、つまり仕組みが変わらない限り何も変わる事は有り得ません。
紙を紙幣に化かす詐欺集団達。人間は平等ではない。なぜなら、ロスチャイルドやロックフェラーは自由に紙幣を好きなだけ印刷出来て、その他の人間にはそれが出来ないのだから。
俺にもその紙幣を発行する権利を認めてくれ。
Posted by はろるど at 2008年02月19日 17:12
>オバマさんは、ワンフレーズを繰り返して小泉にそっくり

オバマさんが誰かよく分かるような表現ですね。分かったって感じ!
Posted by 狭依彦 at 2008年02月19日 22:15
>紙を紙幣に化かす詐欺集団達

アイクの本でもそんなことが書かれていますが、この表現は分かりやすいですね。
Posted by 狭依彦 at 2008年02月19日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。