2008年02月28日 Tweet It!

オバマの女が秘密を暴露

「事件の裏に女あり」とはAlexander Dumasが「まだ明らかになっていない秘密を知りたいなら、女を捜せ」の中で助言していることだ。バーラック・オバマの場合は、その女は2人だ。一人は亡くなった母親Ann Dunhamで、彼女は人類学を学んだ。もう一人は、深い恨みを持っている妻(rancorous wife)Michelleである。オバマの女たちは彼の秘密を暴露する。そう、オバマはアメリカを憎んでいるのだ。

オバマ上院議員をアメリカの歴史の中での大統領候補としてしか知らない人がほとんどだと思う。オバマの人の気持ちを高ぶらせる修辞学は空疎なものだと、ヒラリー・クリントンは力なく抗議する。オバマの経歴の中には彼自身の性格を窺わせるものはない。オバマが編集していたHarvard Law Reviewの記事もないし、法案も一つもない。オバマは周りの人々の希望的観測に満たされた空虚な器であるようだ。

元記事

オバマの妻の人Michelleは大学関係の仕事をしているようですね。雰囲気がライス国務長官と似ているような感じがしますね。WIKIに写真があります。
「深い恨み」というのは原文にあるもの。オバマを憎んでいるのか、それとも他の誰かなのかは不明です。rancorousが英和辞典だけではいよく分かりませんね。


posted by 狭依彦 at 21:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | オバマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オバマもヒラリー夫妻もトカゲ座レプティリアン(4次元爬虫類型ヒューマノイド)の変身体である。
ハーバード大サマンサ・パワー教授が暴露した通りだ。
YouTube映像も暴露した。
瞳が時々爬虫類の縦の切れ長瞳に変る。
ダライ・ラマ14世もそうだが、茶色の色眼鏡で隠している。ロスチャイルド一族、配下のロックフェラー一族、オバマの上役ブレジンスキー、キッシンジャー、ブッシュ親子とチェイニー、ライス、マケイン、ペロシー、ビル・ゲイツ夫妻、エリザベス2世女王と一族、サルコジ、アフマ、プーチン、メドヴェ、胡錦濤、金、李、麻生と自公幹部ら、志井K、福島M、石原親子、北野T、田原総その他もトカゲ座レプティリアン(4次元爬虫類型ヒューマノイド)の変身体である。
地球は乗っ取られている。
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/64.html
Posted by たつまき at 2009年06月30日 18:20
この流れでは、宮崎のあの人もそのようですね。
Posted by 狭依彦 at 2009年06月30日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック