2005年11月03日 Tweet It!

冥王星の2つの衛星発見

Hubble宇宙望遠鏡は冥王星の衛星の可能性のある2つの物体を捉えた。冥王星は我々の太陽系での9番目の惑星である。これが確定すれば、冥王星の衛星は全部で3つとなる。これまで知られていた冥王星の月はCharonで、1978年に天文学者によって発見された。新発見の2個の衛星を確認する作業は、海王星の外に広がる氷の塊が散在する広い領域であるKuiper Beltの生成について新しい解釈を生むかも知れない。

Pluto_Moons.jpg

元記事


posted by 狭依彦 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 宇宙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 宇宙望遠鏡宇宙望遠鏡(うちゅうぼうえんきょう)とは、軌道上に打ち上げられた望遠鏡のこと。多額の費用と打ち上げの困難はあるが、地球大気に邪魔されず観測ができるために現代観測天文学の重要な道具となっている..
Weblog: 望遠鏡の知識
Tracked: 2007-11-02 07:55