2005年11月03日 Tweet It!

ブッシュ家とナチス

ブッシュとナチスの関係は1951年まで続いた。

Dubyaの祖父であるPrescott・ブッシュは第二次大戦前から戦争が終わるまでナチスと関係を持っていた。

Trading with the EnemyAct(敵との貿易を禁ずる法律)による再度の財産の接収は第二次大戦後になるまでは行われなかったが、National Archivesや議会図書館の文書によると、ブッシュとその仲間はナチスとの関係を続けていた。これらの活動では、ドイツのハノーバー市との財政関係や、いくつかの企業との関係がある。それらは、第二次大戦後まで知られることはなかった。

同時に、ブッシュはマリマンはナチスとの関係から利益を得ていた。W. Averell・ハリマンは第二次大戦中にフランクリン・ルーズベルト大統領が英国へ送った個人的な使節であった。1942年10月28日にブッシュとハリマンの中心事業の2つが米政府に接収されたが、その日、ハリマンはロンドンでField Marshall Smutsと会い、戦争の遂行計画について話し合っていた。

元記事


posted by 狭依彦 at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近現代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。