2008年04月04日 Tweet It!

日本クローン動物食用研究

日本がクローン動物を食用にした場合の安全性を研究する。これは、クローンの牛とそうでない牛の肉や牛乳に生物的な違いは全くないと結論付けた報告書を受けたもの。水曜日に当局より発表があった。

(アイク)
これは、過去にもいつでも起こっていることだ。(This was always coming. )



「私には何の影響もない」(It had no effect on me)と研究の参加者は言う。

元記事

アイクの部分はちょっと訳がおかしいかも。

ところで、この発表は知りませんでした。普通の人よりニュースに疎いので、私が知らなくても有名なニュースかもしれませんが……
実験農場の日本としては、あり得ることですね。「何の影響もない」とは、研究の参加者さん自身は食べないからでしょうか。これも、よくあることですね。


posted by 狭依彦 at 21:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 科学・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よくあることです。
Posted by 華 at 2008年04月05日 19:40
単純な話ですが、この「よくあること」には、慣れっこになっちゃだめでしょうね。一応、そう思ったら、自分の中で怒っておく必要があるのではと思っています。
Posted by 狭依彦 at 2008年04月06日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック