2008年04月04日 Tweet It!

ダライラマの本当の顔

これはチベットの暴動に関する背景と、米国がどのようにしてダライラマをイデオロギー闘争を続行するようにバックアップして仕向けたかを示している。
米国では、軍人ではない多くの人たちがラマの「平和」と「非暴力」の哲学に畏敬の念を抱いている。この記事はダライラマの真の色と意図についての真実を露にし、米国がラマにノーベル平和賞を与えたり、いろいろしてやっているかを示す。Kalovski Itim、「ダライラマが統治していたときの、チベットにおける毛沢東革命の真実:地上の地獄」

(アイク)
チベットに対する別の見方。残念なことに、これを書いた人は中国の「革命」指導者毛沢東を英雄としてみているらしいことだ。毛はただのイルミナティの手下だったのに……

元記事

元記事は、A4で18ページもありました。面白い内容だったらまた後日紹介しましょう。


posted by 狭依彦 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | イルミナティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【平和と非暴力】についてブログや通販での検索結果から見ると…
Excerpt: 平和と非暴力 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
Weblog: 気になるワードを詳しく検索!
Tracked: 2008-06-07 15:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。