2008年04月10日 Tweet It!

車両新法

パレスチナ人に車の修理をさせた車の所有者に法律により3年の禁固刑

(アイク いいや。読者が誤読しているわけではない。人種差別について長々としゃべっている「自由イスラエル」の話だ。)

イスラエルの自動車所有者が西岸地区(パレスチナ)の修理屋に車を持っていくとしたら、その者には3年の禁固刑が科せられることになる。これは月曜日にイスラエル国会を通過した新法による。この法律はLikud MK Moshe Kahlonが提出したが、パレスチナ当局の支配下にある地域の修理工場でイスラエルの登録車両を修理することを禁止したものである。また、他の車に牽引されて修理工場へ行ってもだめだ。警察官は、違反した車両を没収するだけでなく、車の所有者の免許、また、パレスチナの領域へ牽引した車両を没収する権力を与えられることになる。

元記事

「自由」ってそんなことを表す語なのでしょうね。
私は昔から何で自由民主党が「自由」を標榜しているのか疑問でしたが、以前に、アイクの「自由」の話を読んで納得できました。そう、自由民主党は「自由」を守っているし、「自由イスラエル」なのです……


posted by 狭依彦 at 22:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
車爆弾のことに関係があるんじゃないかな?とくにイスラエルに対して好意を抱いてるわけじゃないが、イスラエルも周りが敵だらけだから大変そうだねぇ。自分のまいた種・・・?
Posted by 華 at 2008年04月10日 23:16
なるほど!
Posted by 狭依彦 at 2008年04月11日 06:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック