2008年04月19日 Tweet It!

米不足の危機

米不足の危機は治まる気配がない。昨日は世界の価格指標が前の週より10パーセントも跳ね上がった。これにより、アジアの何百万人もの人たちが主食を手に入れるのに苦しまなくてはならなくなるだろう。

フィリピンが米の輸入国で最大の影響を受けている。

ベトナムは輸出国であり、作付量を増やしたが、それが市場に出回るには数ヶ月かかる。現状では輸出量を20パーセントほどカットしている。

バングラディッシュでは、何百もの貧乏な家庭が一日一食。そのような家庭では、食事が支出の7割から8割になる。
50万人以上になるバングラディッシュ軍では、昨日、米の価格への影響を抑えようと、ポテトを食べるように命令があった。

元記事

米もグローバルの中の一品となっていてかなり複雑なようですね。


posted by 狭依彦 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック