2008年05月14日 Tweet It!

やっと発売!狭依彦の本

やっと発売!狭依彦の本

『超知ライブラリー 32 霊界物語「竜」と「爬虫類人」』(徳間書店)

5月17日か21日に出そうです。

値段は1,680円で、表紙がカッコいいと思います。

51-x1kzoJDL._SL500_AA240_.jpg

1,680円で、アイクの霊的な部分を沢山引用しています。
陰謀論的な部分は、そのうち出るだろう、最新刊の翻訳本でよいはずです(速読しましたので)。最新刊と重複はあまりないと思いますので、最新刊を理解するためにも一冊買っておいてもよいと思いますよ!

また、『霊界物語』を3度以上読んでいる読者の書いた信仰に傾いていない「出口王仁三郎の本」も、これまでほとんどありませんので、これも貴重!
王仁三郎関係では、素盞嗚尊とか国常立命とかあるのだけれど、主役としては出てきません!

皆さん、買ってね!


posted by 狭依彦 at 21:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
霊界物語、王仁三郎など、ほとんど知識が無い。爬虫類人に対しても同じ。しかし興味があります。今、金融関係などについて独学していますが、狭依彦さんの出された本、近いうちに必ず読みたいです。他にも本を出されているのですか?なにぶん古典文学しか読まん・・・。おっと、最近ゴールデンスランバーを薦められて無理して読んだっけ。あれはあれで楽しめた。
Posted by 華 at 2008年05月14日 21:54
処女作です!
金融については
『金の値段の裏のウラ』(鬼塚英昭先生)成甲書房1,700円
を私も読み始めました。狭依彦のサイトが「嫌い」と感じる人でないなら、きっと面白いはずです。
感想は読み終わったら紹介します。
Posted by 狭依彦 at 2008年05月14日 22:08
感想楽しみにしております。ところで、もし竹中○蔵君が日銀総裁にでもなったりしたら私はもう人間やめたい・・・。噂があるので。
Posted by 華 at 2008年05月14日 23:36
今日(17日)本屋に行ってきましたが、
こちらでは まだ出ていないようです。
アイクの本とか 徳間書店の本が結構入る店
なので、期待してたのですが・・・。
もしかして、入ったけど売り切れたとか・・・。
21日に、また行ってみたいと思います。
Posted by 真佐樹 at 2008年05月17日 22:23
ありがとうございます。Amazonとか楽天とかの発送は売出しが早いのかも知れませんね。
著者もよく分かっていなくてごめんなさい!
それはそうと、期待外れではないといいのですが。
先に言っておきますが、引用ばかりで、読みにくい本ですよ。難しいと感じるかも知れません。
Posted by 狭依彦 at 2008年05月18日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。