2008年05月18日 Tweet It!

空中給油機とケム

核戦争の時代の噴霧と電磁気兵器

北アメリカでは、7年にもわたって、合衆国政府によって、国家安全保障の名を借りて、危険な噴霧と電磁気の作戦が行われているのは明白なことである。懸念する国民は、軍の空中給油機が化学雲の成分となる毒性のある化学物質で空の色を変えていくのを恐怖をもって見つめている。

元記事

これは、前に紹介したのと同じ記事でした。訳してしまったので掲載します。


posted by 狭依彦 at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック