2008年05月19日 Tweet It!

中国の地震雲

元記事

元記事に画像が沢山あります。
類似の記事はどこにでもあるでしょうが一応紹介します。
ケムとは違うようですね。
空が光っているのがHAARPを想像させますが、蛙はHAARPでは異常行動をするのかしら?やっぱ、自然現象でしょうか?
私が、ケムに気がついたのが、地震雲を探していた時ですが、ケムと地震雲の違いを勉強しなくっちゃ!


posted by 狭依彦 at 21:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ^^

ビデオ等にUPされてるあの彩雲は、私はケムによるものと思ってます。

ビデオではほとんどわからないけど、画像の中には別の角度から撮った物の中にははっきりケムとわかるのも写ってるし、あの画像自体も、ちょっとコントラスト等変えたりしてみてみるとすぐ下にケムが写ってるのがわかります。

そしてなにより、あの彩雲数個が直線状に点在しているということからも、ケムが広がってポツポツ状態になったものと思われ、日本の上空でもケム撒かれた後、その広がった一部に彩雲や暈が現れることは非常に多く、私自身は同時に最高2箇所彩雲が現れてる所はちょくちょく見かけます。

もちろんケムそのものが直接地震に影響及ぼすとかいうことじゃなく、ケムで撒いた微粒金属物質が電磁媒体としてHAARP等による電磁波を効果的にするということです。

ミツバチ失踪に関する一番の原因は私もHAARPを含む電磁波とケムだろうと考えています。
実際ミツバチ等が電磁波によって方向感覚を失うとかいったことは、過去いくつかの記事にも書かれてて、だいぶ前うちの記事にも載せたことあります。
Posted by いんきょ at 2008年05月21日 12:35
色々難しそうですね。
HAARPと関係有るか分からないのですが、日本の宇宙基本法が変わりましたね〜防衛目的のためなら衛星を軍事使用可能となったみたいです。
なんとなく物騒な世の中ですね〜
Posted by sate at 2008年05月21日 15:05
今日の夕方の帰り道でも、私の住んでいる地方で、ほぼ同時に空を見渡せば、南方向に2機、西方向に一機確認しました。
そして、雲なのかケムなのか分からないものが沢山!
私は勝手に、直感だけで言うと(日本の動きはほとんど勉強していないので)、「気候操作」の発表が近々ありそうだと感じているのですが……
ただ、ケムは霊的現象ではないし、チベットも霊的現象ではないし、サイクロンの後のミャンマーも霊的現象ではないし、食糧危機も霊的現象ではない。
とすると、地震も霊的減少では「ない」可能性も否定できませんよね!
Posted by 狭依彦 at 2008年05月21日 19:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック