2008年05月20日 Tweet It!

ジュピターの音

とても奇妙な木星の音。ナサのボイジャーの録音。



9分くらいですが、本当に録音?シンセで作ったことを疑いたくなるような音ですね。
本物なら霊界の音でしょう。

ところで、「つながっている……」なんて、出てこないのでしょうか。そうしたら作られたことは明白なのだけれど。
実は、このジュピターの歌詞、多くの悲しみに沈んだ人たちを勇気付けたそうですが、狭依彦は嫌い(好きではない)です。


posted by 狭依彦 at 21:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この、ジュピターのサウンドを聞いていると何だか後頭部の方が痛くなって来るように感じました。皆さんはどのように感じましたか?。単に私の体調が今日はすぐれないせいかも知れませんが?。それにしても不思議なサウンドですね。実は私は、やはりナサのボイジャーの録音によるサウンドとされるものを以前に経験しています。そのひとつは、地球のサウンドと言われるものです。なんだか時おり雑音が混ざったようで苦しげに自転をしているような感じを受けました。もうひとつは確か天王星だったと思いますが、こちらは太陽系で一番軽やかで素晴らしいサウンドを発する惑星だと説明されていたように大変軽やかで心地よいサウンドに感じました。もちろんそれらのサウンドは、本来人の耳には聞こえないので、人が聞くことが出来るように修正をしていると説明されていました。今回のジュピターのサウンドとはちよっと私が聞いたものとではかなりサウンド的に別ジャンルのような感じがしました。いずれにせよナサのボイジャーが太陽系の惑星はもとより立ち寄った先の未知なる物を含めて全て惑星のサウンドを収集していることは確かのようですが。誰か詳しい方がいれば教えてほしいものです。
Posted by silky at 2008年05月21日 17:23
そう言えば、思い出しました。この音、占星学に関係しているかも知れませんね。
惑星が、人々の生に影響を与える。そうであれば、その振動−音も当然ですね……
Posted by 狭依彦 at 2008年05月21日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック