2005年11月27日 Tweet It!

ヒトラー

★これはアイクの記事ではありません

アイクの言っていることを理解するには、これまで日本の学校で教えられてきた歴史の常識をすべて捨てなければならないのですが、ヒトラーについても同じでしょう。

第二次大戦は一つの強力な勢力(以降「彼ら」と呼ぶ)によって準備され、各国、各陣営のコマを使って遂行された。よって、戦争を遂行した指導部(本当の上層部の一部)はみな繋がっている。日本に落とされた原爆も、戦後の世界を動かすためのパラメタ(冷戦を起こす)として計画され投下された。

日本人が、この史観をとるためには、第二次大戦での日本の役割−日本の上層部も彼らの一部だったのか−などを知る必要があるのですが、アイクのその膨大な著書でも、日本はほとんど出てきません。第二次大戦の日本の役割についてもほとんど触れられていません。

アイクの言っていることに、日本の役割を調査して組み込んだとして、その史観は、今ある「進歩的史観(民主主義的史観)、(共産主義的史観)」よりも、日本国民には受け入れられないものになるのではないかと思います。

それはさておき・・・

アイクはヒトラーは英国王室のアルバート王子ではないかという説を大きく取り上げています。

阿修羅でとりあげられている記事

ロスチャイルドの関係記事も紹介しましょう。私のサイトで以前に紹介した記事で、ロスチャイルドとスターリンのことを書いたものがあって、そのサイトを紹介しておきます。ヒトラーとロスチャイルドの関係です。

また、ロスチャイルドの肖像画を見るだけでも、霊感にピピピと来るかも知れませんので紹介しましょう。

Clifford Shackのサイト

Welcome to the Clifford Shack Site

翻訳(サイト全体が翻訳で見れます)

ヒトラーとロスチャイルド

Did Adolph Hitler Have Two Fathers? By Clifford Shack

翻訳

スターリンとロスチャイルド

Was Stalin a Rothschild?  By Clifford Shack

翻訳

狭依彦の抄訳

ロスチャイルド家の肖像

元記事

翻訳


posted by 狭依彦 at 08:43 | Comment(11) | TrackBack(0) | 近現代史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小泉首相も大衆扇動の仕方などヒトラーに似てますよね。
ブッシュに家族同様とか言われてますし。
あの人もただの人間ではなさそうですね。
ヒトラー・ブッシュ・小泉、なんか繋がってそうです。ブッシュとヒトラーは間違いないでしょうけど。

こういうことを言うと日本では、お前は在日かとか親中かとか言われます。これも上手くできたトリックですね。
Posted by 26 at 2005年11月27日 19:17
社会の情勢にうといのですが、最近は「お前は在日かとか親中か」とか言われるのですか。小泉さんの作戦が大成功ですね。
Posted by 狭依彦 at 2005年11月27日 21:17
日本の上層部、特に天皇とその助言者たちは間違いなく支配されていたのでしょう。
争いが生む膨大な負のエネルギーを欲する邪神に。
「ソラからの伝言」というサイトに第2次世界大戦と天皇についてチャネリング情報が掲載されています。
そこでは伊勢神宮の巫女がサタン(的な存在)に「日本はアメリカに勝つので戦争を仕掛けるように」とお告げをされたようです。その言葉に天皇や政府の上層部が従い戦争を始めたと。
ブッシュも神に命じられてイラクを攻めたと言っていたらしいです。
どうやら人類は邪神のおもちゃにされているようです。
人間もゲームの世界で登場人物を支配し殺し合いをさせて楽しんでいるので、ある意味同類かもしれませんが。
それにしても今の政治は民主主義とか立憲君主制とか共産主義とか色々ありますが、本当は古代となんら変わりない「神権政治」なんですね。

科学技術の進歩を除いて、人類は古代と全く同じシステムに支配されているというのが真相なのではないかと思います。
自分が奴隷だとは夢にも思わない奴隷とは支配者たちにとってなんて理想的な奴隷なのでしょう!
Posted by 26 at 2005年11月27日 23:03
全然関係のないコメントで恐縮ですが。。

陰謀論やアイクの情報などは欧米の人々にはどのように受け止められているのか気になります。
日本と同じようにカルト扱いなのでしょうか?
それらを信じる人々の組織や勢力など存在するのでしょうか?
Posted by 26 at 2005年11月28日 01:02
アイクの情報については信じている人は結構多いと思いますが、団体ではなく個人です。

アイクも、団体ではなく、個人として目覚めろと言っています。団体を組織しているのではないので、カルト扱いはされていないみたいですが、アイクはキチガイ扱いはされているようです。

今日でも夕刊を見るとインターネット関係で偽Yahooと、タレントの合成写真を掲載した人が逮捕されています。どのようにエスカレートしていくか怖いですね。

霊的な方面から言うと、天皇さんが邪神に支配されていたかどうかは難しいところです。私の「本業?」は王仁三郎の研究なので、その辺りをやっているのですが、今のところは、天皇とそれを利用した人たちとは区別して考えています。

ソラさんについては、もし、アセンション(もしくは修祓)がなければ、天皇のことは語れなく世の中が来るはずなので、未来を感じることができるだろうソラさんが天皇を取り上げていることに、大きな敬意を抱いています。
Posted by 狭依彦 at 2005年11月28日 20:23
お答えいただき感謝致します。
インターネット規制や書籍の規制が本格化しだしたら、こういった情報は完全に封殺されてしまうのでしょうね。
ただでさえ興味のない人、知らない人が多いのに、規制されたら終わりですね。。。
Posted by 26 at 2005年11月28日 22:06
今、ちょうどいい言葉をアイクが言っていました。

http://icke.seesaa.net/article/9932905.html

自分の現実は自分で支配すれば、相手も、そうは悪いことも起こせない、とアイクは言っています。

まあ、このサイトで言っていることくらいはいいんじゃないでしょうか・・・と思っていましょう。
Posted by 狭依彦 at 2005年11月28日 22:43
天皇についての情報などは全てソラさんから仕入れたものです(100%正しく引用してるかは自信がないのですが)。
彼らはアセンションは起きない、緩やかに平和な世界へと移行するという現実的な未来を示しています。しかし情報が広まらない、特に支配者階層が受け入れないために地球は滅ぶかもしれないといっていますが。

自分の現実を支配しない良い例が瞑想や宗教への依存だとも仰っていました。
非常に説得力がある情報だったのですが、最近お休みに入ってしまったようです。
Posted by 26 at 2005年11月29日 17:12
以下がお知らせの内容です。
勝手に引用して良いのか分からないのですが、問題がありそうでしたら削除願います。
どうやら支配されていたのは「巫女」で天皇や周りの人は騙されただけみたいです。
これが真実かは分かりませんが、興味深い内容だと思います。

「太平洋戦争はなぜ始まったか?
以前お知らせした通りです。
日本は小さな国なので、もっと大きな国だったらいいなと(前)皇后が天皇に言ったのです。
そしてリュ−ジンのイシキに支配された伊勢の巫女が、戦争をしても日本は神の国なので勝つと、皇族の女の人に言ったのです。
(プレアデナイの部下の月人の言葉を聞いていた)巫女の言葉を神の声と思い込んでいたので、天皇もそう思ったのです。
そして、(忠誠を誓う) 東条に (そのことを) 言ったので、東条は実行に移したのです。
プレアデナイ(=邪神)が全て裏で指図をしていたのです」

以上です。
Posted by 26 at 2005年11月29日 17:27
1940年6月パリ陥落、ヒットラーは(全ての美術品を略奪せよ)と命令する。ナチはローゼンベルク機関という美術品略奪部隊がユダヤ2大コレクション、約4000点を没収した。ショロス家、ロスチャイルド家のルーベンスやフェルメールなど高い質の作品だ。ショロス家333点のうちルーブルは49点を選びナチが262点、残り22点は画商にわたった。ロスチャイルドはすぐ仏国に寄贈したが却下されフェルメールの(天文学者)ごっホ(けし畑)
などはヒットラーがオーストルリアのリンツに総統美術館を創る準備施設にはこばれた。現在は仏国の物に名目上なっているが、実際はロスチャイルドが仏国に貸しロスの血縁がルーブルの館長をしている。ナチに略奪されたロスの作品目録情報はいまだに謎となっている。
Posted by chuji at 2005年12月03日 20:55
ルーブルの話は興味深いので、次の記事で論議しましょう。

http://icke.seesaa.net/article/10151868.html
Posted by 狭依彦 at 2005年12月03日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。