2008年06月02日 Tweet It!

U2のボノ氏

リクエストにお答えしてヘッドラン2006年8月の記事

ヘッドラインの元記事(写真注目)

2006年、ボノ氏は女王の名誉騎士称号を受けた。アイルランドのロック歌手ボブ・ゲルドフは同称号を1986年に受けている。この名誉騎士称号はイギリス以外の人たちに与えられる。

-------------------------------------------------------
元記事(写真注目)

○ボノ氏は税金を逃れ、彼が反対集会を集めているその資本主義企業に対して投資しようとしている。
ボノ氏は資産を海外の非課税な国に移し、自分が進めている発展途上国救済などの活動にかかる税金を逃れようとしている。
○ボノ氏は世界銀行/IMFのグローバリストの政策の象徴である。
○ボノ氏は苦しんでいる人々を救うスタンスは見せているが、友人にはエリートが多く、自らも自分の好きな帽子を1700ドルも出してイタリアまで英国航空のファースト・クラスで買いに行くような生活を送っている。
○ポップスターに率いられた反体制派の十字軍という幻想は、怒りによる政治運動の大きなうねりを「薄める」のに貢献する。
○ボノ氏は、ブレアと親しい写真を写し、ルパート・マードックとも親しく付き合っている。これらの人たちは、ボヘミアン・グルーブに参加すると言われている。

U2の音楽を聴いたこともないし、ボノ氏についても知らないのでこのあたりです。
でも、元記事2つの写真を見て、一緒に写っている人たちを見るとあやしいとしか思えませんねぇ……
だから、ボノ氏自身がどうこうではなく、付き合っている人がエリートだからという論調でしょう。友達の友達は友達だ!
なお、ボブ・ゲルドフ氏の話はよくヘッドラインに出てきます。


posted by 狭依彦 at 21:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | NWO・秘密結社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、記事を読ませていただきました。ありがとうございます。
http://jp.youtube.com/watch?v=VL1IFTm1vDU&feature=related
ここにボノの画像が載ってます
ちなみに、最後の三人は教会に入ってきてます。
Posted by 777 at 2008年10月14日 12:24
今後ともよろしく。
Posted by 狭依彦 at 2008年10月14日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック