2011年01月21日 Tweet It!

メルケル米ユダヤ委員会から表彰

ドイツのリーダーメルケルがアメリカのユダヤ委員会から賞を受ける。彼女の「率直なイスラエルへの支持」のため

アイク 彼らを日常的に苦しめる軍事ファシスト独裁の支配下にあるパレスチナの人々への支持を率直に表していたとすると、メルケルさんは長く政権に着いてはいられないはずだ

503pd1w620.jpg

'Thank-you sir, it is an honour to sing from your songsheet.'
ありがとうございます。これはあなた……
調べてみたけれど、意味分からず。
直訳すると、あなたの楽譜で歌うのは光栄なことですとなります。
イディオムのようですが、日本語の意味発見できず。

WIKI メルケル(日本語)

メルケルさんは人工授精でできたヒトラーの娘だという説もあったようです  princeofwalesさんのサイト

このサルさんとの写真、二人の関係が怪しいと思っていたら、実は対立していて口論をしている写真のようですね。


posted by 狭依彦 at 23:24 | Comment(6) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日 Tweet It!

以新たなガザ戦争を計画

イスラエルまたまたガザで戦争をはじめる

最近のメディアの記事によると、イスラエルがまたガザでの戦争を企画しているのではないかという懸念が高まっているという。イスラエルは南イスラエルに対して発射されたロケット弾を口実にするという。
記事によると、イスラエルはガザでの戦争をまた始めようと計画しているという。ガザは2008年12月から2009年の1月に行われたイスラエルの攻撃で、さらなる貧困に追い込まれたが、そらからいまだに回復していない。

ここ数ヶ月、イスラエルはガザに対する攻撃の回数を増やし、規模も拡大している。それらの攻撃で多くのパレスチナ人が負傷・殺害されている。

元記事

何度も書いていますが、この「国」が一体何であるか。それこそが世界を理解する鍵だと私は思います。
それがなかなか分からないから苦労していますが、基本的に、このままイスラエル関係の支配が世界に及べば(もう十分に及んでいるのですがそれがあからさまになる)、日本人もガザと同じ目にあるのではないか、そう予測しています。
ガザのパレスチナ人は昔のユダヤ人の可能性があり、日本人も失われたユダヤ十支族の一つの可能性があるわけでしょう……
今のイスラエルの人々はニセユダヤ人だと考えるのが一番分かりやすいのですが、そうでもない気もしています。
そうなると、論理的整合性がとれず、分からない分からないということになります。
posted by 狭依彦 at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日 Tweet It!

以が米を支配している

ロスチャイルド・シオニストの6社が世界のメディアの96パーセントを握っている

ヘッドラインの表題 'Six Rothschild Zionist Companies Own 96% of the World’s Media'

元記事の表題 Six Jewish Companies Own 96% of the World’s Media

JewishというところをRothschild Zionistとするほうが、問題がはっきり分かりますわね。

ホワイトハウスに誰が座っているかに関わらず、われわれが米政府を支配しているということは、みなさんも良く知っておられるだろうし、おろかなアメリカ人もやっぱり同様によく知っていますよね。
分かるでしょう、われわれが考えられないことを行ったとしても、アメリカの大統領は誰でもそれをとがめる立場にないことは、私も知っているし、皆さんもご存知でしょう。
彼らアメリカ人がわれわれに対して何ができるでしょうか?
われわれは議会を支配し、メディアを支配し、ショー・ビジネスを支配し、そう、アメリカのすべてを支配しているのですから。
アメリカでは、神を非難することはできても、イスラエルを非難することは不可能なのです

-イスラエル スポークスマン Tzipora Menache

元記事

元記事で引用されている、上の発言はパキスタンの新聞の2009年の記事からとったもののようです。
しかし、「Tzipora Menache」でGoogleで検索すると、危険なウイルスサイトが引っかかってくるので、検索はしないようにとのことです。

私はやったから、上の話が分かったのですが、Google検索では、この発言は「HOAX」(でっちあげ)だという内容もひっかかってきます。

まあHOAXの可能性が高いですね。
HOAXというのは真実を語っている場合が多いですが……

元記事のタグは次のようになっています。

ABC, Buena Vista Television, Caravan Pictures, CBS, Eisner, FM stations, Fox Tv, HBO, Hollywood, Miramax Films, NBC, New York Times, Sony Corporation, Time Warner, Touchstone Television, Wall Street Journal, Walt Disney, Walt Disney Television, Washington Post

元記事の文章が段落が無いので非常に読みにくい。私は予備知識が少ないので、どれが6つに入っていて、どれが子会社なのかがよく分かりません。
最初に出てくるウォルトディズニーは分かったけれど、CBSとかFOX、CNNなどの関係がし、文章が読みにくいので、後が続きません。

まあ、アメリカの場合、メジャーなメディアはすべてがそうだと思っていても間違いではないでしょう。

ところで、日本のメディアはどのようにコントロールされているのでしょうね?
posted by 狭依彦 at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日 Tweet It!

「無実の市民」をベッドで殺害

イスラエルが「無実の市民」をベッドで殺害したことを認める

イスラエル軍は金曜日、ヘブロンでベッドで寝ている67歳のパレスチナの男性を殺害したことを認めた。犠牲者を「無実の市民」であると言っている。
イスラエル軍は、これは本人確認を間違えた事件であると言っている。
犠牲者は数日前にパレスチナ人の監獄から開放されたハマスの5人のメンバーを再逮捕するため、占領地西岸地域の家々を軍が急襲している際に射殺された。

殺された男はOmar Kawasmeと身元が判明した。家族の者の話によると、彼はイスラエルが捜索しているハマスの囚人の叔父に当たるという。
兵士たちはQawasmeの家に踏み込み、寝室を急襲したと妻のSobheyeは言う。妻は銃声を聞き、夫が血の池の中に伏せっているのを見つけたという。

元記事

殺すためにハマスのメンバーを釈放して、間違って、他人を殺したということでしょうか?
世界がイスラエルに支配されたとすると、われわれはこのパレスチナ人のような「め」に会うわけです……
(一般的なジョーシキから言うと、イスラエルは自衛のためにこんなことをやっていて、世界がイスラエルに支配されることはないはずですが)
posted by 狭依彦 at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日 Tweet It!

以のガザの次の攻撃準備

イスラエルが「大規模な戦争」を準備していた

イスラエルの陸軍の長が2009年の終盤に米議会代表団に語ったところでは、彼は中東で大規模な戦争を準備していう。これは、ハマスまたはヒズボラに対するもので、日曜日に公表された米外交文書のリークにあった。

「私はイスラエル軍に大規模な戦争を準備させている。その理由は、小規模な戦闘を大規模化させるより、大規模なものを規模縮小するほうが簡単だからだ」と陸将のGabi Ashkenazが語ったと、テルアビブの米大使館からの公電に引用されている。

元記事

これはYahoo Newsの記事で、まあ、メジャー・メディアと言えるのではないでしょうか?
GAZAが2008年。その後2年後くらいに戦争を起こそうとしていた。
この準備状態は今も、たぶん続いているでしょうね……

一週間ほど休んでいましたが、また、今日から再開します。
posted by 狭依彦 at 23:49 | Comment(3) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日 Tweet It!

SSが以防衛軍の前身に資金援助

ナチスのSSが初期のイスラエル軍に財政援助

ナチスのゲッペルスがシオニストの「友情」を記念するために刻ませたメダル

nazionmetal.jpg

シオニストはナチスと協調関係にあったことは知っていたが、ナチスが実際にシオニストに資金援助していたことは知らなかった。
Christopher Simpsonは1988年に出した"Blowback"という本で、ナチスのSSとイスラエル防衛軍の前身であるHaganahの間に秘密協定があったことを文書で残しているSSの記録を手に入れたという。
SSは少なくとも一人のHaganahの司令官に資金援助をしていた。

「協定のもとで、Haganahはドイツ国内でユダヤ人の若者のための訓練キャンプを運営するのを認められている。これらの若者は、ナチスによってドイツから追い出された他のユダヤ人たちの一部と同様に、パレスチナに移住することを奨励されていた」

元記事

以前にも同じような記事があったかも知れません。
posted by 狭依彦 at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日 Tweet It!

キッシンジャー

キッシンジャーは「ソ連」のエージェントだ

キッシンジャーはスターリンや毛沢東の後継者に対しては好意的であり、いろいろ便宜をはかった。例えば、ジェラルド・フォード大統領にAlexander Solzhenitsynを政府に迎え入れないように求めたとか、天安門事件についていろいろ弁明をしたりした。

キッシンジャーはまれに見る悪い奴で、共産主義やファシズムに共感していることが彼の履歴から見て取れる。その態度は、民主的手続きに対する生まれつきの憎しみからきていて、国内海外を問わず体制転覆とか弱体化の種々の行動を行った。どんな形の独裁であれ本能的に好むところだ。

キッシンジャーは学生の時にロックフェラーの奨学金を貰って以来、ロックフェラーの雑用係を勤めていた。
つまり、彼はロックフェラーとKGB両方のために働いていたということだ。

共産主義者たちは中央銀行家たちの代理を務めている。銀行家たちの最終目標は、無から借金を作り上げて、それを利用して、世界の富をすべて吸い取ることだ。

1973年にイスラエルのゴルタ・メイヤーからソ連に圧力をかけてユダヤ人を国から出すように請願があった際、キッシンジャーは最近発表されたテープで次のように答えている。「ソ連からユダヤ人を移住させるのはアメリカの外交政策の対象ではない。そして、彼らがソ連でユダヤ人をガス室に投げ込んだとしても、それはアメリカの関心事ではない。それは、多分、人類の問題ではあろうが。」
この会談は1973年の4月1日に行われ、その後半年ほどで、ソ連がエジプトに武器援助を行い、第四次中東戦争が起こっている。

キッシンジャーはユダヤ人である。彼の態度をどのように解釈すればいいか?
この答えは、イルミナティはサバティアン・フランキスト・ユダヤ人、17世紀に端を発する悪魔的異端主義者であると考えればよい。
サバティアンはヨーロッパのユダヤ人の半分を支配して、残りの半分のユダヤ人と対立させた
彼らはキリスト教徒のエリートたちと結婚し近親関係になろう努め、権力者の地位に立つために自分たちのユダヤ人としてのアイデンティティを仮面の下に隠した。(共産主義者と似ているんじゃないだろうか?)

あるユダヤ人のコメンテーターが「キッシンジャーはイスラエルを葬ってしまいたいようだ」と語ったが、これがサバティアンのイスラエルにたいする態度なのだろうか?
イルミナティの離脱者が語ったところでは、中東紛争はイルミナティにだけ有利であるし、イルミナティはイスラエルを憎んでいて、イスラエルの崩壊を見たいと思っているという。

イスラエルはサバティアンの国であるし、将来の新世界秩序の中心となるだろう。
イルミナティが1973年にイスラエルをつぶそうとしたことは信じがたいことだし、また、イルミナティはロシアを1941年につぶそうとしていたことも同様信じがたいことだ。

1941年にはスターリンが、攻撃が行われるのを前知しながら、ヒトラーにソ連を攻撃させ多大な損害を与えようとしてた。
スターリンの目的はロシアを弱体化し、ロシアの有為な人材を滅ぼしてしまうことだった。
同じことが1973年のイルミナティの目的だったのだろう。

わたしたちはイスラエルを新世界秩序と同義語だと見てしまう傾向がある。しかし、イスラエルとユダヤ人たちは、一般的には、目的を達成するための手段でしかない
イルミナティがイスラエルという国民国家の利益を代弁しているというウソに騙されてはいけない。
イルミナティの目的は彼らの世界政府にすべての政府を弱体化させ、飲み込んでしまうことだ。
それゆえ、彼らは国家を不必要な消耗戦に向かわせる。彼らは例外なく人類すべてを憎んでいる。

元記事

サバティアンの背景が分からないと分かりにくいですね。
イスラエルはユダヤ人の国民国家だったのだが、1973年移行、サバティアンに乗っ取られたのでしょうか?
posted by 狭依彦 at 15:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日 Tweet It!

以子供数百人を逮捕

イスラエルが子供を数百人逮捕して非難されている

124.jpg

イスラエル警察はパレスチナの子供たち数百人に対する扱いで非難されている。一部には7歳の子供もふくまれており、東エルサレムで投石をしたという容疑で逮捕され尋問を受けている。

昨年、イスラエル兵士やユダヤ人入植者に対して投石をしたという疑いでエルサレムのパレスチナの未成年1200人以上に対して捜査が行われた。これはイスラエル市民権連合が集めた警察統計資料による。
これはより大きなパレスチナの領土である西岸地域で昨年逮捕された子供の数の倍近くになる。

逮捕の大部分はエルサレムの旧市街に近いシルワン地域で行われている。この地域では、パレスチナ住民5万人が暮らす場所に、急進的ユダヤ人入植者350人が重装備の不法居住地を開こうとしている。

元記事

兵士は戦闘行為であるし、入植者は正当防衛なんでしょうね。
このような世界でも最も迫害を受けていらっしゃる民族の方々に石を投げつけるなど、やっぱりワルイコトなんでしょうね。
posted by 狭依彦 at 23:13 | Comment(5) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日 Tweet It!

イラン核科学者暗殺とモサド

雑誌タイム:モサドはイランの暗殺の裏にいるか?

タイムの記事によると、最近イランの核科学者が暗殺されたが、イスラエルのスパイ組織モサドによるカスタム・メイドの作戦であるはっきりした特徴があるという。

イランの核計画に参画していた大学教授でトップの科学者Majid Shahriariは車が爆発して殺された。
テヘランでの2度目のテロ攻撃は他の科学者Fereydoun Abbasiとその妻を負傷させた。

「作戦について知っている」西側の情報専門家は、火曜日にタイム誌にこの暗殺はモサドの「痕跡」があると語った。

元記事

もしモサドがやったとしたらテロではありませんね。「自衛」でしょう。(皮肉)
posted by 狭依彦 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日 Tweet It!

以軍レバノンに銃撃

イスラエル軍がレバノンで戦火を開く

レバノンの情報筋によると、レバノン・イスラエル国境の2つの国境基地でイスラエル軍がレバノンに対して戦火を開いた。
水曜日、レバノン、シリア、占領下パレスチナの国境近くのShebaa Farmsにイスラエルの方向からマシンガンの銃火が到達したという情報がある。

情報筋によると、水曜日の銃撃はal-SammaqaとRwaisat al-Alamに駐屯しているイスラエル軍のものであるという。
負傷者などは報告されていない。
国連の情報筋によればイスラエル軍による最近のレバノン銃撃を調べているという。

元記事

極東が緊張している間に、イスラエルが動くことはありそうですね。
posted by 狭依彦 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日 Tweet It!

イスラエルと湾岸諸国

ウイキ・リークスがイスラエルと湾岸諸国との秘密の関係を暴く

中東を分割支配しようとする試みがさらに行われているが、しかしモサド(ロスチャイルド)はすべての湾岸諸国と繋がりがある−特にサウジ・アラビアと(アイク)

イスラエルがアラブ首長国連邦と秘密の関係があることは日曜日に内部告発のウエブサイト・ウイキ・リークスによって最近暴露された25万の外交経路の新しい問題である。

2009年3月付のケーブル(電報・データ)では、テル・アビブの米大使館の政治アドヴァイザーが、イスラエル外務省の中東部門の長であるYaakov Hadasとの会談の後にイスラエルと湾岸諸国との関係についての総覧を提供している。

元記事

この記事はイスラエルのHaaretzの記事です。

日本でもウイキ・リークスのことが取り上げられていますが、このような内容はおそらくないでしょう。
今、新聞を見てきましたが、私の見た新聞は、国の立場をとっていますね。
カザフの大統領の酒癖とか、あまり問題なさそうな記事を取り上げていますね。
日本の報道は、おそらくイスラエルの報道より「イヌ」だと思いますが……
posted by 狭依彦 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日 Tweet It!

トルコ首相の警告

トルコ首相:この地域で戦争が勃発するなら、イスラエル国民もまた損失を負うことになるだろう

Erdoganトルコ首相は隣国の数千の前で演説を行い、イスラエルに挑発的な行動を止め、失態を取り消し、同地域の人々に謝罪をするように求めた。

「この地域にいる我々は力を合わせて、正義と法の下のルールのために尽力するだろう。われわれは悪事を働くものたちの前に立ちはだかるだろう。」
トルコ首相は、すべての権利が回復されるまで、トルコはエルサレムとガザの大義を支持し続けるだろうと語った。

「これを強く殺人者の前で言っておく。そうだ、おまえたちは殺人者だ。われわれは暴虐行為に対しては大きな声をあげ、公開で海賊行為を働く者たちがいる限り、正義を守り続ける。そして、無実のもの、抑圧されているものの権利を守るだろう」

元記事

こちらも緊迫しているのかも知れませんね。
朝鮮半島の緊張の間に、イスラエルの単独攻撃はないでしょうね?
posted by 狭依彦 at 22:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日 Tweet It!

7歳が手足の骨を折られる

イスラエル軍が7歳のパレスチナの子供を残酷に打ちのめす

水曜日の夜、イスラエルの警察が占領地エルサレムSilwanでJerusalemite(不明)の子供を激しく打ち据え、腕と脚の骨を折った。子供の父の話。

父Mansour Al-ResheqがShaari Tzedek病院のQudsメディアセンターで語ったところでは、警察官は彼の7歳の子供アダムを追まわし、残虐に打ち据え、地面を引きずりまわし、道で出血している子供を置いて去ったという。

元記事
posted by 狭依彦 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日 Tweet It!

南アの不法腎臓手術とイスラエル

南アフリカの不法腎臓取引がイスラエルと関係している

南アフリカ最大の医療商社であるNetcare社はイスラエルと関係のある臓器密売シンジケートを使って不法な腎臓移植手術を行ってきたという告発を受けていたが、それを認めた。

Netcareの社長Richard Friedlandに対する告発が取り下げられたのと引き換えに、同社は司法取引で「支払は腎臓のドナーになされたに違いない、そして、腎臓のドナーのうちあるものは腎臓が抜き取られた当時未成年であった」ことを認めた。

この訴訟はダーバンのSt. Augustine's Hospitalでの不法手術に関する7年間の捜査を受けてなされたもので、イスラエルと関係した臓器密売シンジケートと関係している。

報道によると、臓器は最初はイスラエルの国民から(2万米ドル)であったが、後に、貧乏なルーマニア人(6000ドル)やブラジル人(6000ドル)から低価格で提供を受けていたという。

※関係する報道では、イスラエルの医療センターで「スペア・パーツ」として使うために過去2年間にウクライナの子供たちが2万5千人イスラエルに連れてこられていたという問題が表面化した。
また、イスラエルの軍隊はパレスチナの囚人の臓器を盗んだとして非難されていた。※

告発の内容は2001年から2003年までの間に109の手術が南アフリカの病院で行われたということだ。

元記事

元記事はカナダのサイト。
※〜※の間のウクライナの子供たちの話については正確に訳したつもりですが、事実については未確認です。
インターネットで検索した限り、2009年にそのようなニュースはあったようです。
posted by 狭依彦 at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日 Tweet It!

ガザ=収容所

イスラエル政府の文書によって故意にガザの人々を飢餓に近いレベルにしておくイスラエル政策が暴露される

2007年にイスラエルがガザの完全な占領を開始したとき、オルメルト首相のアドバイザーであるDov Weisglassは「この考え方は、パレスチナ人に食事制限をするが、彼らを飢餓で死なせはしないということだ」とはっきり言っている。
イスラエルの人権団体によって最近発表されたこの文書には、イスラエル政府がこの政策を正確に行うため必要な、食糧、燃料やその他の日常必需品の正確な量を計算した方程式も載せられている。

人権団体によると、この文書はさらに気がかりなものだという。それは、ガザの人々の約半分が18歳以下の子供である事実を考えると、イスラエルは故意に数十万人の子供たちを栄養失調の状態にさせていることを意味しており、国際法とジュネーブ会議の直接的な違反である。

この文書では、また、イスラエルがガザの占領を「セキュリティ上の理由」としている主張の土台を完全に崩すもので、ガザの人々全部に対して体罰を与えるという故意で体系的な政策を示しているものだ。

元記事

よく考えると怖い話ですね。この方程式などは強制収容所を運用している人たちを想像させます。
ところで、この文書はイスラエルの人権団体が発表したもの。
イスラエルの国家はこの文書の存在を否定していたそうです。
当然、イスラエルの「国家」には打撃となるでしょう。
「国家」に損害を与えるというのは、「悪い人たち」でしょうかね?
それとも、ユダヤ人の将来を考えている人たちでしょうか?
posted by 狭依彦 at 22:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日 Tweet It!

以ノーベル平和賞受賞者を投獄

イスラエルがノーベル平和賞受賞者を投獄

ノーベル平和賞受賞者マイレッド・コリガン・マグワイアがイスラエルの刑務所に送られた。
イスラエル当局者によると、彼女はテルアビブへの入国を拒否されたが帰国を拒んだからだという。
火曜日、アイルランドから来たマグワイアはイスラエルへの入国をはばまれ、テルアビブの空港で逮捕された。理由は彼女がイスラエルによる壊滅的なガザの封鎖を破ろうとする試みに加担していたということである。しかしながら、イスラエル当局は彼女をイギリスに送り返すことはできなかった。

マグワイアは66歳で現在自分のイスラエル入国の権利を巡って法廷闘争をしているところだ。金曜日の朝、テルアビブで大法廷の審問でこの決定に対して異議申し立てをすると思われる。

マイレッド・コリガン・マグワイア

追記:2010/10/2
彼女が逮捕されたのは、国外追放に会った人は十年間イスラエルに入国できない法律を破ったためとのこと。
彼女は6月に、ガザの封鎖を破るための船に乗っていて、イスラエルに逮捕され国外追放に会っていたとのことです。
それで、今回、イスラエルの空港に降り立ったため、上の法律違反で捕まったということです。

逮捕されたのはされたのですが、不正確な記事すいません

元記事

ノーベル平和賞というとあっち側の人が多いように思いますが、バランスを取るために、本当に平和に貢献した人にも与えられているかも知れませんね。
posted by 狭依彦 at 22:13 | Comment(3) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日 Tweet It!

ガザ船団の処刑

国連真実究明委員はイスラエルが米国民Furkan Doganを「処刑」したと語る

092710porter.jpg

イスラエルのガザ船団に対する襲撃についての国連人権高等弁務官事務所の真実究明委員会の報告書が先週発表されたが、そこでは、はじめて、米国民Furkan Doganと5名のトルコ国民はイスラエルの特殊部隊に処刑のようにして殺されたと表現されている。

報告書によると、トルコ系のアメリカ国民であるDoganは19歳で、彼が間を2発撃たれ、背中、左ももと足を撃たれ、床に転がっているところを顔を至近距離で撃たれているのがMavi Marmara号のトップデッキにある小型ビデオカメラで撮影されている。

報告書によると、Doganは明らかに、「デッキに横たわっているときは意識があるか半分意識がある状態で」顔を撃たれているという。

元記事

私達の国の最近党内で選ばれたリーダーたちが、こんな「国」の「イヌ」かどうか注視したいと思っています。
posted by 狭依彦 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日 Tweet It!

IAEA決議否決

IAEAで反イスラエル決議が否決

(イランの報道)IAEAのウイーンでの理事会の会議で、イスラエルに核非拡散条約に参加するように求める決議賛成51対反対41棄権23で否決された。

中東で唯一の核の保持国であると伝えられるイスラエルが地域の平和と安定を脅かすと、IAEAのアラブのメンバーが信じているが、アメリカはこの決議案が通過することで、現在行われている中東の会談と2012年に予定されている中東核廃絶会議の可能性に脅威となると主張している。

イスラエルのIAEA大使Ehud Azoulayは事前にアラブの提案している決議案を採択することに警告を発していた。「この決議案を採択することで、中東のよりよい地域の安全に向けての将来の協調への努力への希望を打ち砕くものである」と言っていた。

イスラエルは核弾頭を200発から400発持っていると伝えられる。

産経新聞

元記事

産経新聞の記事は「きわめて冷静」なものですね。
イスラエルの核については、日本ではどのように「教えられて」いるのでしょうね。
posted by 狭依彦 at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日 Tweet It!

以軍ハマス幹部を暗殺

イスラエル軍がハマス幹部を暗殺

hamas.jpg

金曜日の朝、イスラエル軍がTulkaremのハマス幹部の家に押し入り、幹部の首と胸を3発撃ち、退却した。これは幹部の家族の話である。
TulkaremのThabit Thabit病院の医療関係者は、ハマス幹部Iyad As’ad Shelbaya38歳の死亡を確認した。首と胸の3発の弾丸が原因である。

ShelbayaはTulkaremの東にあるNur Shams難民キャンプに暮らしていた。
セキュリテの消息筋によると、彼は金曜日の朝2:30分に行われた家宅襲撃で暗殺されたという。

元記事

イスラエルがハマスの指導者を殺すことはよくあるのですがその場合「assasin(暗殺)」という単語が使われますね。
最近では、ドバイでイギリスの旅券を使った暗殺者がハマスの幹部を暗殺しています。
ちなみに、パレスチナ人の子供がよく殺されますが、この場合は「killed(殺される)」が使われています。
posted by 狭依彦 at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日 Tweet It!

ユダヤ人のガザ援助船

ユダヤ人の援助船がガザに向けて出港

ヨーロッパとアメリカのユダヤ人の活動家の話では、彼らはイスラエルのガザ封鎖を破るための試みとしてガザに援助船を送ることを計画しているという。
このユダヤ人のグループはイスラエルのガザ封鎖はイスラエルの安全を守るには効果がないことを示そうとして集まったものだと、ドイツにあるユダヤの声組織の職員であるKate Katzenstein-Leitererは語っている。
彼女はガザの封鎖はガザの人々を集団で処罰しようとする明白な道具であると語っている。

元記事

イスラエル以外のユダヤ人がこのような活動に出ることは考えられますね。
イスラエルのシオニストがエスカレートするに従って、その「とばっちり」を受けるのは彼らユダヤ人になるはずですから……
posted by 狭依彦 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。