2010年09月13日 Tweet It!

IAEAはイスラエルを取り上げるなと米

アメリカはIAEAがイスラエルに焦点を合わせることに反対だ

次回のIAEA総会においてイスラエルに注意を集めようとアラブの国々が努力しているが、それに対してアメリカは警告を発した。

アメリカのIAEAの大使Glyn Daviesは日曜日に次のように警告した。
来週始められる見込みのIAEAの総会で、「アラブの大使たちはイスラエルを非難する新しい決議を通そうと試みているが、自分たちの成果を危険にさらすことはないじゃないか。」

Davies大使はアラブ連盟の国際新聞Asharq Al-Awsatのインタビューに答えて、激しい非難を差し控えることで、イスラエルのIAEA会議への参加を促すことになる、2012年にはイスラエルの参加が望めるだろうと語った。

元記事

なんか、人を「なめた」物言いですね。イスラエル様が2012年に参加してくださる、のでしょうか?


posted by 狭依彦 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日 Tweet It!

ブレアへの手紙

ブレア元首相への義理の姉妹からの手紙

イランではAl-Quds(エルサレム)の日として、パレスチナの人々の苦難に抗議する集会が行われた。
その日のブレア元首相の義理の姉妹であるローレン・ブースからの手紙。彼女はイギリス人のジャーナリストで人権活動家であり、イラク戦争を声を大にして反対していたし、「ストップ・ザ・ワー・コアリション(戦争を止める連盟)」の支援者でもある。
----------
あなた(ブレア)によると、パレスチナとイスラエルの「紛争」は宗教が原因であり、アラブ人口の民族浄化とは全く関係がないし、イスラエルの占領下にあり続ける人々の零落とも関係がないということです。
アラブはいつも「ユダヤ人」を敵とみなしているとのことですね。
それなら、トニー、どうか歴史を学んでください。
1948年以前に何千人ものユダヤ人が歴史的なパレスチナでアラブの隣人と調和を保って暮らしていたことを、テルアビブのあなたのお友達はあなたに伝えることを忘れたのですね?
現在でさえ、イランでは数万人のユダヤ人が満足して暮らしているのを、あなたは知らないって本当ですか?

あなたは、ガザで生きてゆくことがどんなことか分かっていますか?
占領下、化学兵器で攻撃され、子供たちの学校はイスラエルのミサイルで地面に倒される。病院は砲撃される。電気はほとんどつかない。水は飲めない。

あなたのベストセラーの最終章で、「われわれはイスラムに対して宗教のカウンター攻撃を仕掛けなければならない」と言っています。
そして、イスラムという名前であなたはAl-Quds(エルサレム)の集会や、パレスチナのインティファーダ(イスラエル創立で追放されたパレスチナ人の対イスラエル抵抗運動)のことを言っているのでしょう。
インティファーダは、トニー、反アパルトヘイドであって、宗教的な敵対感情ではないのですよ。

元記事

ローレン・ブースさんの写真
posted by 狭依彦 at 22:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日 Tweet It!

13歳のパ少女銃撃指令は無罪

パレスチナの少女にライフルの弾丸が空になるまで銃弾を撃ち殺したイスラエルの指揮官は無罪

当サイト関連記事 () () (

13歳のパレスチナの少女に自動ライフルの弾丸を全部撃ち込み、その子が3歳であっても同じことをしただろうと言ったイスラエルの兵士が昨日軍事法廷ですべての容疑について無罪となった。

同司令官は少女の殺害について、比較的軽い罪に問われていただけだった。

殺された少女イマンの父は次のように語る。
イスラエルは司令官がイマンを殺した事を、ほんの軽い罪で告発していただけで、殺人罪ではありませんでした。そして、今、それらの軽い罪も無罪だと言うのです。何度も娘を撃ったにもかかわらず。
これは、冷血人間の少女への殺人です。兵士が一度娘を殺し、裁判所が再び殺したのです。
ここにあるメッセージとは何でしょうか?
イスラエルは兵士にパレスチナの子供を殺せと言っているのです。


軍事法廷は兵士が武器を不法に使用したこと、兵士にふさわしくない行動をしたこと、自分の指揮下にある兵士に事件についての証言を変えさせるように頼み司法プロセスをさまたげたことの容疑は無罪とした。

裁定の後、容疑者の司令官は泣き崩れ、傍聴席を向き、「私は無実だって言っていただろう」と言った。少女を何発も撃ったのは“confirmed the kill”(殺した事の確認)とされた。

事件当時テープが公開されたが、そこで司令官は、「こちら司令官。セキュリティ・ゾーンに入ってくる動くものは何でも、例えそれが3歳の子供でも、殺されなければならない」と言っている。

裁判の後、部下の兵士が司令官の言っていることとは違う内容の話をマスコミに漏らしたことから、司令官に対して容疑が起こっていた。
司令官はこれに対して、「自分の指揮下にある兵士は自分を苦しめようとする。自分はドルーズ族であり、彼らはユダヤ人であるからだ。」と言っている。

元記事
posted by 狭依彦 at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日 Tweet It!

英平和活動家殺害犯人釈放

イスラエルが英平和活動家Tomas Hurndallさんを殺した犯人を釈放

rasouli_amir20100831102646217.jpg

イスラエルのHaaretz紙によると、2003年にガザで英平和活動家Tomas Hurndallさんの命を奪ったTaysir Haybが1ヶ月以内に釈放される予定だという。

HaybはHurndallさんを殺したことを認め、また、2005年に裁判でウソの証拠を提出して裁判を遅らせたことを認たので8年の刑期が宣告されていた
Hurndallさんは当時22歳で学生で、国際連帯運動の写真を撮影しているときに頭部を撃たれた。
目撃者によるとHurndallさんはパレスチナの子供がイスラエルの戦車から逃げるのを助けていたという。

関連記事

元記事
posted by 狭依彦 at 21:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日 Tweet It!

IAEA事務局長無視される

ネタニヤフはIAEAのチーフのための時間は割けない

nader3611687.jpg

イスラエルの首相ベンジャミン・ネタニヤフはイスラエルを訪問している国連の核監視機関の長と会談を持つものと思われていたが休暇をとるため会談をキャンセルした。(休暇をとるためキャンセルしたというところの訳がちょっと不安
Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu spends the time he was supposed to meet with the visiting head of the United Nations nuclear watchdog, on vacation.
supend the time on vacation と解釈した

ネタニヤフは「IAEAの事務局長・天野之弥氏(WIKI)と今週後半に電話で話すつもりだ」と語ったと火曜日のハラッツ紙で報道された。
IAEAの事務局長はイスラエルを初めて訪問していて、1ヶ月前に会談を持つことを提案していた。

元記事

事務局長は「イランの核は平和利用だ」と説得に行っているのでしょうか?
posted by 狭依彦 at 22:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日 Tweet It!

F-35・20機お金はどこから

イスラエルがF-35を20機発注:支払は米国の納税者

イスラエルの防衛相Ehud BarakはF-35を20機発注した。Haaretz紙によれば、約27億5千万ドルの取引となる。
イスラエル空軍は最初の機の納入を2015年と想定している。
この記事では防衛相は飛行機は1機9600万円であると言っている。すべての費用は、アメリカの軍事援助によって支払われることになる。

元記事

そうなんですね。アメリカのイスラエルがお金を出すのではなく、アメリカのイスラエルがアメリカ国民のお金を出すのですよね。

また、飛行機が来るのが先の話なのですね。とりあえず、2015年まではイスラエルは存在するのでしょうか?
posted by 狭依彦 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日 Tweet It!

イスラエルで演習盛ん

戦争の準備
過去最大のイスラエル・米合同歩兵演習


日曜日にイスラエル軍は南レバノンの地形に似ている場所で演習を行った。これはレバノンとシリアの占領地パレスチナ領土のレバノンとシリアの国境地帯での演習の一環として行われた。
この演習はこの種のものでははじめてのことである。
イスラエルのテレビは演習の一部を放送したが、占領軍の兵士たちが「ヒズボラ」と市街戦を行っていた。
テレビ番組はまた米海兵隊がイスラエルの(海兵隊)と合同演習しているところも放映した。

元記事

イスラエルに海兵隊があるかどうかはちょっとサボリ。分かりません。
posted by 狭依彦 at 23:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

以第五世代戦闘機購入

アメリカがイスラエルに20機の次世代主力戦闘機を提供

イスラエル政府は以前にF-35戦闘機を購入すれば効果的にロシア製のS-300防空システムからの脅威を取り除くことができる、それは、何度もコンピュータシュミレーションを行って明らかに新型の米スティルス戦闘機はロシアのミサイルをしのいでいるという。

イスラエル:イスラエルの防衛相Ehud Barakは日曜日にアメリカのF-35代後世代戦闘機を購入したことを認めた、と報道サービスが語った。

元記事

S-300防空システムというのは、defence systemになっていますが、ミサイルをイスラエルに発射してくるということでしょうか?

ところで読売の記事はどうでしょうか?
イスラエルは自衛のために仕方なしに買ったという感じでしょうか?
posted by 狭依彦 at 22:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日 Tweet It!

レバノン侵攻があれば……

イランがイスラエルのレバノン侵攻に警告

イランがもしイスラエルがレバノンを侵略するならイスラエルは中東の数カ国から反撃を受けるだろうと警告している。
イランのFars News Agencyの報道によると、イランの外務省のスポークスマンRamin Mehman-Parastが昨日警告声明を出した。イスラエルはレバノン攻撃を行わないようだが、もしあえてレバノンを再び攻撃すれば、「シオニスト」国家はこの地域の国々に顔を強く殴られることになるという。

イスラエルがレバノンを攻撃したらどのような反応をするか聞かれて、Mehman-Parastは「シオニスト政権がよく理解しておくべきことは、この地域のどの国に対する攻撃も、もしくは、この地域のどのイスラム国家への攻撃も、この地域のすべての国の強い反応を引き起こすだろう」と述べた。
「この地域の国々は準備ができており警戒態勢に入っていることから、彼らはシオニスト政権をそのままにさせないし、この件で介入してくるイスラエルへの援軍も同様である」

元記事
posted by 狭依彦 at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イラン攻撃のデッドライン

ジョン・ボルトン:ロシアがイランのプラントに核燃料を装填すれば、それは8月21日がイスラエルの攻撃のデッドラインを意味する

ロシアが核燃料棒をイランの反応炉に装填するというニュースで、引き返し限界点への秒読みが始まった。それは、イランのBushehr原子炉がどんな攻撃に対しても事実上「免除」されるようになる前に、イスラエルが原子炉に攻撃を仕掛けるデッドラインである。元ブッシュ政権の国連大使のジョン・ボルトン氏が語った。

元記事


posted by 狭依彦 at 08:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日 Tweet It!

お父さんをかえして

4歳の子供がイスラエル軍に月曜日に拘束された父を解放してくれるように頼んでいるビデオが世界中をかけめぐった


アイク
これは平和が欲しいだけの完全武装した「犠牲者」イスラエルの真の顔である。
ジェノサイドがパレスチナで行われている。そして、世界はただそれが起こるのを見ているだけだ。

ジェノサイド:「意図的で広範な絶滅、または、国民、民族、宗教、民族グループ全体の絶滅を試みること」
これはパレスチナの人々の苦境を正確に描いている。二度とそれを起こしてはなだない。
われわれは!


ビデオ

「You dog、おとうさんを返してよ。おとうさんが必要なんです。お父さんを返して」とKhalid Fadel Al-Ja’bariが叫ぶ。イスラエル国境警備隊が父のFadel36歳をHebronの東にあるAl-Baq'a村で拘束した。その村ではイスラエルの民生が非合法の灌漑ネットワークと言っているものを破壊しはじめている。
その時には、スポークスマンは軍隊が地面を掘り返しているのを否定した。

子供の祖父Badran JaberはMa'anに、自分の義理の息子が非合法のKiryat Arbaの居留地の近くで野菜畑をイスラエルのブルドーザが掘り返しているのに文句を言って拘束されていると言った。

元記事
posted by 狭依彦 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日 Tweet It!

ガザで39人が負傷

イスラエルの攻撃でガザで39人が負傷

イスラエルが悲惨な状況のガザを攻撃し、39名の人々が負傷した。
目撃者によると、被害者すべてが民間人であるという。
Press TVの記者によると、イスラエルの戦闘機がガザ市の中心部にあるDeir-al-Balah難民キャンプを攻撃した。
医療関係者によると、少なくとも一人が重体である。
この攻撃は月曜日の早朝ガザの中央部を狙ったもので、大きな爆発を引き起こした。

元記事

この記事はイランの準国営のエージェントのものです。

ちょうど、今日はめずらしく日本の新聞を見て、この記事を読んでいました。
そこでは、
「爆発で32名負傷。
ハマスはイスラエル軍による空爆だと指摘。イスラエル軍は関与を否定した。爆発があったのはハマスの爆弾製造の担当者宅で、事故による爆発の可能性もある。」
とあります。

やはりイスラエルは※「優秀」ですね。ハマスの爆弾製造の担当者宅をちゃんとつかんでいるんだ。
でも、どうやってつかんだのですかね。内通者でもいるのでしょうか?
また、何故、得意なピンポイント攻撃やらなかったのでしょうね?

※「」内皮肉 たまにはこの調子で書きたくなるのです

さてさて、何が正しいか?

また、ハマスがロケット弾を打ち込んで、イスラエルが報復していますね。
なんか、私はハマスはイスラエルのような気がします。まあ、アッバスもイスラエルのような気がしますが……
posted by 狭依彦 at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日 Tweet It!

フレシェット弾

ガザの子供たちがフレシェット弾で砲撃される

_38226219_flechette_shell_300info.gif

「娘は家の玄関から入ってきました。娘が負傷しているかどうかは明らかではありませんでした。突然、娘の鼻から大量の血液が噴出し、娘は嘔吐しました。家族全員がそれを見ています。弟は恐怖にすくんでいました。娘は家の前で遊んでいたところでした」

これがNihed al-Massryが娘に起こったことを語ったものだ。娘はSamah Eid al-Massryで9歳。報道によるとイスラエル軍が7月21日にガザの北方Beit Hanounの住居地域に砲弾を4発撃ち込んだ後にこれが起こった。
娘は現在入院中で重体で、失血がひどく、低ヘモグロビン症状だという。
娘は100メートル離れたところに着弾したクギ爆弾の破片と矢弾(フレシェット弾)に当り、内出血と胸と頭部にひどい損傷を受けている。
クギが娘の体中に埋め込まれている。

元記事

クソラエル!
posted by 狭依彦 at 22:37 | Comment(8) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国連もイスラエルだ

国連がイスラエルのガザの封鎖を認めた

ガザの封鎖はこれで4年目に入るところだが、最近、国連がガザの封鎖に対する沈黙を破った。それは、封鎖を非難するものでも、反対するものでもなく、驚くべきことにそれを是認するものだった

国連事務総長潘基文(パン・ギムン)氏のスポークスマンがMartin Nesirky語ったところでは、ガザに向けた支援物資はイスラエルが認めたルートを通してガザの地に送られなければならないとうことだ。
スポークスマンは「陸上を通って援助物質を供給するためにルートが確立されている。この方法でガザの人たちに援助物資が届けられなければならない。国連が昔も今も望むのは、援助は決まったルートで運び込まれるべきだ。特に、イスラエルとパレスチナの間で第三者を介した話し合いが行われている微妙な時期にはそうするべきだ」

イスラエルのガザへの海上路の封鎖を是認することで、国連は表面きってイスラエルと協調して、ガザの海上ルートの封鎖を継続しようとしていることを示している。
もちろん、国連にはどこの国がどのルートを通って援助物資を届けるかを決定する権利などないはずだ。

世界平和と安定が忍び寄る危険に苦しんでいるときに、国連がこのような低レベルの言いなりまで落ちるとは、恥ずべきことであろう。
世界が続けて起こっている脅威と恐ろしい状況の中にいて、国連に求められるているのは、寝ているような残念な国連の役割を活性化させることで、共謀のコーラスに参加することではないだろう。

われわれは、ガザの封鎖と代理トークショウの主要なスポンサーである、自分たちで決めたカルテットの一員であることを思い出さなければならない。
だから、現在国連がイスラエルを助けてガザの封鎖を終わらせるよりも長引かせることを是認することは本当は驚くべきことではないのだ。

元記事

英文を抜き出して、そのまま訳していたら分かりにくくなりましたが、要は「国連もイスラエルだ」ということでしょう。
posted by 狭依彦 at 22:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日 Tweet It!

米からガザ援助船

米船舶がガザの封鎖を破ろうとしている

親パレスチナのアメリカの団体がイスラエルが封鎖しているガザに援助船を送ろうという人道的支援運動を始めたという。
団体は「US Boat to Gaza」といい、船を購入する資金を募っているという。
これはイスラエルのエルサレム・ポストが月曜日に報道したものだ。

この船は40人から60人のクルーが載れるもので、4年におよぶイスラエルのガザ封鎖に挑戦する目的で、秋に出港することが見込まれている。

元記事

これに対してもイスラエルは「殺す」ことで対処するのでしょうか?
イスラエルの新聞は何の意味でこのような記事を載せているのでしょうね。無視しとけばよいものを……
posted by 狭依彦 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日 Tweet It!

ガザに遠隔殺人装置

イスラエルがリモコンで人を殺すことに道をつける

イスラエル軍が言っている「見つけ次第撃つ」というのはビデオゲームのように見えるが、この画面上の人影は本物の人間−ガザのパレスチナ人である。ガザ人々はジョイステックのボタンを押すだけで殺される可能性がある。

ガザを取り囲む電気フェンスに沿って数百メートルにわたって監視塔が設置され、そこにはリモート・コントロールのマシンガンが据え付けられている。これを遠く離れた場所にあるオペレーション・ルームで女性の兵士がターゲットを定め、弾丸を発射する。

このシステムはイスラエルのラファエル兵器会社が開発した最新型の「遠隔殺人」装置の一つである。この会社は元イスラエル軍の兵器開発部門であり、現在は独立した政府系企業である。

元記事

私は、この場面を想像すると、ナチスと同じような臭いがするように感じます。
posted by 狭依彦 at 22:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日 Tweet It!

シオニズムの犠牲のユダヤ人

再び、シオニストはユダヤ人をホロコーストに追いやる
Henry Makow

今日の世界ではイスラエルは反セミズム(反ユダヤ)の主要な源泉であり、すべてのユダヤ人の安全を危険にさらしている。イスラエルは自分で「ユダヤ国家」と主張しているが、ヤクザ国家として行動して、全ユダヤ人を憎悪と報復にさらしている。
ガザの平和活動家の殺害は、シオニズムの実際の目的はユダヤ人を反セミズムから守るのではなく、実際には、反セミズムを作り出すことなのだ

目的はユダヤ人を各国で選択の余地無く社会ののけ者として、シオニストの独裁に従わせることだ。

その結果、ホロコーストの時のように、ユダヤ人はシオニストの目的のために犠牲にされるだろう。この理由は独裁の新世界秩序を打ち立てるためのメーソン(イルミナティ、カバラ主義者、悪魔主義者)の秘密結社こそがシオニズムであるからだ。
ユダヤ人の大半はこれとは無関係であり、自分たちが少しも感じていない大義のためにふたたび犠牲とされるということだ。

元記事

メーコーさんは祖父母がナチスに殺害されたユダヤ人です。
posted by 狭依彦 at 18:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日 Tweet It!

ロシア装甲車を供給

ロシアが装甲車50台をヨルダン川西岸地域に輸送

ロシアの外相Sergei Lavrovがロシアは数日以内にロシア製の装甲車を50台パレスチナに供給するという。その車は、現在、ヨルダンに着いているという。

この話は、パレスチナのアッバスとイスラエルのリーベルマンとの会談の後、明らかになったもの。

2008年にイスラエルはロシアの防衛相と合意して、25台つづ二回に分けて装甲車を送ることになっていた。
しかし、イスラエルが装甲車がハマスの手に入ると文句をつけて、発送がのびのびになっていた。

元記事

ハマスではないパレスチナ政府に供給するということでしょうか?

最近エゼキエル書38章を読んで、再確認したところなので、ゴクであるロシアがかんでくると怖いですね。
posted by 狭依彦 at 22:01 | Comment(6) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日 Tweet It!

誰がアラファトを殺したか

6月12日、ヨルダンの首都アンマンで突然行われた記者会見で、ファタファの事務総長Farouk Kaddumiが暴露したところでは、パレスチナ政権長モハメッド・アッバスと元ガザの有力者Muhammed DahlanがイスラエルとCIAと共謀して、アラファト議長を殺害したという。

Kaddumiはアラファトがアッバス、Dahlan、アメリカの情報部員、元イスラエル首相シャロンが参加している秘密会合の話の内容を自分に漏らしたと公表した。この会談は2004年の3月22日に行われたという。

アラファトの毒殺はシャロンが言い出したものである。

Kaddumiは地位の高い人であり、幻覚を見たのであると片付けるだけではだめだろう。
また、この話だけでアッバスに有罪宣告するのは難しいだろうが、アッバスが無実であると言い切れるほど、完全に高潔な人士であるとは言えないだろう。

元記事

この記事の内容も確認するのは困難でしょうね。未確認です。
アッバスさんとはどのような人物なのでしょうか?
パレスチナ人の代表として同胞を守ろうとしているのか、それとも、売ろうとしているのか?
posted by 狭依彦 at 00:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日 Tweet It!

トルコ首相暗殺未遂

モサドの暗殺者がトルコErdogan首相を狙う(6/24の記事)

ヨルダンの週刊誌の記事によると、イスラエルの情報部モサドはトルコの首相Recep Tayyip Erdoganを暗殺しようとしたが失敗したという。
トルコの消息筋によると、モサドの企みはトルコの警護隊によって撃退されたという。
また、イスラエルはトルコ内部でクルド労働者党 (PKK)の武装勢力に支援を与えることで、トルコ内部で暴力を扇動しようとしているという。
2003年からイスラエル軍がクルドのテロリストを訓練していることは広く知られている。

元記事
------------------------------------------------
イスラエルがトルコでテロをエスカレート(6/23の記事)

5月31日、早朝、自由船団Mavi Marmaraへの攻撃とほとんど同時に、トルコのIskenderun海軍兵站基地がPKKに襲撃された。
不幸なことに、この襲撃で7名の兵士が亡くなった。

元記事

上の記事はpresstvからです。WIKI日本語を見ると、イランのメディアのようですね。

下のほうは個人でしょうか?
ということで、内容については未確認です。

イスラエルとトルコは以前は協力関係にあり、トルコの地形はイランの地形と良く似ているということで、イスラエルの戦闘機がトルコ上空で爆撃訓練を行っていたようです。
これらの戦闘機は、今は、グルジアに移されたようです。
この話も未確認です。
posted by 狭依彦 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | パレスチナ以色列 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。