2014年05月11日 Tweet It!

近況(2014・5・11)

サイトをよく見ていただいている皆さんありがとうございます。

最近、あまり、英語をやる気がなくなり、また、時間もあまりないため、数ヶ月、記事を書いていません。
やる気だけは『花子とアン』を見て、少し出てきて、「Anne Of Green Gables」を読んでみたのですが、今度はかなり英語力が落ちていることに気がつきました。

リハビリして、英語力が少し戻れば、また、記事を再開するかも知れません。

とりあえず、『花子とアン』を一日2度ほど見ていますので、時間がとれないと思うので、『花子とアン』が終わった頃に、また、このサイトをのぞいてやってください。

ちなみに、『花子とアン』を見出したのは、柳原白蓮さんが出るからなのですが、
何と、白蓮さん、霊界物語に名前が出ているのですね。
また、登場人物の元にもなっています。

http://uro.sblog.jp/modules/wordpress/index.php?p=2133

なお、コメントは見ていますので、あれば、いつでもお願いします。


posted by 狭依彦 at 09:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日 Tweet It!

縄文の豊かさ(通常記事とは内容を異にします)

※この記事は、コメントに対して返信をしたいのに画像を埋め込みたかったので記事にしました。
よって、このサイトの通常記事(アイクサイトで取り上げられている記事の翻訳紹介)とは内容を異にします


縄文晩期は豊かではなかったのか?

少し前に、沢山縄文の資料館を回って、2つの縄文晩期の遺物を見て、今まさに、縄文の「豊かさ」を考えているところです。

縄文が「豊か」だったと言われるのは縄文中期(前3,500 - 前2,500年)を中心として言われることが多いと思います。

縄文晩期は「気候が寒冷化し」て、人口が減ってきて、たそがれてゆく時代のように言われることが多いと思いますので、そんなんかな、と思っていました。でも、2つの遺跡の遺物を見て、「弥生と時代が重なる頃の縄文も豊かだったんじゃないだろうか」と考えるようになりました。

縄文晩期は弥生の早期、前期と重なります。九州の方から弥生になって、稲作が急速に広がった西日本だけだから、重なっていて当然ですよね。
縄文晩期(前1,300前 - 前800年)
弥生 早期−前期 前1000年 - 前800年

1.金生遺跡(山梨県)
気候が寒冷化し遺跡数も減る縄文後晩期の遺跡

資料館で撮った写真。

DSC02262.jpg

この耳飾、「たそがれてゆく」時代のものとは思えない。
たぶん金生遺跡の遺物だとしての話。
写真とるときに確実に遺跡名は確認していないので、100%金生遺跡のものかは不明。

2.是川遺跡(青森県八戸市)
遮光器土偶(縄文晩期)
DSC03835.jpg

この遮光器土偶は国立博物館にあるよく出てくる2点とは違うものだけれど、自分で撮った写真を見て、非常に気に入って、何度も見ていたら、宇宙服説とかそんなんから離れて、「この時代も豊かだったのでは」と感じるようになりました。

土器(縄文晩期)
DSC03850b.jpg
DSC03817.jpg

基本的に土器は中期の山梨・長野の八ヶ岳縄文王国のもの(縄文中期(前3,500 - 前2,500年))を見ていますが、東北のを何箇所か実物で見たら、やっぱり、東北も「豊か」であったのだろうと感じました。
特に、是川遺跡のは「縄文晩期」で九州の弥生時代の開始と重なるであろう時代ですから、ここで感じる「豊かさ」と稲作を導入してからの「豊かさ」、今の時代の人類はよくよく考えた方が良いでしょう。
おっと、「人類」と言ってしまうと、このサイトの言い方とは違った言い方になりますね。「今の時代を生きる個人個人」と言わないと・・・・・・
posted by 狭依彦 at 11:57 | Comment(5) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日 Tweet It!

霊界物語の76巻天地創造説

霊界物語76巻の世界の天地創造説を読ませたものを公開しました。

神秘思想に興味がある方には面白い神話集であると思います。

サイトへ
posted by 狭依彦 at 18:58 | Comment(17) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日 Tweet It!

これ知りませんか?

全く、アイクさんとは関係ありませんが、こんなマーク知りませんか?

doguu.png

または、これ。ペンタゴンのなかに半分十字?

doguu2.png

サイトをちょっと私用に使わせてもらいます。
最近ちょっと気になっている昔の昔のマークです。
昔の昔でも、中世でも、近代でも、現代でも、知っている人は教えて下さい。
posted by 狭依彦 at 22:09 | Comment(13) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日 Tweet It!

Twitterに対応

Twitterで見ている記事のリンクを飛ばせるようになりました。

操作方法は右サイドバーにあります。

ただし、このサイトを飛ばすと、「お友達」ができないかも……

また、狭依彦もTwitterを始めました。

最近、アレックス・ジョーンズのラジオを30分くらい聞いているので、面白いことが聞き取れれば、つぶやきたいと思います。

でも、リスニングが0点に近く、よく分かるのはコマーシャルだけです。だから、Twitterは完全無保証です。ウソも混じるかも!?
posted by 狭依彦 at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日 Tweet It!

聖者の涙

この記事はアイクのヘッドラインとは関係ありません。

『霊界物語』第39巻序歌 聖者の涙



この詞は1922年(大正11年)に作られています。
いつの時代を歌ったのか。
(1)作られた大正時代
(2)昭和の初めから10年にかけて
(3)今、もしくは未来
大正時代をよく知らないので、(2)(3)の可能性が頭から離れません。
私は、第二次世界大戦が日本にとって解放だとは思えません。
八百長戦争で、世界の人々を殺しただけ。
世界の支配者の面々は前も後も同じだと信じています。
そこで、現代であると仮定して歌を歌わせてみました。
なお、歌詞はとても長いため、半分ほどにカットしてあります。
NWOが成就しかかっても、失敗し、天変地妖が起こり、
最後には神様が天国を作られるという話ということになるでしょう。
あなたや、私が天国に入れるかは分かりませんが……
posted by 狭依彦 at 00:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日 Tweet It!

飴屋

これは、アイクさんのヘッドラインとは全く関係ありません。

私が作りました、霊界物語の歌です。

posted by 狭依彦 at 00:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日 Tweet It!

Simple Song of Freedom

Simple Song of Freedom

Come and sing a simple song of freedom
Sing it like you've never sung before
Let it fill the air
Tell the people everywhere
We, the children, don't want a war

シンプル・ソング・オブ・フリーダム

こっちに来て自由のシンプルソングを歌おうよ
今までに歌ったことのないようにさ
風を感じてさ
世界のみんなに言っちゃおうよ
わたしたち、子供は、戦争なんていらないよ



歌です。
持っていない力で、力に対抗しようとしても無駄に殺されるだけだろうから……
このようなことが世界を変えるのかも知れませんね。

posted by 狭依彦 at 22:05 | Comment(6) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日 Tweet It!

慰めの歌

ヘッドラインとは関係なし

このサイトで記事訳していると、ほとんどが暗いものばかりですね。
そりゃ、陰謀論やっていると仕方がないのですが……
前に、コメントで、「ほんとうに精神世界と関係あるのですか」というのもありました。
狭依彦は、普通の人間が、武力でもってレプと戦って勝てるとは思っていませんし、レプの代理人の狸たち(本物の動物の狸さんゴメン)にも勝てるとは思えません。
まあ、できることと言えば、神様(私の場合は世界の根源の一神)を信じ祈ることでしょう。
ということで、狭依彦も、いつも暗い気持ちでいるわけではなく、たまには祈っています。

ということで、最近作った、お祈りのバックグラウンドミュージック。
キリスト教の賛美歌を霊界物語で替え歌にしたものです。

sanbika49.wma

:キリスト教賛美歌「聖歌 348 今去りゆく汝を」
:出口王仁三郎 『霊界物語』
:鏡音リン
アレンジ:狭依彦

歌詞

国常立の神    わがたまを守り
御魂の糧もて   いのちを永久に賜べ
(折返)
みろくの御代の  開くる日まで
いづのまもり   ひろけくあれませよ。

やみ路を行く時も 魔神たける夜半も
ゆくてを照らして とはにみちびきませ。

ゆくてを包みたる しこの雲霧も
科戸辺の風に   伊吹はらひすすむ。

みろくの神代まで わがたまを守り
み翼のしたに   かかへ守らせ瑞霊。

めちゃくちゃ訳

世界の根源の一つ神様、私の魂を守ってください。
あなたの分霊である私の、命を永久に。

レプと代理人たちが支配する邪の世界が終わり、生きていることを楽しめる世界になるときまで、
神様の守りを、みんなにください。

光が見えない道をゆく私たち。レプや代理人狸たちの魔神が跋扈跳梁している夜のような世界かも知れないけれど。
そんな孤独な夜に、私たちの行くべき道を照らし、いつまでも導いてください。

私たちの行くては、醜い雲や霧そして現実的にはケムトレイルが覆って、先が見えません。
でも、その雲霧を払うのが強い風。嵐も穢れを洗い流してくれる働きがあるのです。そして、私たちは新しい世界に進むことができるのです。

安らげる世界が来るときまで、私の魂を守ってください。
あなたの翼で、私を包んで暖め、守ってください。
posted by 狭依彦 at 23:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日 Tweet It!

やっと発売!狭依彦の本

やっと発売!狭依彦の本

『超知ライブラリー 32 霊界物語「竜」と「爬虫類人」』(徳間書店)

5月17日か21日に出そうです。

値段は1,680円で、表紙がカッコいいと思います。

51-x1kzoJDL._SL500_AA240_.jpg

1,680円で、アイクの霊的な部分を沢山引用しています。
陰謀論的な部分は、そのうち出るだろう、最新刊の翻訳本でよいはずです(速読しましたので)。最新刊と重複はあまりないと思いますので、最新刊を理解するためにも一冊買っておいてもよいと思いますよ!

また、『霊界物語』を3度以上読んでいる読者の書いた信仰に傾いていない「出口王仁三郎の本」も、これまでほとんどありませんので、これも貴重!
王仁三郎関係では、素盞嗚尊とか国常立命とかあるのだけれど、主役としては出てきません!

皆さん、買ってね!
posted by 狭依彦 at 21:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日 Tweet It!

スパム

この記事はヘッドラインと関係なし
------------------------------------------------------
skunkweed microgadus collotypy beelbow sciolous registerer psilothrum brooklike
Saylor's End of the Trail Carriage Service
http://www.lindsaymfg.com

デーヴィッド・アイク
------------------------------------------------------

とこんなスパムがありました。
日本語を読めるなんてすばらしい!
対策できない。

とりあえず「ヴィッド・」を禁止用語にして様子を見ます。
本当に日本語が分かるかどうかくらいは判明するだろう。
相手はどう出るだろうか。

ところで、これらのスパム、最近多くなりました。何のためにやっているのだろうか?
問題−反応−解決戦略としか思えませんが……
posted by 狭依彦 at 08:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日 Tweet It!

撤退宣言か?

アイクのニュースレターより

……そして、別のものの始まり

これらの問題をメディアで語ったり、ウエブサイトで追跡することを止めると言っているわけではない。何も変えるつもりはないが、わたしの方向や研究、知識への情熱が別の所に向いただけだ。

われわれが日常的に操作されていることを認識することは極めて重要なことだが、生命そのものと「現実」に対するより深い理解が欠けていたら、ただ、自分がいる監獄の一室について知るために探求を続けているだけになってしまうだけだろう。

われわれが自分の経験をどのように作り出しているか理解し、目の前にある現実がどれくらい悪いかということだけに思考を集中するのをやめて、現実を変えることが求められているのだ。円を描くように行ったり来たりしている、いわゆる「陰謀論研究活動」を変えるべきかどうかも、わたしは考え始めている。

再度言う、わたしはこのような研究とコミュニケーションを止めるべきだとは行っていない。絶対に、そうすべきではない。しかし、その活動に生起している事の別の段階を包括することを始めなければ、活動は見当違いのものになるだろう。例えば、「ニュー・エイジ運動」が、凝り固まった信念、宗教、ドグマの状態で静止し凍結していたので、的外れになってしまったようなものだ。

n_aura.jpg

Inner exploration = ‘outer’ understanding
内への探求 =「外部」の理解

注:「現実を変える」の現実は英語ではReality。現状を変革するという意味ではない
アイクは、現実は自分が作り出しているコンピュータ上のバーチャルリアリティのようなものだと言っている。
(ちょっと説明が断定的すぎるような気がしますが、まあ、アイクの思想への狭依彦的な理解ではこんなところです)
posted by 狭依彦 at 08:57 | Comment(8) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日 Tweet It!

祝666(ヘッドラインとは無関係)

この記事はヘッドラインとは無関係です。

今さっき、アクセス解析みたらなんと666出ました。
おめでとうございます!!!!!

合計 1548
1 ブックマーク(リンク元なし)  66.6% 1,031
2 同一サイト  19.4% 300

アホか、って?そう、否定しません。
posted by 狭依彦 at 22:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日 Tweet It!

コメント表示の時間

コメントを入力していただいてから、実際に表示されるまでの時間が1分から2分かかる場合があります。
投稿ミスではありませんので、表示されるまでお待ちください
理由は、いろいろ、「技術的な問題」でしょう。不都合なスパムとかチェックしていることになっています。
まあ、情報が○○系DBとリアルタイムで照合・格納されているかも知れませんね。
posted by 狭依彦 at 06:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日 Tweet It!

google

この記事はアイクのヘッドラインとは関係ありません。

最近、このサイトもyahooの半分くらいGoogle検索に引っかかるようになったようだ。

以前は、googleからのヒットは皆無の時もあったので、googleがポリシーを変えたとも思える。
もしくは、このサイトを見ている人たちが多くなってきたおかげで、虫しておくのは、公平を装うにはちょっとね・・・というところかも??

まあ、googleから言えば「技術的」な問題だけれども。

どの言葉がgoogleからか調べると、現代世界でのブラックワードが分かるかも!!!???
posted by 狭依彦 at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日 Tweet It!

さすがやね!

これはアイクのヘッドラインとは関係ありません。

最近、コメント攻撃を受けている。それが、すべてURLでも、IPでも禁止できないようにコメントを付けてくる。

さすがやね・・・新しい技術

私は、そんな、あなたに、レプちゃんもしくは、王仁三郎の言う邪神の意志を感じます。
posted by 狭依彦 at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日 Tweet It!

ページが読めない

アイクのサイトがリニューアルしたのですが、ヘッドラインの記事が読めません。

http://www.davidicke.com/icke/headlines.php

前からJAVAスクリプトのエラーが出ていたのですが、そのせいかも知れません。

記事があるのかどうかも分かりませんので、ヘッドラインの記事が読める方は教えて下さい。
posted by 狭依彦 at 08:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日 Tweet It!

アイクとムトーワインタビュー

News for the soul サイトの番組の一つ

デーヴィッド・アイクとクレド・ムトーワのインタビュー。

全部英語。70分くらい。

このサイトはスピリチュアルなことを取り上げている放送局のようだ。面白そうなサイトだ。ただし、Web管理者はちょっと、リスニングをブラッシュアップしないと内容を人に説明できそうにない。ここで、リスニングを勉強したら、出来るようになるのは間違いなし。
posted by 狭依彦 at 08:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日 Tweet It!

自己紹介

王仁三郎のサイトに今考えていることを書いておきました。

自分で思うに、

(1)大本三派の信者ではない(これは事実)
(2)出口王仁三郎のファンである
(3)一般的な大本の考え方とは違う、興味の方向も違う(だろうと思う)
(4)大本裏神業系の考え方ではない(と自分では思っているのだけど、でも、近いように見えるかも知れない)
(5)中矢氏の日月神示関係・大本関係の本は違うと思っている
   よって、大変動(立替え立直し)は来るとも、来ないとも、どちらも確信はない。
(6)大きな意味での陰謀論者である

まあ、出口王仁三郎のファンがサイトを作り出して、いろいろやっているうちに、陰謀論と出会い、よくわかならいまま、確信もないまま、Blogでいろいろ書き飛ばしている、というところでしょうか。
posted by 狭依彦 at 10:21 | Comment(8) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日 Tweet It!

ヘッドラインについて

アイクのサイトを見てもらえると分るように、日ごとのリンク集があります。これがヘッドラインで、新聞記事、他のサイトの記事などへのリンクになっています。だから、ヘッドラインはアイクの直接の意見ではないので、そこのところをよろしく。

アイクの思想については、今のところ本を読むしかないようですね。

私(狭依彦)のサイトでは王仁三郎との関連でアイクをとりあげています。

http://peace.poosan.net/reikai/i-omitto.htm

ただし、アイクと王仁三郎が似ているというのは、私(狭依彦)が言っているだけで、まだ誰も認めてくれていません。

アイク自身については紹介する余裕がないので、どなたか、よいサイトを見つけたら紹介してください。リンクを貼りたいと思います。
posted by 狭依彦 at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。