2005年08月12日 Tweet It!

インターネット消毒策

グローバリストはインターネットを消毒したい。

9・11からの4年間、多くの知人からインターネットは何らかの形で検閲を受けるだろうかと聞かれた。それらの人々がこんな質問をしたのは、どこからともなく現れた多くの真実を告げるサイトのせいだ。それらのサイトは以前は嘲りを受けていたが、Alex Jones、Jeff Rense、David Ickeなどの運営しているサイトは現在では月に何百万もの閲覧がある。また、嘲っている人たちは昔ほど多くないようだ。

これらの真実を告げるサイトが人々を目覚めさせているので、ビルダーバーググループは、アメリカのインターネットは停止される必要があり、どれだけ費用をかけても「真実を告げる愛国者たち」を止めなければならないと決定した。

インターネットが「消毒」されるには基本的に4つの方法がある。

(1)インターネットは米国に対するテロ攻撃の一部として使用されるということにする。

(2)Hate-Crime(憎悪犯罪)法とHate-Speech(憎悪の意図を持った話をする)法の国会通過。
 最初はこれらの法律は「憎悪犯罪」(人種差別犯罪、宗教差別犯罪など)を行った者に適用されるが、実績ができると、国民すべてに対して適用されるようになる。

(3)E−Mailやインターネットアクセス量に対応した税金の課金
 これによって、月何百万もアクセスがあるサイトは、お金がかかるようになるので、活動が行えなくなる。

(4)国連または米国によるドメイン・ネーム・サーバーの支配。
 2005年7月2日のロンドンのガーディアンWebサイトの記事で、ブッシュ政権はドメイン・ネームをコントロールするルートサーバを13統制していて、それによりインターネットのトラフィックをコントロールしているという話がある。

元記事

(同じ記事からPANCの記事も訳しています)


posted by 狭依彦 at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日 Tweet It!

米投票操作証言

(米) ClintCurtisというプログラマーが、フロリダ選出の共和党の議員Tom Feeneyの依頼で、「投票操作」をするプログラムを投票プログラムに組み込んだことを証言した。2000年にTom Feeneyの地元の会社で働いていたときにそれを行ったという。

プログラマーが宣誓証言で、自分がYang Enterprisesの技術アドバイザー兼プログラマーをしていたとき、Tom Feeneyは「最低でも10回以上」会社の会議に出席していたという。

宣誓宣言のビデオ(英語)
posted by 狭依彦 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過激サイト取締り

トニー・ブレアのテロリズム取締り。「過激ウエブサイト」を統制するための、規則がもっと必要である。

トニー・ブレアは次のように語った。「国外追放についてはもう一つ考慮すべきは、新法が実施されるようになったら、過激派のウエブサイト、本屋、ネットワーク、特定の組織の本部などのリストを作成すべきだ。これらの活動に参加するということは、内務大臣が外国籍の人々を国外追放にすることを考慮すべき問題点となる。」

元記事
posted by 狭依彦 at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット統制

ブッシュ一味はインターネットを手に入れようとしている。

ワシントン・ポストが読者に、インターネットが何らかの形で統制下におかれたり、完全に廃止されるなら、アルカイダや「アメリカの富と自由」を憎んでいる人々を蒸発させて無くしてしまうことができると読者に信じさせようとしていることは明らかだ。そして、忘れてはならないことは、もし、インターネットが監視、統制されていたら、ダウンニング・ストリート・メモや、James Senselessbrennerによる米愛国者法が権利章典を犯しているという指摘などは日の目を見なかったということだ。

元記事
posted by 狭依彦 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日 Tweet It!

印刷文書に識別情報

(米)あなたが文書を印刷するごとに、プリンターがそのプリンターの機種を特定できるような秘密のコードを自働的に付加していると想像してみよう。プリンターの使用者は分かってしまうわけだ。

偽札作りを特定する取り組みの一環として、米政府はレーザー・プリンターの製造会社数社を説得して、印刷された各ページに機種情報を暗号化して付加させることになった。この意味するところは、使用者の同意も無く、使用者が知らないところで、自分が私的な行為だと思っていることが、公的になってしまうということだ。毎日の生活で使っているコミニュケーションの道具が、政府の監視の道具になってしまうわけだ。そして、悪いことには、この乱用を差し止める法律が何もないということだ。

元記事

posted by 狭依彦 at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日 Tweet It!

インターネットの終焉

われわれは、自分の好きなサーチエンジンを使って、人類がこれまで想像もできなかったほど民主的で広大な広場のなかで、果てしない情報の海を検索している。しかし、この無検閲でオープンなインターネットも死期が近づいている。今後は、高い壁に隔てられ厳選された政府のプロパガンダの資料と、大衆が見ても「安全」な消毒(不適切な部分を削除)された情報を、グーグルで調べるのを楽しみにする時代がやってきそうだ。
 われわれは、外の世界から切り離され教条を叩き込まれて、マトリクスの中で暮らすことになるのだ。そのマトリクスの中では、政府の政策と価値観に疑問を呈するような創造的・自主的な思考は押しつぶされることだろう。みなさんは、この話が狂気じみた陰謀論にすぎないと言われるかもしれない?しかし、もはや、合理的では済まないところまできているのだ。

(中略)

グーグルが問題のある検閲に関わっているという事例を記した文書が、これまでに沢山発表されている。だから、グーグルが政府寄りの大企業が運営するインターネットの門番としての位置を占めていると想像しても拡大解釈には当たらないだろう。

元記事

「靖国」「従軍慰安婦」などをGoogleで検索してみればわかります。まさか、日本人の90%以上が、「新しい教科書の会」の理論を信じているわけではないでしょうが、上位はほとんどが「新しい教科書の会」を支持する意見です。
 まあ、この文章を読むまでは、私も、90%以上が「新しい教科書の会」の理論を信じていると思っていたわけですが。
 
ちなみに、この「デーヴィッド・アイクの情報」も、「王仁三郎?日記」も、長い間グーグルでは検索できなかったのですが、最近は検索できるようになりました。「技術的な」問題だったのでしょう。ヤフーでは、一時期だけできませんでしたが、オーム関係の用語の入った記事(オームを擁護していたわけではないですよ)のリンクを削除したら、それからは検索出来るようになっていました。

だから、もしかしたら、このサイトに書かれていること真実かも知れませんよ。隠そうとするのですから・・・・

posted by 狭依彦 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日 Tweet It!

ありがとうビル

説明は必要なし

CARTOONW.jpg

これ以上言うことはない

rept-b.jpg

ありがとう、ビル

ヘッドラインをそのまま紹介したものです。ここに書かれている内容が笑えない(分からない)人は、アメリカ(世界の)のマスコミは誰が所有して、何をやっているか。大コン○ュータ会社のビルさんは、どんなことをやっているか。検索してみてください。

ビルさんのことは、このサイトにもいくつか記事があります。ちなみに、Web管理者はビルさんの事業のやり方、あの人がよく大リーグの試合を見に行っていること、慈善事業に大金を出していること、ついでにアフリカのワクチン接種に大金を寄付していることなどを見ると、アイクの言っている事は真実であると、いつも納得してしまいます。ビルさんを見ていると、彼らのやり方が良く分かる、そう言っても過言ではないでしょう。
posted by 狭依彦 at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日 Tweet It!

アルカイダ=DB

アルカイダは、過去にも現在でも、「テロ組織」ではない。

イギリスの外務大臣Robin Cookは、「アルカイダとは原語では“データベース”という意味だが、元々数千人のムジャヒデーンを収録したコンピュータファイルの名前であった。ムジャヒデーンはロシアに対抗するためにCIAの援助で雇用し訓練していたイスラム兵士のことだ。」と語った。Robin Cook氏の仕事は、英国情報部であるMI−6と政府の通信本部の管理も含んでいる。(ガーディアン誌)

言葉を変えて言えば、いわゆるアルカイダは、2001年9・11のニューヨーク国際貿易センタービルの崩壊があって以来、すべての爆弾事件やテロの原因だと、メディア・カルテルによって「昇格」させられたわけだが、実際はただのCIAで訓練された「テロリスト」(または「自由の戦士」立場によって見解は異なる)のデータベースに過ぎないわけだ。彼らは、21世紀の「世界的なブギーマン(子取り鬼:悪い子どもをさらっていくといわれている)」として便利に利用されているというわけだ。

元記事
posted by 狭依彦 at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日 Tweet It!

中国のインターネット

中国政府は、新しい法律が制定されると、インターネットでブログをしたりフォーラム(掲示板)を設置する者は警察に届けなければならないと発表。違反者は最大12万ドルの罰金を課せられることになる。

元記事
posted by 狭依彦 at 08:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日 Tweet It!

米E-Mail事情

2005年のProofpointの調査によると、アメリカ企業の63%が社員のE−Mailをチェックするための要員を配置済みであるか、配置を検討していることが判明した。

中小企業も大企業と同じくらいの率でチェック要員を配置している。回答者の推定では、発信されるメールの25%は、法的な問題、企業の経済活動に影響を与える、規制に違反しているなどの懸念があるという。回答者の27%が、過去一年間にメールの不正使用での解雇が起こっているという。

元記事
posted by 狭依彦 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日 Tweet It!

監視されている単語

Carnivore連邦捜査局(FBI)のインターネット監視システムなどで、政府がE−Mailやチャットを監視している用語集。

http://www.rense.com/general66/scgh.htm

翻訳のうち「すなわち」は「,]を訳したもの。東京はというのは「東京」。「インフルエンザ」もある。

翻訳


同じような日本版が作られたら、なぜ、狭依彦のサイトがGoogleで引っかからないかわかるのに。一時はYahooでも引っかからないようになっていましたが、「麻原」を消したらYahooには引っかかるようになりました・・・

また、IEを起動して、フォームなどに入力しようとすると、最初の変換にかなり時間がかかるね。入力された単語を記録する秘密のファイルを作っていると考えれば・・・

これはただの想像。この言論自由の国でそんなことが行われるはずがない!
posted by 狭依彦 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日 Tweet It!

中国のブログ

マイクロソフトと中国当局がインターネットを監視する契約を結んだ。中国ではブログは禁じられていたが、マイクロソフトが使っている言葉をチェックする機能をつけたブログサービスをすることで、Shanghai MSN Network Communications Technology(マイクロソフト50%の子会社)がブログをはじめることになった。

freedom自由、democracy民主主義、human rights人権、などの用語を使用すると、「このトピックは禁じられた言葉を使っています、削除してください」と出て進まないわけだ。

communism共産主義、socialism社会主義、capitalism資本主義も使えない場合がある。Taiwanese independence台湾の独立、Tibetチベット、Dalai Lamaダライラマ、Falun Gong、terrorismテロリズム、massacre虐殺なども制限されている可能性がある。

demonstrationデモはタブー、protest抗議はOK。民主主義はダメ、anarchy無政府主義とrevolution革命はOKなど、政府の民衆に対する「指導」の方向性も読み取れる。MSNのブログでは、中国の首相の名前は使えないが、トニー・ブレアはOK、天安門はだめ。

マイクロソフトのスポークスマンは次のように言う。マイクロソフトがブログとオンラインメッセージングという前向きな便宜を広めるためには代償を払わなければならない。これが制限だ。

「フィルターを通してでも、何百万人の人々が、コミニュケートし、話を共有し、写真を共有して、人間関係を作り上げて欲しい。マイクロソフトにとってはこれがキー・ポイントなのです」とAdam Sohnは話した。

中国政府は3万人のインターネット警察を要していると見られている。この措置は、インターネットは商売には使ってよいが、政治的なコメントには使わせないという政府の方針を表している。

マイクロソフトにとっては、ネットの独裁主義への免許を得たと言っても良い。Bill Gatesが中国の指導者たちの政策を賞賛てから、数ヶ月程度でブログをはじめたのだから。マイクロソフトは中国に進出しようとしてる企業のうちの一つだ。

中国政府は次のように検閲の効果を説明する。「インターネットは多くの人々に利益をもたらす。しかし、セックス、暴力、封建主義時代の迷信などの人々の精神を毒する有害情報も含んでいる」

日本も、高校生の爆弾事件を受けて、爆弾製造サイトなどの規制を検討している。

元記事
posted by 狭依彦 at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日 Tweet It!

フロリダのデータベース

フロリダ州では、Matrixデータベース(Multistate Anti-Terrorism Information Exchange)に対する連邦政府の援助が終わり、データベースが閉鎖されたが、今後、新たな同種のデータベース導入を計画している。

旧Matrix計画は、法務省と国土安全省が1200万ドルの資金を拠出して、13の州が参加した実験的な計画であった。Matrixデータベースは何十億もの商業データ、政府のデータ−−犯罪歴、自動車免許の写真データ、資産状態、釣りの免許などを格納していて、警察がテロリストや誘拐犯などを特定する目的で設置されていた。

現在フロリダ州が計画している新データベースは、資産や保険の記録なども格納する予定である。例えば、白のフォードのバンで、番号にBまたはCが含まれるものを検索して、運転者の顔写真を見ることが可能であった。

元記事
posted by 狭依彦 at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日 Tweet It!

ビル・ゲイツ英国名誉騎士に

ビル・ゲイツ英国名誉騎士に

ビル・ゲイツが女王より英国名誉騎士の称号を受けた。ゲイツは48歳、世界で最も裕福な男である。彼は、自分のビジネスの手腕と貧困を無くすための活動が認められて「とても名誉に思う」と言っている。

ゲイツは女王と、コンピュータの使用と、現在開発途上国の健康問題に取り組んでいるゲイツの財団、その他、旅行についての話をしたという。ゲイツは、「二人は開発途上国についていろいろなことを話したが、とても興味のわく話であった」と語っている。

他の名誉騎士(英国以外での騎士称号受賞者)
ブッシュ米大統領の父 

Live Aid organiser  Bob Geldof
映画監督 Steven Spielberg
アフガニスタンの大統領 Hamid Karzai
オペラ歌手 Placido Domingo
Billy Graham師
DNAのパイオニア James Watson
コメディアン Spike Milligan
前ニューヨーク市長 Rudi Giuliani

ゲイツはエイズワクチンの研究に何百万ドルも資金援助している。また、ケンブリッジ大学への奨学金財団も設立したとのこと。

マイクロソフトは独占禁止法違反で米国では有罪となり、ヨーロッパでは調査中である。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/3428673.stm
posted by 狭依彦 at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日 Tweet It!

インターネット国連の管理下に

国連のインターネット委員会がサイバースペースが国連の管理下になるような世界的なシステムを立ち上げる希望があることを発表した。

この委員会は2003年12月に作られ国連が主宰していた情報化社会国際サミットの開催準備をしていたが、この会議はネット管理ついての最終決定を行うためのもので、今年は11月にチェニジアで開かれる予定だ。この委員会はインターネット上の犯罪とかEメールスパムなどの問題を扱っている。

2003年に行われた最初のサミットでは、フランスの首相Jean-Pierre Raffarinが、ネット管理の国際的なルール制定を提案して、「情報化社会は新しい機会を与えてくれるが、ほかの新しいテクノロジーと同じく、不確定要素もはらんでいる。そこで、世界の人々が依拠するに足る新しいルールが必要である」と語った。

当時は中国がインターネット管理を国際化するために力を注いでいた。中国では、国家の監視下でのみ国民にインターネットを許している。中国に賛成していたのは、シリア、エジプト、ベトナム、南アフリカなどだ。開発途上国は国連の管理を歓迎している。
(他にもロシア、インド、サウジ・アラビア、ブラジルなども同様の考えを持っているらしい。--前の記事)

この問題と直接かかわっているのはICANNで、.com.orgなどのドメインを管理している団体である。

アメリカは、これらの管理案に反対の立場を取っている。

http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=42982

http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=35900

ヘッドラインのコメント

In September 2000, the report by the neocon Project for the New American Century called for ...'... the total control of cyberspace to prevent “enemies” using the Internet against the US.'
'It says that the words "Illuminati", "New World Order", and "global fascist agenda" are all banned, but "Bush is a great world leader, a man of courage and enormous intellect", is fine ...'

2000年9月、新アメリカ世紀のためのネオコンプロジェクトの報告では、「サイバースペースを完全に支配することによって、敵がインターネットを米国に対する武器として使用するのを防ぐことができる」とされている。さらに「“イ〇ミナティ”、“新〇界秩序”、“グローバル・〇ァシスト・ア〇ェンダ”などの言葉は厳禁となり、『ブッシュは偉大な世界的指導者だ。勇気と偉大な知性を兼ね備えている男だ』などは奨励される・・・」という。

今後このサイトでは自主的に伏字を使用します。よろしくお願いします。
posted by 狭依彦 at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日 Tweet It!

コンピュータ

コンピュータテクノロジーを皮肉った図。

http://www.hiddenmysteries.org/comedy/humor/computertech.html

私も同感です。コンピュータは残念ながら人を支配するためのもの。あせあせ(飛び散る汗)
posted by 狭依彦 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日 Tweet It!

スパイウエア

スパイウエアについての有名なサイトの紹介、知識のない人はとりあえず翻訳で読んでおきましょう。

http://research.sunbelt-software.com/threat_display.cfm?name=FunWebProducts.FunBuddyIcons

上記のURLをコピーして(右クリック=>ショートカットのコピー)

エキサイト翻訳 を開いて、翻訳URLに貼り付けして翻訳する。
posted by 狭依彦 at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット・コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。