2005年08月11日 Tweet It!

ケミトレイルとワクチン

1946年に後に製薬界のドンとなったGeorge Merckは米国の戦争担当の長官に次のような報告をしている。Merckはブルセラ菌から抽出した毒物を兵器として使用できるようにして、その毒物をDNAの小片だけを使った非破壊の結晶体に分離したという報告だ。ケミトレイルを使った結晶体の空中散布が行われたのは、朝鮮戦争時で、中国人や朝鮮人に対して散布された。朝鮮戦争で退役した軍人の多くが多発性硬化症を発症した。陸軍は多発性硬化症はブルセラ菌と関係あると認め、退役軍人たちに賠償金を支払った。ブルセラ菌のミコプラズマは何十年もの間休眠状態になることが出来るが、ワクチンによって再活性化される可能性がある。ワクチンは米軍では1911年から強制摂取とされている。

ワクチンの情報もあります。翻訳でどうぞ。

元記事




posted by 狭依彦 at 08:13 | Comment(8) | TrackBack(0) | ケム・トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。