2008年09月26日 Tweet It!

英IDカード

イギリスのIDカードはEUのシンボルが付く

50年ぶりのイギリスのIDカードが昨日発表され、ブリュッセルを満足させるためにEUのシンボルが付けられていることが判明した。
このカードはプラスチック製で、11月から外国人に対して発行される。これは数十億ポンドをかけてイギリスの住民すべてにバイオメトリックIDカードを発行するという政府の野心的計画の第一段階となる。
しかし、このシステムが効果を発揮し、現実的なメリットがあるかという重大な問題が解決されていないままで、昨日、保守党が次の選挙に勝ったら、すべての計画を破棄すると言明したように、疑問がつきない。

idcard.jpg

元記事

なんかいろいろ象徴が埋め込まれていそうで、嫌な雰囲気をただよわせるカードですね……


posted by 狭依彦 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日 Tweet It!

Jerseyの子供虐待

Jerseyの子供虐待と殺人事件:「古い少年のネットワーク」が警察の調査を妨害している

警察の本部長補佐Lenny Harper氏は影の人物達を非難した。この人たちは、調査チームやHaut de la Garenneで被害者とされている人たちやそれ以外の島の公共団体を「毎日攻撃」しているという。
Harper氏がいちばん非難しているのはJersey当局者で、同氏は「捜査は頓挫しているとはっきり言えます。島にはわれわれがこの調査を進めてもらいたくない人たちがいる」とテレグラフ誌の取材で語った。

元記事

アイクの話のうち、子供を性的虐待して殺すというのはなかなか信じられませんが、この児童養護施設の事件を見ていると信じざるを得ない気分ですね。
子供の乳歯が沢山みつかり、暖炉で焼かれた骨も何体分も見つかったようです。しかし、遺物の年代が特定されないとか証拠不十分で、詳しい捜査は行わないような記事が前にありましたね。
記事によると骨は1960年から70年代の間のようです。
posted by 狭依彦 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日 Tweet It!

空のスパイ

空のスパイが英国の都市上空をパトロール

昨年、西ミッドランド警察が航空機を使って、コンピュータや携帯電話の通信や長波ラジオをモニターしていたことが明らかになった。これは、イギリスのイスラム教徒の兵士を誘拐して首を切るという計画に関与した容疑者を追跡するためであった。
Islander航空機は、バーミンガム、コヴェントリ、レスター、西ヨークシャーとグレートマンチェスター地方を縁取るように、高度1万2千フィートから1万5千フィートで定期的にパトロールしている。

元記事(画像あり)

MI5が使っている小型プロペラ機で、現在は、イギリス国内のタリバン協力者の通信を洗い出すために使われている。
各種の盗聴設備を備え、携帯電話などの音声を録音して、ソフトを使いタリバン関係のビデオの声と照合しているとのこと。

本当にタリバンかな?
私はよく言うのですが、日本はイギリスの動きを何年か遅れでなぞっていることが多いので、日本にも同じようなことあるんでは?
関係ないですが、中国の自爆テロ、何か怪しいですね。ヘッドラインに記事が出たらすぐ訳しますね……
posted by 狭依彦 at 22:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日 Tweet It!

ミステリー・サークル

Wiltshireのミステリー・サークル

画像

地図 Aがここ=>車25分=>ストーンヘンジ

絵を見ていると、ニセモノにしてもどうやってこんな絵が出てきたのか不思議な力を持った絵ですね。
上から3枚目の写真の上部、日本で言えば古墳か環濠集落のようですね。
場所を調べていてストーンヘンジの近くだと分かりました。
posted by 狭依彦 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日 Tweet It!

風船爆弾付ナイフ

(イギリス)警察の上層部が新型のナイフに注意するよう警告している。このナイフは、襲われた人の体に圧縮ガスのボールを打ち込み、このボールが内臓を瞬間的に凍らせるという。
このナイフは「wasp knife」と言い、ボタンを押すだけで被害者を殺すだけの能力を持つ圧縮ガス入りのボールを打ち込むことができるが、警視庁はこれがイギリスに入ってくる恐れがあるという。ナイフの先端に付いた針が、一瞬にしてバスケットボール大に膨れ上がり内臓を凍らせる。

元記事

元記事に画像あり、それを見るとよく分かります。これはガセネタくさいですね。
posted by 狭依彦 at 21:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防衛省のパソコン盗難

英防衛省秘密ファイルの紛失を認める

100以上ものUSBのメモリースティックが2004年以来英防衛省から盗まれていることが判明した。スティックには機密情報が入っていたものもある。同省は、650台以上のノートパソコンがここ4年ほどに盗まれていると認めた。これは、以前に申し立てていた数字の倍近くにもなる。英自由民主党は「ショッキングな無能力」である証拠としてこれらのセキュリティの欠陥を非難した。

元記事

どうって事のない記事のようですが、よく考えると???ですね。
posted by 狭依彦 at 11:24 | Comment(2) | TrackBack(1) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日 Tweet It!

独裁データベース

すべての電話の通話、文章、E-MAILを記録するビッグブラザーのデータベース

(アイク)
このロンドン・デーリー・メールの記事を読んで見て、この同じ新聞が、オウエルの国(独裁国家)を造ろうとする陰謀があると言っているデーヴィッド・アイクを嘲っていることについて一考を……
デーリー・メールの「ジャーナリスト」Quentin Lettsはデーヴィッド・アイクの仕事について次のように言う。「もちろん、ナンセンス」。彼が、そのことを調べるのに費やした時間=0:00


すべての国民について詮索する巨大なデータベースを造る計画が、昨日、「英国の生活にとって行き過ぎ」であると非難された。
オウエリアンの活動として、イギリスの内務省が、電話の会話全部、E-MAIL、テキスト形式のメッセージ(インターネットの投稿などか?)、インターネット検索、オンライン購入の記録などを詳細に記録することを提案している。これは、テロやその他の凶悪犯罪に立ち向かうためである。
しかし、プライバシーの監視員、情報委員会のRichard Thomasは国民の伝統的な自由が、徐々に忍び寄っている国の監視によって、重大な脅威にさらされていると警告した。

日本はどうなのでしょうね?ITの進み具合から言ったら同じことができるはずで、「やりたい人」もいろいろいるはずなのですが?
影でこっそりやっている?
posted by 狭依彦 at 21:37 | Comment(7) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日 Tweet It!

尻を見せるな

イギリスの大手スーパーのAsdaが息子の21歳の誕生日のバースデーケーキに写真をプリントするのを拒否……理由は、その息子のお尻が見えるから

Gail Jordanという母親がAsdaのベーカリーの店員に息子の赤ちゃん時代の写真をケーキにプリントするように頼んだら、店員は変なそぶりは見せなかった。しかし、店員が写真を見ると、それは息子のDavidの5ヶ月の頃の写真ではいはいをしているものだった。店員はそれを見るなり、「ケーキにそれをプリントすればポルノグラフィになってしまう。赤ちゃんの尻が見えてしまうから」と宣言した。

その後、スーパーの検閲員は写真の尻を星型で隠せばOKということを言ったので、いろいろ反論したが、結局店のポリシーは変わらなかった。(児童ポルノを禁じる法律があるのでしょう

そうとも。誰かが裸の尻を見るとしたらとんでもないことだ。

bum1.png

恐ろしいことだ。どんな世の中がやってくるんだろう?どんなに恐ろしいことがもう一度考え直してみよう……

bum2.png

そうだ。やっぱり怖い、誰かに大切なことを伝えなければならない……

元記事(ケーキの写真あり)

大変な事件ですね。
オレンジの字と尻の写真は元記事とは関係ないアイクのもの。
posted by 狭依彦 at 20:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日 Tweet It!

厳しい英国社会

若い母親がゴミ箱を出すのに一日早く所定の場所に置いたら265ポンドの罰金を命ぜられた

Zoe Watmoughにとってはタイミングがすべて。彼女は、ゴミ出しのためゴミ缶を一日早く所定の場所に置いた。すると、彼女は判事の前に引っ張り出され、265ポンドという多額の罰金を命じられた。委員会の職員が、水曜日に、彼女の2つの缶を見つけた−1つはグリーンのリサイクル用とグレイの一般ゴミ−これは収集の24時間前のことであった。

元記事

----------------------------------------------------
サイエントロジーを「カルト」と言った10代の若者がロンドンの警察に告発される

ロンドンのクイーン・ビクトリア街にあるサイエントロジー教会。10代の若者がこの教会を「カルト」と表現したため、告発を受けている。この宗教は論議の的となっているが、そのロンドンの本部に反対する平和的なデモに参加したとき、15歳のこの若者は(名前は伏せられている)はロンドン市警察の出頭命令を受けた。

元記事

サイエントロジーに関する当サイトの記事

この記事の読者の投稿に、「イギリスもここまできた。次は平和的なデモで、WarとかPeaceと言ったら告発されるんだろう」というのがあります。
posted by 狭依彦 at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日 Tweet It!

学校での軍隊勧誘に終止符を

生徒が軍隊に「甘い言葉で勧誘」される

教師たちが、軍隊が貧困地帯で若者を軍隊に誘うための「巧妙な」方法を使っていると非難している。マンチェスターの英国教師組合の代表者会議では、イングランドやウエールズの学校で行われている「勧誘」を終わらせる要求をする動議を討議する予定だ。

元記事

私たちの国も、知らない間に、それに近い状態になっていたりして。知らない間にね……
posted by 狭依彦 at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日 Tweet It!

英王室宮殿にメーソン

バッキンガム宮殿にフリーメーソンのロッジ開設

フリーメーソン秘密協会の支部が英王室の職員と皇室を警護する警察官などによって作られている。そして、それをロイヤル・ハウスホールド・ロッジと呼ぼうと決めたが、バッキンガム宮殿との間で問題が起きている。それは彼らが王室の暗号EIIRを吸収して、女王との関係を強調しようとしているからだ。

元記事

この記事は自分で読みました。王室の名前を出すには、英国では、公式な許可がいるらしいです。この、フリーメーソンは表のメーソンですね。記事にも、フリーメーソンに加入しているとビジネスに有利だとかあります。

また、ヘッドラインとは関係ありませんが、イギリスの新聞インディペンデントに、子供の行方不明の記事が出ています。施設などから年間に1000人程度がいなくなる(逃げるのも含む)そうです、その中でも何人かは発見されないとのこと。
また、家から若者が短期間家出も含めていなくなるのが年間に十万件台だそうです。
ちょっとだけ情報リークでしょうか。アイクが言っていることの裏づけのようです。


http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/our-children-are-missing-most-vulnerable-youngsters-are-targeted-793496.html
posted by 狭依彦 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日 Tweet It!

唾吐きとDNA

ナチ国家からのポスター

spop.jpg

YorkshireのSheffieldのバス停のポスター。読者よりの投稿。

つばを吐いて立ち去りますか?あなたはDNAを採取されることになりますよ。
バス、トラム、インターチェンジにはすべてDNAの検査キットが配備されています。つばを吐き捨てると、あなたは追跡されます。そして検挙されます。私たちがあなたがどんな容姿であるか分からないとしてもです。
そして、あなたのDNAの記録は、永遠に国家DNAデータベースに登録されます。

すげーな!これ!

公共の場所を汚している皆さん!今すぐやめましょう。さもないと、このポスターのようなシステムが導入され、国民の皆さんが、「そこまでしなければ公共の場所のルールが守れない、いい案だ」と賛成することになりますよ。

全然関係ないけれど、英語のchannelingって一般的に使われますよね。宇宙人とか神々とか死者とか?ポジテブ、ネガティブの価値判断は伴わないですよね。
日本語でチャネリングは、それをやっている人を馬鹿にしたり非難する言葉なのですか?ちょっと、他のところで引っかかっているので、私の認識が間違っているといけないので、教えていただけるとありがたいです
posted by 狭依彦 at 22:35 | Comment(7) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日 Tweet It!

ブレアダイアナ殺害命令

「トニー・ブレアがダイアナを殺せと命令した」。Al Fayedが事故調査委員会で証言

Mohamed al-Fayed(ダイアナが事故死したときに一緒にいた、ダイアナと結婚する予定の男・ドディの父)は、ダイアナを「国民のプリンセス」と呼んだ男が、「身の気がよだつような恐ろしい行為」を教唆したと語った。Fayed氏は事故がMI6とフランスの情報部によって指揮されていたと言う。本日行われたFayed氏の主張では、王室とほぼ全部の支配者層をダイアナと同氏の息子のドディの死に関係あると非難している。

元記事

この記事は、今日いくつかのイギリスのWEB新聞で読みました。
全部の支配者層には、ダイアナの姉妹を含めて、イギリスの上層部の人たちほとんどがあげられていました。
殺害の理由は、「イスラム教徒と結婚させないため」ということでした。Fayed氏はダイアナが妊娠を電話で報告したと言っています。
アイクの主張では、ダイアナは妊娠していて、儀式殺人で殺された。その胎児はどうなったか……後は『大いなる秘密』を読みましょう。面白いですよ。私は息もつかず読みました。
ところで、この証言で一番興味深いのは、ダイアナの死後、チャールズが結婚した女性(カミラさんだったっけ?)をFayed氏が「クロコダイル」と呼んでいることです。
posted by 狭依彦 at 22:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日 Tweet It!

ダイアナ事故の写真家殺害

MI6がプリンセス・ダイアナを殺害する手助けをしたと非難されている写真家が焼け焦げたBMVの中で、頭部に銃創を受けて死亡しているのが発見された。
ダイアナ調査団が聞いたところでは、この写真家はJames Andansonで、パリの衝突現場で衝撃的な「爆弾」写真を秘密裏に撮影したと友人たちに自慢していたという。

元記事

アイクはダイアナ事件を『大いなる秘密』で取り上げていますが、これは、手に汗握るような話です。
posted by 狭依彦 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日 Tweet It!

漁獲制限と漁業

魚の廃棄は漁業をだめにする
その意味するところは-アイクの新刊を見なさい

イギリスの漁業は壊滅の危機に陥っていると警告されている。EUの漁獲制限で、何千トンもの死んだ魚を海に捨てているからだ。それによると、漁船の乗組員は、しばしば、タラなどの大量の魚を獲って、偶然に漁獲制限以上になってしまう。彼らは、仕方なしに超過分を海に捨てるしかない。環境保護主義者によると、そんなことで、漁船の乗組員の生活は苦しいままであるし、持続的な漁獲量という望みもかなえられないという。

元記事
posted by 狭依彦 at 22:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日 Tweet It!

マネキン・プロジェクト

「マネキン・プロジェクト」(Project Mannequin )

英国の巨大な子供密輸と悪魔儀式殺人のネットワークは、「マネキン・プロジェクト」と、諜報界でも非常に悪魔的なグループと緊密に関係している。この組織は、NSA(ナサ)、CIAやイギリス諜報部を中心としている。

元記事とビデオ

英国の地下基地

日本語でちょっとだけ検索してみましたが関係記事は見つけられませんでした。ビデオはちゃんと見ていません……
posted by 狭依彦 at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日 Tweet It!

英軍の新兵器

英国軍隊、大量殺害技術で作られた新兵器を配備

peaceweapon.jpg

われわれは平和のために戦っている……

アフガニスタンの英国兵士に配備されている「超新兵器」は、「温度気圧」原理に基づいた技術を使ってる。その技術は、温度と圧力を使って、標的にされた人々が、自分の肺から吐き出した空気を吸い込んで、内臓を破裂させるというものだ。

このいわゆる「強化された送風」兵器に使われている技術は、米国で使われている「バンカー・バスティング」爆弾やロシア人がチェチェンの首都グロズニイを破壊するのに使った破壊的な爆弾と同様のものである。

元記事
posted by 狭依彦 at 13:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日 Tweet It!

イギリス口てい病

科学者達が研究所で飼っている疾病の時限爆弾

このニュースで心配になるのは、ウイルスや最近が大量にイギリス全土の研究所に保有されているという事実が明らかになり、そして、その保有について、我々は安全だと信じさせられてきたということだ。それらの中には、経済破壊もしくはそれ以上の惨害をもたらしかねない細菌類も含まれているということだ。

元記事
posted by 狭依彦 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日 Tweet It!

DNAとDBと犯罪

45秒に1にずつ国のDNAデータベースに登録

(イギリス)英国のNational DNA Databaseには、45秒に一人の割合で追加されてゆく。「内務省が警察に、ゴミを落としたというような違反に対してもDNAのサンプルを取るように指示しようとしている」という報告書を引用して、英国の野党国会議員が警告したもの。

元記事
posted by 狭依彦 at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日 Tweet It!

ビッグ・ブラザー通り

英国
ウエールズの通りのひとつで、CCTVがものすごい数で増えているところがある。半マイル(約800メートル)にも満たない距離で、73のスパイカメラがジグザグにつけられている。

ウエールズのカーディフのSt Mary StreetやHigh Streetでは800メートルの通りで数えたら、11メートルに一つの割合でカメラがあった。

元記事

さあ、日本も負けずに、ギネスに挑戦しましょう。
いや、日本にはそんな数はありませんよね……
posted by 狭依彦 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。