2011年10月25日 Tweet It!

Sixth Sense=Brown Eyed Girls

Brown Eyed GirlsのビデオSixth Sense、もしくはエリートたちが反対派をコントロールする方法

Yuu Tube ビデオ

巨大マネーと数百万人のファンに支持されて、K-POP(韓国ポップ音楽産業)はアジアや世界中の電波を制覇している。
Brown Eyed Girlsのようなグループは英語で歌わないが(この歌は英語だと思う)、彼らは、間違いなく、大衆に西欧のポップ・スターが押し付けようとしているのと同じイルミナティのシンボリズムをもたらしている。

k-popは巨大化しNegaNetworkやSM Entertainmentなどのレコード・レーベルで恐ろしいペースで男子・女子のグループを売り出している。
これらのレーベルはほとんど「ポップミュージックのタコ部屋」であり、K-Popのスターの虐待や、「奴隷契約」でうたっているというスキャンダルも飛び出している。
その実、これらのレーベルはアメリカや英国のレーベルやポップスターたちを有しているのと同じ国際的なメディア会社が所持していたり支配していたりする。

このSixth Senseでは、グループのメンバーのひとりひとりが服従のいろいろな立場を見せている。それぞれが、エリートが自分たちの利益のためにエンターテナーを支配する違った方法を示している。
MyrioやNarsha、Ga-In、Jeaは権力的な警察国家に対して反抗しているように見えるが、彼らは実のところ支配された反対派で、エリートのヘーゲル弁証法に奉仕しているのだ。

(1)ビデオに出てくる独裁警察国家。機動隊の防護服、ビデオカメラが象徴する。

(2)(0:19)Narsha豹皮のショーツをはいている。
これはKitten/betaマインドコントロールを象徴している。また、動物の檻に囲まれているのも、マインドコントロールのによる人間性の喪失を象徴している。

(2)この国家はthe Absoluteという名前のマスクをした者に支配されている。(0:40秒)これは、「マスク」をしたオカルト・エリートを想像させる。

(3)Brown Eyed Girlsはこの体制への反逆を歌っているように思えるが、実はセックスを歌っている。

(4)(1:03))Ga-Inが自分の逆三角形を指し、「タッチ、タッチ」と歌う。これこそが、Sixth Senseについて知っている必要があることだというのだろう。

(5)(0:11秒)(4:15)Jea 犠牲を表す。水に浮いて詩的な感じを与えているように見えるが、彼女が木に括り付けられていて、その場に置き去りにされているのは、キリストの十字架を象徴する。
これが起こっているのはエリートの家のプールである。

元記事

長い文章なので最初だけ紹介しましたが、「結局、反逆しても、やられてしまう。無駄だよ」と思わせるためのもの、ということです。
ビデオでも、反逆を描いているようですが、歌の内容はセックスのほのめかし。

この元記事の人のは、一般の人10人が聞くと9人まで、いやもっと多くの人が、「アホか」と思うようなものだと思われます。
しかし、この話を読んで、ビデオを見ると、私は何か納得させられます。
「世界はこうなんだよ、みなさん」と言われてるような・・・・・・
自分もK-Pop好きなつもりだったのですが(5年ほど前のものまでくらい)、このグループは初耳でした。きっと、ヒットしているグループなのでしょう。
こんなものを子供が見るとしたら、やっぱり、影響を与えるでしょうね・・・・・・
posted by 狭依彦 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日 Tweet It!

タイガーとMKウルトラ

タイガー・ウッズ、プロアスリートとMKウルトラ

(1)結婚の貞操と家庭生活は、世界を操作しているイルミナティの悪魔主義者には何の意味もない。
実のところ、彼らは家族とコミュニティに反対している。
そして、ソクラテスの「コミュニズム」についての議論に見られる、セックスのファンタジーにのめり込んでいる。

※英語ですが、ソクラテスとコミュニズムについて書かれている文章あります。

(2)グローバル・エリートは自分自身の子供を性的に虐待し、他のイルミナティ家族の子供も同様に性的虐待を行う。
実際にMKウルトラ性奴隷を育てるのはこれらの変質者エリートにとっては純粋に仕事の範疇である。
Jon Benet殺人事件の捜索に当った人たちに聞いてみればよく分かるだろう。

※Jon Benet日本語WIKI

Jon Benet画像

(3)報道によるとタイガー・ウッズはMKウルトラ計画によって育てられた。Jリーは次のように語っている。
「タイガー・ウッズは、ターガーが米国国防総省のMKウルトラ計画マインド・コントロールの産物であると知っている他のゴルファーからは忌み嫌われていた。
タイガーの父は米特殊部隊グリーンベレーの一員であったが、軍事訓練教官を雇って、子供時代のタイガーに教育を行った。」

タイガーはボブ・ホープのテレビ番組で3歳のときに始めてゴルフをした。ボブ・ホープはMKウルトラのプログラマーで小児愛好家のCIAの性奴隷調教であった。

※タイガーの父(日本語WIKI)

(4)タイガーは軍隊で使われているプログラムと同じプログラムでスーパー・アスリートに仕立て上げられた。
兵士との違いは、スポーツでトップになるという目標が違うだけである。

(5)プログラムではトラウマを与えられるが、これによって人格が「変えられ」る。この変化によって、置かれた環境に左右されない冷静な判断をすることができるようになる。これはコンピュータのスクリプトを実行しているようなものだ。
普通の人間であれば多くの群集の前では、あがってしまって、感情に左右され、目標に集中することが困難になるが、イルミナティのマインド・コントロールされた人はこれらの弱さは持たない。
それゆえ、タイガーは「プログラム」された同じ繰り返し行為をいつも実行することができ、ボールで驚くべきコンスタントな結果を残した。
人間と言うよりは機械で、人なら出すはずの感情を表に現さなかった。

(6)タイガーのプログラム。
グリーンの旗まで420ヤードのショット。
プログラムスクリプト:
1.角度XでYの強度で3番ウッドを使う。
2.XXインチにティーをセットする。
3.観衆に微笑みかけ手を振る。
4.ショットを取る。
5.クラブをキャディに渡す。
このようなプログラムが場面を想定していくつもあり、タイガーはこれを実行しているだけということでしょう

(7)タイガーはPGAツアーの「バーチャルリアリティ」のゴルフコースでプログラムされた可能性がある。

(8)タイガーはプログラムが解けてしまい修理不可能な「魔法の年齢」に達した。
このためイルミナティはタイガーが退場する教育的でもあり平凡でもある花道を作った。うそつき不倫亭主は人々を「アメリカ人はとても金持ちになると妻を騙すようなセックス狂の国民である」と思わせる。

元記事

(6)のあたりの英語が面白いのだけれど、その感じが伝えられませんでしたね。
この記事によると、タイガーの無期限休場はその言葉通りということですね。
posted by 狭依彦 at 23:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日 Tweet It!

ニューエージ異教徒

啓蒙主義についての内部告発:ニューエージ異教徒という疑惑

前提:ニューエイジ精神主義は大部分が個人から力を奪い、悪魔を正当化し、この次元のものではない存在による世界の支配に、道を開く。

これは論文の最初の書き出しです

残りは機械翻訳でね。

元記事

Googleの機械翻訳が変わりましたね。
どうせなら、もっと分かりやすい日本語にできるでしょうに。それはしていないようですね。たぶん、わざとでしょう。
posted by 狭依彦 at 22:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日 Tweet It!

オブライエンさんのメッセージ

選挙で誰を選ぶのか?
By Cathy O’Brien(キャシー・オブライエン)

ケネディの暗殺の後、わたしたちの政府を支配しているものたちは米国人すべてを支配下におさめましたが、9/11の悲劇は、彼らが支配力をさらに強めるために使った新たなトラウマでした。

Most recent efforts to further terror-eyes this nation to assure that sElections go through as planned are, for now, averted.
(アメリカの選挙結果がねじまげられている、ということでしょう

人々が、ようやく、真の現実の眼で見た真実に目覚め、魂の力を結集して、マインドコントロールを行い、戦争を挑発し、環境を破壊する影の政府に対して立ち上がれば、どんなに嬉しいことでしょう。

選挙とは、レーガン・ブッシュ政権で、ホワイトハウスや国防総省のレベルで自分が与えられた人たちにとっては、心配事ではなく、さらに考える必要もなかったことです。ジェラルド・フォードが大統領になって政権を担ってからは、選挙はずっとこの調子でした。政治の世論調査や、電子投票マシンと同様に、選挙は、怪しく、コントロールされ、選挙前から結果が決まっていることを国民が認識しない限りは、この操作は未来も続くでしょう。

元記事 機械翻訳

キャッシーさんの語った言葉だと思いますが、英語の部分、最近、英語の調子が悪いので自分の制限時間内に訳せませんでした。
posted by 狭依彦 at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日 Tweet It!

冷たい眼の女

非常に冷たい眼をした女性がイランを爆撃せよと言っている



(アイク)
最も退屈な「ディベート」の本拠地であるFox Newsでも最も退屈な「ディベート」。唯一の疑問は、これらの人々が、呼吸をするのを思い出すのに、どうやって脳の力を呼び起こしているかだ。


内容なんていいから、出てくる「美しい」女性を見ましょう。
ちなみに、このようなアーリア系の美女は、狭依彦は「怖い」「嫌い」です。
posted by 狭依彦 at 21:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日 Tweet It!

ハリウッド作戦

私が、大衆に、彼らの息子や娘を戦争の死に追いやろうとしているという事実を受け入れさせるには、戦争を賛美する必要があるだろう。歴史の不合理が大ヒット作品を邪魔するようなことにならないようにさせなければならないだろう。アメリカの軍隊映画と国防総省の癒着の話を、内輪で……

元記事
posted by 狭依彦 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日 Tweet It!

キャシー・オブラエン

アイクの本を読んだ人なら知る人ぞ知る、キャシー・オブラエンとオブラエンを救助したマーク・フィリップ。
オブラエンが語ったのは、ブッシュ、クリントンなど大物の出てくるスキャンダル。
なかなか、可愛い顔をしているじゃないですか。
この画像は、彼らがカナダでショーをやるコマーシャル。

CathyMark.jpg

このあたりが「アイクの情報」でのオブラエンの記事。
posted by 狭依彦 at 20:45 | Comment(11) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日 Tweet It!

ドラフト(徴兵制)

ドラフトは静かな戦争への、静かな武器である。

徴兵制という軍隊社会制度で行われる、人間の行動修正ほど、目覚しい効果があるものはないだろう。徴兵制などの制度の根本的な目的は、社会の若い男子に、脅しもからめて、政府は全能であるという反駁できない信念を植えつけることだ。若者はすぐに、祈りの言葉は、一発の弾丸が瞬時にもたらすことを覆すには、あまりに愚鈍なものだと知るだろう。それゆえ、18年の人生を宗教的環境のなかで訓練されてきた男子は、この徴兵制によって、打ちのめされ、数ヶ月もたたないうちに、幻想や妄想を拭い去られるのだ。この信念さえ植えつけられれば、他のことはどんなことでも簡単に植えつけられる。

若者の両親は彼を愛しているというけれど、死が待ち受ける戦争へ息子を送り出したくなるように仕向けられるだろう。その過程は若者の操作よりもっと興味深いものだ。社会と戦争システムをコンピュータで分析することによって、数理的な型を得ることが出来るが、それは、これらの戦争制度の要素を暴露することに寄与するであろう。

元記事
posted by 狭依彦 at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日 Tweet It!

販売されるMC

チップを埋め込めば、われわれは考えるだけで機械を操作できる。注文するだけで、腎臓や肺が実験室で作って盛られる。人を賢くしたり、創造性をもたせる錠剤。膚をこんがり焼いたような効果のある移植用皮膚、これで皮膚ガンの予防となる。これらの新発明は、今、開発中である。なかには、すでに、人体テストされているものもある。

元記事

アイクの見出し

マインド・コントロールの販売。

解釈すると、人間は死ぬことなく生き続け、死は別の次元もしくは存在に移行するだけのものである。その死を避けるために、肉体に改造を加える。その改造に使われる器官は、すべてマインド・コントロールをするための部品となる。というような意味でしょうか。(狭依彦)
posted by 狭依彦 at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日 Tweet It!

テレビCMの音量

読者の投稿

音を使った操縦

みなさん、こんにちは。

テレビを見ていて、コマーシャルの時にかなり音量が上がるのが気になりますが、みなさんはどうでしょうか。これは、視聴者が見たくても見たくなくてもどっちの状態でも、その注意を引くために計算してやっているのか、それとも、このことについての技術的説明が他にあるのでしょうか。善良な企業の人々がそんなことをするわけはないですよね?誰か教えて下さい!!!

Simon in London

アイクの答え

わざとやっている。テレビ局は長い間それを否定してきたけれど、効果を増すためにそれをやっていることは、今では、皆が認めていることだ。

(They do it on purpose, mate. They denied it for a long time, but it is so blatant it is now widely accepted that they do it to increase the impact.)
posted by 狭依彦 at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日 Tweet It!

キャシー・オブラエン

キャシー・オブラエンのインタビュー。

解説では、オブラエンの証言は真実なのか嘘なのか分らないとしている。

オブラエンのインタビューでは、

(1)オブラエンは子供時代から父親の幼児虐待に会っていた。

(2)5歳以下に虐待された子供は、特別な写真型の記憶を持ち、それをマインドコントロールに利用することができる。

(3)オブラエンはMKウルトラのマインドコントロール研究によって、上院議員や、大統領などが、所有者となり、セックスの虐待を受けていた。

(4)オブラエンは30代後半に、元CIAの関係者マーク・フイリップスによって救出された。フイリップスは人間だけでなく、動物虐待から動物を救った。

なかなか面白い記事ですが、内容を全訳するのもはばかられます。ご自分でお読みいただくか、翻訳も出ているはずです。

元記事のリンク。繋がらないこともありそうです。


http://www.parascope.com/articles/1196/obrien.htm
posted by 狭依彦 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日 Tweet It!

米、奇妙な特許権

アメリカ政府が取得した特許権

人間の脳波を遠隔地で受信して変更する方法とそれに使用する器具 記事

対象物から離れた場所で脳波を受信する方法と器具。その器具により、異なった周波数の電磁信号が対象物の脳に同時に伝達される。脳の中では、それらの信号が相互に干渉しあい、対象物の脳波によって変調された波形を生み出す。脳波の活動を表す干渉波形は脳から器具に返送されて、再び変調され増幅される。変調された波形はディスプレイに表示され、コンピュータ処理される。この変調された波形は、相殺する信号に変換され、脳に戻されると、脳の電気信号処理に意図する影響を与えることができる。

人間の行動を変える方法 記事

経験豊富な治療専門家は人間の行動を意図した通りに変えるこどができるが、それらの専門家なしで、人間の無意識をコントロールして、行動を制御する方法。専門家の治療の変わりに、被験者は画面に表示されるビデオプログラムを見せられる。プログラムによって、被験者がポジティブに生きてゆけるように、被験者の無意識に働きかけ、被験者の思考パターンを制御する。

アルファー波とシータ波が発生している状態を現出させ、人間がポジティブな感情を持てるようにするために、音とメッセージを創造するための方法。  記事

アルファー波とシータ波発生している状態にさせ、人間にポジティブな感情を持たせることによって学習効果を上げ、自己改革をさせるための方法がある。この方法は、最初のテンポが徐々に遅くなり最終のテンポになるような音楽を録音、それに、4語から8語の単語からなるフレーズを遅くなっていくテンポシンクロさせる。

ちょっと訳が分りにくいかもしれませんが、「ポジティブな」というところを「彼らが望むような」と変えると、マインドコントロールの方法になります。元記事は多分、政府の特許データベースだと思うのですが。登録者が政府かどうかははっきりしません。だたし、このような特許があることだけは確かです。

元記事へのリンク
posted by 狭依彦 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日 Tweet It!

ファイナルファンタジー7

RPGゲームファイナルファンタジー7は世界中で200万本も売れた。このゲームは9.11を予言しており、カバラ思想を詰め込み、人間と動物の犠牲を描いてた。これは陰謀結社の黒魔術だった。

ファイナルファンタジー7はShinra株式会社が造ったが、このShinraは日本語に訳すと神という意味になる。(ほんとうかな?

この後、いろいろな場面が解読されていますが、一度もやったことがないので翻訳不能です。

http://www.davidicke.com/icke/articles2005/gameessay.shtml
posted by 狭依彦 at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日 Tweet It!

キャシー・オブラエン

キャシー・オブラエンはアメリカで少女の頃から上流階級の性奴隷となっていた。30歳を過ぎて、始末されそうになったが、ある男に救われ、その後デーヴィド・アイクと知り合い、重要な証言をしている。

http://www.davidicke.com/icke/articles/slave.shtml

上記のURLをコピーして(右クリック=>ショートカットのコピー)

エキサイト翻訳 を開いて、翻訳URLに貼り付けして翻訳する。
posted by 狭依彦 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日 Tweet It!

ジョン・レノン

概説

ビートルズ現象は1960年代を席巻したが、JFKの暗殺と大きくかかわっているという。どちらもGSE(新世界秩序をもたらそうという秘密組織)が起したものだ。JFKの暗殺は、米国民を恐怖と怒りに巻き込むため、そして、ビートルズはその心を癒し、怒りに満ちた集合意識を解消すためのもので、これは大衆マインドコントロールの二面作戦である。

さて、ジョン・レノンは「自由に者を考える」男としてみなされていたが、実は、GSEにマインドコントロールされた人形であった。目的は、GSEの思想を世界に広めるため。レノンを直接コントロールしていたのはオノ・ヨーコである。(下で該当部分訳)

また、レノンを殺したマーク・デヴィッド・チャップマンは「熱狂的なファン」と言われているが、実は、これも暗殺のためにマインドコントロールされた人形であった。チャップマンはこの記事が書かれた年に仮出所している。マインドコントロールの根拠として、彼の『ライ麦畑でつかまえて』への病的な執着があげられている。

レノンは少年時代に、幼児虐待の被害者のような心の傷を受けており、それがマインドコントロールを容易にしたものだと思われる。

オノ・ヨーコ(訳)
Margie S.によると「ヨーコは母方の血筋は皇族につながり、父は日本の国際銀行帝国(日本でも同族支配である)の代表者である。ヨーコはアメリカのIVリーグのハーバードまたはエール大学を含む複数の有名大学で教育を受けている(ハーバード、その後サラ・ローレンス大学)。レノンへの影響力はビートルズのレノンへの影響が薄れてきた時に始まった」

(中略)

プレーボーイのインタビューによると、「オノは、(1)鋭い知性がある(2)、統一的な哲学を持ち、ある部分ではニュー・エイジ神秘主義の一派、また、過激なフェミニストである。」

http://www.hiddenmysteries.org/themagazine/vol12/articles/dr-boogie.shtml
posted by 狭依彦 at 23:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日 Tweet It!

幼児とビデオゲーム

 よちよち歩きの幼児のために設計され出荷されている教育用の対話型のビデオゲーム。宣伝文句では、それを使わないと大学に行けないなどというものもあるが、それらは本当に「教育的」か。
 しかし、小児科の精神病医は宣伝文句を否定します。よちよち歩きの幼児が、テレビの前で時間をあまりに過ごすと、後になって集中できないという問題が起こる警告し続けている。現代の技術の驚異的な進歩にもかかわらず、テレビを見る時間が、子供にとって重大な、人間対人間のスキンシップ代わりであってはならないと言います。
 数年間の研究に基づいて、グリーンスパンは、「2.5歳未満はテレビかビデオゲーム時間を持たない。2.5〜4歳は、1日当たり30分。4歳以上は45分」留めるべきだと主張する。

http://www.msnbc.msn.com/id/6640078/
posted by 狭依彦 at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月21日 Tweet It!

子供への抗うつ剤

子供に抗うつ剤(Eli Lilly Co's Prozac)が投与されることが多くなっている。
2000年から2002年で、イギリスでは前期に比較して68%増、ドイツは少なく13%、他の西洋諸国はその間。(日本は統計には入っていない

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=10000085&sid=ane8EiheeJmQ&refer=europe
posted by 狭依彦 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日 Tweet It!

9/17 リアリティ・カメラと黒幕

 日本でいうドッキリカメラ、本人に無断でカメラを向け、何か事をしかけて、本人の反応を見る番組は、実は、大衆が監視統制されていることに疑問を持たないような訓練である。
posted by 狭依彦 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日 Tweet It!

04/11 心への攻撃

1955年にロシア語で「洗脳」という本が出版された。これが、その後の世界の洗脳の技術の基本となった。
この洗脳技術は1900年代初期の「パブロフの犬」理論に基づいている。

現代の洗脳方法としては、「センシチヴイテい・コントロール」がある。これは、三段階に分れている。
(1)アンフリージング(解凍)−人の日常(習慣、思想、生活など)をすべて剥奪する。
(2)チェンジング(変更)−新しい態度を学ぶように仕向ける。
(3)リフリージング(再冷凍)(学んだ新しい態度を全人格に適用する。

ナチスのユダヤ人虐殺は忘れてはならない。ある文書には、「科学の発展に寄与するために、18歳から7歳までの子供の脳33個が搬送された」記録が残っている。
また、ナチスは、第二次大戦中に「浄化」と称して、35万人もの精神障害者を殺害したという。
ナチスも洗脳を行ったいたが、それに関わった精神科医のうち2/3は戦犯裁判で起訴をまぬがれて、仕事を再開したとのことである。
posted by 狭依彦 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。