2005年06月26日 Tweet It!

日本の警備ロボット

SFから出てきたようなアイデアだ。ロボットが銀行や店舗、事務所をパトロールして、侵入者から安全を確保する。綜合警備保障はカメラとセンサーを備えたGuardrobo D1を開発した。これは、あらかじめプログラムされた道筋をパトロールしてトラブルの兆候をチェックするというものだ。

ロボットの大きさは109CMで、侵入者、火事、水漏れなどをチェックして、人間の警備員に知られせるという。
同社では、既に商談を開始しているとのこと。値段は未定だ。

http://sg.news.yahoo.com/050623/3/3t4n0.html

この記事に対してのアイクのサイトのコメント

「どんな姿をしているのだろう」

city_people.jpg

記事には写真がついていないので、想像としてこの写真を載せたものだ。欧米人の日本人に対する感情だろう。


posted by 狭依彦 at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日 Tweet It!

アメリカ・大学生管理計画

 アメリカの教育省では、大学生の個人情報を収集することを考えている。計画の中には、大学内部で個人にバーコードを付けて識別に役立てようというものもあるという。
 この計画は賛否両論あるが、賛成の意見としては、国の奨学金が正しく使われているかモニターできるなどというものもある。

http://seattlepi.nwsource.com/opinion/228019_barcoded.asp
posted by 狭依彦 at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日 Tweet It!

シートベルト違反にハイテク機器

アメリカのMaryland州警察は、軍で使用している夜間に景色が明るく見える装置を使って、シートベルトの装着違反者を規制しようと計画したが、Robert Ehrlich知事はこのテストを却下した。

元記事

posted by 狭依彦 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英・監視カメラでガムポイ罰金

マンチェスターのPiccadilly Gardensでガムを路上に吐き捨てた男が、監視カメラの情報で逮捕され、50ポンドの罰金を食らった。監視カメラのオペレータが事件を発見、監視人に通報して、男は50ポンドの反則切符を切られたという。

これは政府が資金を出している環境整備のモデル事業の一環で、イギリスで3箇所の地域で行われている。イギリス国民はおおむねこの罰金を科すという環境整備の方法に賛成している。

元記事

posted by 狭依彦 at 09:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日 Tweet It!

ラスベガス

ラスベガスの空港に降り立ってから、空港から飛び立つまで、あなたは監視されている。

ラスベガス空港には、他のアメリカの空港に比べて3倍の監視カメラが設置されている。カメラがないのはホテルの部屋くらいだ。

タクシーには監視カメラが付けられているが、このデータはリアルタイムに処理されているのではなく、犯罪などの必要時にカメラからダウンロードすることになっているという。

カジノのセキュリティスタッフは胸または肩に監視カメラを仕込んでいる。これらのデータはモニター・ルームに送られて分析される。必要なら、警察などにも伝送されるようになっている。

元記事
posted by 狭依彦 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日 Tweet It!

長期失業者に電子タグ?

ドイツヘッセ州の司法長官Christean Wagnerは、先月、自分のウェブサイトに長期に渡って失業している人々に電子タグを取り付ける提案をした。規則正しい仕事に戻る機会を与えるためだという。しかし、人びとの非難で、「非難は事実を歪曲していて、この提案は『失業していたりドラッグの治療を受けている保釈中の犯罪者』に適用されるための提案である、と自分の意見を自己否定せざるを得なくなった。

Wagnerの政敵であるキリスト教民主党の一人は、Wagnerの提案を否定するのではなく、「長期に渡って失業している人々は、朝起きるのも遅く、ビールを何本も飲んでいるなど、怠惰な人びとが多い」としている。

元記事
posted by 狭依彦 at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日 Tweet It!

ニューヨークの性犯罪者衛星で監視

Westchester郡は、GPSシステムを使って性犯罪者の行動を監視する予定である。郡では、性犯罪者が侵入できないゾーン(学校、公園など)を作り、GPSで性犯罪者の行動を24時間監視して、侵入を防止する。他の州でも、導入したり、導入を検討しているところがある。

元記事
posted by 狭依彦 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日 Tweet It!

道路カメラを使ったスピード取締り

(イギリス)道路カメラを連携させて、住宅地などのスピード違反を取りしまろうという実験が行われている。ある道路カメラで捉えた画像を分析して、他の道路カメラと通信させて、2地点間のスピードを計算させ、違反があれば罰金を科そうというもの。

人権グループで反対している人もあるが、これまで取締りの難しかった住宅地の安全が守られるとのことで、賛成している人も多い。

元記事

日本の道路時間通知システムと同じ動作原理でしょう。そう、私たちは自由なのです。
posted by 狭依彦 at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日 Tweet It!

道路のスパイカメラは犯罪者だけでなく我々も監視している

STREETcam1.jpg

(イギリス)移動カメラの国内ネットワークは犯罪者を監視している。自動ナンバープレート認識カメラはデータベースと連動して、警察が追跡したい車を特定する。

警察による、このシステムをテスト導入してから犯人の検挙率が上がったという。政府はこのシステムを広く行き渡らせる予定である。

また、車に搭載されたカメラはナンバープレートをスキャンし、数秒の間にデータベースと照合するので、例えば、検問所では迅速な職務質問が可能となる。

元記事
posted by 狭依彦 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日 Tweet It!

こんなチップが埋め込まれる

ヘッドラインページの最初Verichipの写真があります。(だたしすぐ変わるかも知れない)

What David Icke and others have been
predicting all these years is now here.
Say 'NO' to the chip or say goodbye
to freedom of thought, emotion and movement.

アイクを含めた人々がここ何年か予言していたものがこれ(写真)だ。
思想、感情、行動の自由を守るために、チップに「ノー」もしくは「さよなら」と言おう。

最近チップのことがセキュリティ関係の話でよく報道されていますね。
きっと、ここ何年かで、チップを埋め込まれたらうれしいとかほっとしたとか感じる人が日本人の大多数になるのだろうな。
posted by 狭依彦 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日 Tweet It!

車に記録される情報

車の電子装置は、燃料を節約して、安全を改良するために加速と制動をモニターしている。今や、電子装置は、警察や自動車メーカーに、運転者の運転の仕方の情報を与えるようなデータをいくつか保存している。現在のところは、飛行機のフライトレコーダーのように、衝突の数秒前のデータを保存するだけだ。大部分はエアバッグが配備されたかどうか、または乗客がシートベルトを締めなどだったかどうかなどの簡単なデータを記録する。ところが、ゼネラル・モーターズからのほとんどの車とトヨタとホンダのフォードの一部の車はより詳しい情報さえ追跡する。ドライバーが乗り物とエンジン・スピードを入れて、加速したか、またはブレーキをかけていたかなどだ。

 今日では約3000万台の車にそのようなブラック・ボックスが搭載されている。これらのデータは、すでに、ドライバーを起訴するのに使用された(アメリカ)。また、このデータが市民の自由の制限のために悪用されることを心配する人たちもいる。

http://rense.com/general61/30m.htm
posted by 狭依彦 at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日 Tweet It!

04/09 イギリスの監視カメラ

 イギリス全土で使われてる監視カメラは420万台。平均的な英国人は一日に300台のカメラで監視されているという。
 カメラの画像を分析するソフトウエアも発達し、セルフサービスのガソリンスタンドなどでは料金を支払わずに逃げ去った車の番号も判明するという。また、カメラに写った人々の言葉を分析することも可能であるあるらしい。
 アテネのオリンピックでもイギリスが技術貸与して1000台以上のカメラのネットワークが監視していたらしい。
posted by 狭依彦 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/09 衣類に識別用タグが付けられている

RFIDニュース
 いくつかの有名メーカーの既製服には識別用ICタグが縫い付けられている。現在、図書館などで使われているゲートと同じように、ある種の店には、見えないゲートがつけられており、それでタグを読み取り、データを蓄積する計画である。
 また、企業はそのようなICタグを製品に埋め込んでも、消費者に知らせなければならない法的根拠はない。
posted by 狭依彦 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

04/10 FDA人間用ICチップを認可

AP
 米FDAは、医療用として人間の体に埋め込むICチップを認可した。これにより、医者は患者の病歴を即座に知ることができるようになる。
 このチップは、米粒ほどの大きさで、患者の腕の中に埋め込み、特殊なスキャナーで情報を読み出す。現在、犬に使われているものと同じである。埋め込み手術には20分ほどかかり、傷跡は残らない。チップ自体にはデータを残すのではなく、データ・ベースにデータを残し、それを読み取るための安全キーを記録しておく。
 最初の埋め込みコストは200ドルくらいになりそうである。チップの情報を読み取るスキャナーは600ドルであるがチップを販売する会社が、無料で医療センターなどに配布する計画もあるという。
posted by 狭依彦 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 監視社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。