2006年09月23日 Tweet It!

「悪魔」儀式で殺された羊たち

(イギリス)国立公園で羊たちがおぞましい「悪魔儀式」の犠牲になったことが続いている。警察は、この「悪魔崇拝者」を捜索している。昨年、英国デボン州のダートムーアでは百匹余りの動物が、舌、眼球、性器を切り取られた状態で殺されているのが見つかっている。死骸は首を折られて、床に悪魔の星の形に並べられているか、円の中に配列されて置かれている。

元記事

こんな遺跡があります
たぶん同じ岩と羊

ストーンサークルでしょうか

彗星と丘(たぶんこの地域)

ドルメンもあるんだ






posted by 狭依彦 at 21:17 | Comment(7) | TrackBack(1) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日 Tweet It!

ペンタゴンとシリウス

ペンタゴンの攻撃とイシス(シリウス)の儀式

次の段階ではオカルトの五角形と、五芒星形に隠された五角形の幾何学を認識することだ。五芒星は最も広範に使われるオカルトのシンボルで、Blazing Star(火炎星◆かんむり座 T 星の別名)としてフリーメーソンのロッジで見受けられる。また、さらにthe Order of the Eastern Star(東の星の序列?)である女性の羽のシンボルでもある。

スコティッシュライトの大棟梁であったアルバート・パイクはこの星の意味を隠そうとはしなかった。古代の占星学者は星の中にメーソンの偉大なシンボルがすべてあると見ていた。シリウスはBlazing Star(火炎星)としてわれわれのロッジで煌いている。−Albert Pike 33° (Morals and Dogma, page 486' )

元記事

背景関係がわかりませんがとりあえず訳しておきました。
posted by 狭依彦 at 22:08 | Comment(5) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日 Tweet It!

ボヘミアン・グルーブが姿をあらわした

ボヘミアン・グルーブはカリフォルニア州のソノマ・カウンティの森林静養所であり、2700エイカーの広さがある。ここは、一世紀以上も、カリフォルニアの大金持ちが集う場所であった。サンフランシスコのあるジャーナリスト夫婦によって1872年に創設された、秘密の男だけのクラブで、メンバーが誰かは秘密。これらのメンバーの主要な命令は、新聞記者などには語られることはなかった。このグループをめぐる秘密主義によって噂がたったが、それらは、ホモ・セクシュアルであるとか、悪魔主義や人身供養などの恐ろしい儀式が行われているなどである。

元記事

機械翻訳
posted by 狭依彦 at 21:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日 Tweet It!

666は元は616

聖書で獣の数字であった666は、元来616であった可能性がある。

3世紀にギリシャ語で書かれた新約聖書の写本の断片が残っている。これが現存する写本では最古のものである。この断片は1895年にエジプトの都市Oxyrhynchusの郊外のゴミ捨て場で発見されたが、退色して破壊が進んでいた。これを、最近、学者が新しい画像技術を使って解読した。

McGill University大学のEllen Aitken教授によると、反キリストを表す数字は616を象徴するギリシア文字で書かれていたという。

現在使われている聖書の元本は、このOxyrhynchusの写本より後代のものから訳されているので、写した時のミス、または、政治的または神学的な理由で666にされたものだろうという。

Aitken教授によると、学者はこの数字は悪魔とは関係がなく、誰かの名前を隠したギリシャ語の謎々のようなものと考えている。この666(616)はローマ皇帝ネロを表しているというのが、学者の多数意見であるという。

元記事
posted by 狭依彦 at 22:23 | Comment(4) | TrackBack(1) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日 Tweet It!

占星学、数秘学

イルミナてィは彼らの活動を占星学、数秘学やその他の秘教の技術によって統合している。最高のレベルでは、この幻想の「現実」世界は数学的な構築物であり、彼らは「われわれの現実」を数字、幾何学、音、周波数(これらの言葉の詳細な用法を含めて)を通して操作している。

原文
posted by 狭依彦 at 14:33 | Comment(19) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日 Tweet It!

クリントン・魔法使い

元FBIのエージェントGary Aldrichの本"Unlimited Access"で、ヒラリー・クリントンがホワイト・ハウスで飾り付けを行ったクリスマス・ツリーのことが書かれている。

魔術に詳しくない人は、ツリーに使われた飾りは、「ポルノ」的なものに溢れていると感じるだろうが、実は、それらの飾りには、イ○ミナティのオカルトの象徴が隠されている。

ヒラリーがそれらを飾り付けたのは、ホワイト・ハウスがイ○ミナティのオカルティストによって支配下に置かれていることを、仲間の魔術使いに知らせるためである。

クリントンはルシファー・イルミニストである。ルシファー・イルミニストはサタニストを軽蔑の目を持って見下している。サタニストは動物を犠牲にして動物からエネルギーを得ているが、ルシファー・イルミニストは、人間を犠牲にして、人間からエネルギーを得ているからだ。

ビル・クリントンは何人かの女性に性器を口で奉仕させたと非難されたが、これは、魔術主義者の儀式に、口で性器に触れる儀式があることによる。

オカルト主義者はアダムの最初の妻はリリス(Lilith)であると信じている。リリスはヘブライの女悪魔だと考えられていたが、実はリリスは魔法使いで、アダムに魔術を教えたのはこのリリスである。リリスはどんな民族にも見られる。彼女は、白黒半々のイメージで描かれる。このリリスの像をヒラリーはクリスマス・ツリーに飾っていた。

ビル・クリントンが42代の大統領であったことも象徴的である。42というのは、反キリストとその王国を表す聖書の数である。


元記事  面白い画像があります
posted by 狭依彦 at 13:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日 Tweet It!

標準時24時間ピッタリへ

アメリカは国際標準時をきっかり24時間にするような提案を国連に提出した。

現在の時間システムは、何年かに一度、時計に秒を追加しなければならない。秒は年末と年始の間に追加され、最近ではその処置は1998年に行われた。

現在のコンピュータ時代では、コンピュータの時計を直すことが問題となる。また、時計の狂いによる、コンピュータの誤動作も懸念されるため、アメリカは24時間の提案をした。

天文学者はそれに対して、望遠鏡などの施設を修正するために大金がかかるため反対している。

現在の時間は地球と同期しているが、きっかり24時間になると、地球と時間の関係は失われることになる。

英国も、グリニッジ標準時が自分の国にあるなど歴史的理由で反対している。

元記事

アイクは、太陽暦により人間を月のサイクルから切り離したのは、陰謀の一つであると言っている。
posted by 狭依彦 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日 Tweet It!

ミケランジェロの絵に隠された臓器

ブラジルの外科医がシステイナ礼拝堂に書かれているミケランジェロの絵から、人間の臓器を発見した。天井画38のうちで、34の内臓を発見したという。これまで、発見されなかったのは、人間の内臓に関する医学の知識がある者が、そのつもりで絵を見ることがなかったからだという。

15年くらい前にも、アメリカの医学者がシステイナ礼拝堂の別の絵が、人間の脳の横断面だと指摘したことがあった。この学者は、ミケランジェロは神がアダムに魂を与えたことと、人類に対する知性という神聖な贈り物とを同一視していると言っている。

元記事

元記事の左側の小さな写真をクリックすると、絵と内臓の関係を説明した画像が見られます。
posted by 狭依彦 at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日 Tweet It!

シンボル(続き)

前にあげたシンボルのPart1では、次のシンボルがとりあげられています。

1. Masonic-Symbols
2. Eternal-Flame
3. Prometheus-Greek-God
4. Statue-of-Liberty-NYC-Paris
5. Kennedy-Dealey-Plaza
6. Eternal-Flames-Memorials
7. Olympic-Torch
8. Great-Pyramid
9. Dealey-Plaza-Map
10. US-Note11. US-Seal
12. US-Eagle
13. Janus-the-God
14. Janus-Eagle
15. New-World-Order
16. Adam-Weishaupt
17. MI-518. Paris-Obelisk-&-Denver-Dome
19. Cleopatras-Needle
20. Sphinx-London
21. Obelisks
22. Dome-of-the-Rock
23. St-Pauls--The-Pantheon
24. Capitol-Building-Washington-DC
25. St-Peters--St.Pauls
26. Millennium-Dome

上の中で、2の永遠の炎というのは、自由の女神が捧げているアレです。これは、○リーメーソンのシンボルで、これがあるところ、事件などは○リーメーソン(○ミナティ)が起こしたのを宣言しているようなものだとこのことです。

例えば、5はケネディが暗殺された場所ですが、ここはピラミッド型の象徴の場所となっていて、ケネディが暗殺された後、象徴のオベリスクが建てられ、その上に永遠の炎があるそうです。

また、ダイアナ妃が事故死した(暗殺された)場所にも、永遠の炎があるそうです。

それが、オリンピックのトーチと同じ、ということは・・・・

10番のピラミッドとすべてを見通す目が1ドル札についているというのは有名な話でしょう。これは、ニューデール政策のフランクリン・ルーズベルト大統領が1933年に付けさせたとのことです。

この文章は翻訳ではありません。Web管理者の説明です。
posted by 狭依彦 at 22:42 | Comment(5) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日 Tweet It!

シンボリズム

アイクのサイトのレギュラー記事です。
リンクをクリックしてページを表示したら、画面下部のコンボボックスで選択してください。
ここで紹介しているのは、1. Masonic-Symbols。
その画像の説明文です。


http://www.davidicke.net/symbolism/jclicker/series1.html

情報伝達の暗号

秘密結社のイニシエーションでは、いつでも、情報伝達の暗号が使われる。暗号は、ある種の文句、単語、奇妙な握手のやりかたや象徴が使われる。

人々を日常的に取り巻いている一連のブラザーフッドの象徴も、秘密の言語から来ている。ブラザーフッドは、その爬虫類の脳のため、儀式や象徴にこだわっている。これは、どれだけ強調しても足りないだろう。それらを追跡して解読する方法もある。


原文
posted by 狭依彦 at 08:51 | Comment(6) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日 Tweet It!

英国・黒人少年の儀式殺人

英国警察は2001年に7月から9月の3ヶ月間で、4歳から7歳までの黒人の子供が300人も行方不明となっている、子供たちは学校の帰りにいなくなりその中の3名だけが発見されている、と発表した。

これらの数字が発表されるようになったのは、2001年9月にテムズ川で少年の胴体が発見されたため、その捜査のためだ。この少年は警察ではアダムと仮の名をつけられ、ナイジェリア出身であるところまでは突き止められたが、それ以外のことは不明である。少年は、儀式殺人によって殺されたと考えられている。

また、一年間では行方不明の少年少女は数千人になると危惧されている。警察で、追跡調査をすると、ほとんどの場合、「アフリカに帰った」という返事があるが、インターポールに調査を依頼すると、その後の行方がつかめないという。

元記事

アイクのサイトのコメント

* Zulu shaman Credo Mutwa was visited by British detectives investigating the ritual sacrifice and mutilation of the boy in London mentioned in the above story in 2001. Only the torso was found. They said their inquiries led them to believe it was done by people from South Africa and that the boy was from there, too. No, said Credo, the way the sacrifice was performed meant the people involved came from West Africa, somewhere like Nigeria. It was later confirmed that the boy was from Nigeria.

英国の刑事が、この記事に書かれていることに関して、2001年にシャーマンのクレド・ムタワを訪問して、殺された少年に関する儀式殺人と身体切断について尋ねている。胴体だけが発見されたのだ。刑事たちは、捜査の結果、残虐行為は南アフリカの人間によって行われ、被害者も南アフリカ出身だと考えている。クレドはそれに異議を唱え、この儀式の方法から見ると、犯人はナイジェリアのような西アフリカから来たと言っている。後に、その被害者の少年はナイジェリア出身であると判明した。
posted by 狭依彦 at 08:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日 Tweet It!

私たちを取り巻く幻影

この記事は長いのでエッセンスだけ箇条書きであげます。
(1)アメリカ人は脂肪の摂取を減らして、健康のために水素添加された脂肪を摂取するようになったが、かえって心臓病への危険が増している。水素添加された脂肪と水素添加された植物油は今では、いくつかのガンや心臓病と結び付けられている。

(2)特に携帯電話とその固定アンテナに顕著に見られるが、磁場と電気の放射は、短波のエネルギーと周波数を使っていて、大きな懸念である。携帯電話が使っている周波数は、ロシア人が1970年代の初期にアメリカ大使館に対して行ったサイキックワー(心理攻撃)と同じ周波数である。吾々は、手に携帯電話を持つ、つまり脳に携帯電話を近づけることを勧められている。これは、短波でマインドコントロールを行おうという者たちにとっては、素晴らしいマーケティング計画である。

(3)原子の99.9パーセントが空間であるなら、原子で作られている人間も99.9パーセントは空間である。

(4)太陽のエネルギーは動的である。しかし、地球の大気によって熱と光に変換される。つまり、大気にふくまれる水自体が熱と光を含んでいると言える。
Living Energies by Callum Coats 著者 Viktor Schauberger

(5)Living Energies by Callum Coats にJ.チャーチワードの「失われた大陸ムー」を引用しているところがある。
「光は大気中に含まれていた。太陽の光線は大気中の光線と出会い、光を生む。このようにして、地球を包む光が存在する。熱も大気中に含まれる。そして、太陽光線が大気中の熱と出会い、生命を生み出す。このようにして、地球の表面をつつむ熱が存在する。」

(6)バーコード
バーコードはネガティブなエネルギーを放射している。これは食物や環境に影響を及ぼしている。
 すべてのバーコードに獣の数字である666が含まれていることが検証されている。これは、最初、中間、最後の二本の長い線である。

barcode.gif

(7)バーコードの666と関連するが、6.66ヘルツという周波数は特殊な脳の周波数と一致する。これは、人間に、抑鬱と自殺願望を与える周波数である。

http://www.equilibra.uk.com/illusion.shtml
posted by 狭依彦 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日 Tweet It!

冬至のウソ

 現代の既成宗教の神話は、みな、古代の「太陽神話」の焼き直しだ。そして、支配者の意識を反映している。
 キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は、みな、剣によって愛を広めるという、「高処」からの命令がある。これらの宗教の聖典には、戦い、征服という暴力的イメージに満ち充ちており、もしドグマを広められないと永遠の罰を与える警告に脅されている。
 キリストの誕生日−クリスマスも、ただの冬至の日なのである。なぜ、この日が選ばれたというと、ほとんどの救世主が12月にバージンから生れたからだ。
 冬至を祝う意味があるとすると、この日を境に、死にかけていた太陽が生き返るということだ。これは、存在の偉大な輪の上での舞踏−古代からずっと繰り返されたものである。

http://www.unlearning.org/editor54.htm
posted by 狭依彦 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。