2007年07月26日 Tweet It!

エイズとマイクロチップ

インドネシアのPapuaでHIVキャリアにマイクロチップを埋め込むことが検討されている

インドネシアのPapuaの議員がHIVキャリアの人に密かにマイクロチップを埋め込み、その行動を監視し、他の人に感染させるのを防ごうとしている。これはある医者の言葉だ。

その医者はJohn Manangsangと言い、Papuaの地方議会で新しい健康規則の草案を作る手伝いをしているが、ウイルスと戦うには、「一般的でない」方法が必要だと語った。

元記事

HIVとマイクロチップ。そうなるでしょうね……


posted by 狭依彦 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日 Tweet It!

マイクロチップの真の目的

アイクが今月、アメリカのラジオ番組に電話で出演した時の録音をMP3にとってリスニングの練習をしています。

そこで、マイクロチップ埋め込みの真の目的が話されていましたので紹介しましょう。

前提
人間は無限の力を持っているがほとんどの人がそれを忘れている。
これから、やってくる時代は、人間の周波数が上がり、無限の意識(神)とコンタクトがとりやすくなる。その兆候が、ある人たちには既に現れている。

しかし、人間を管理している人々は、人間が自分の力を知り、無限の意識とコンタクトをして欲しくないので、そうならないようにしている。

マイクロチップは人間にIDを付けて管理する目的はある。
しかし、真の目的は、人間の肉体の電気・化学的なプロセスを管理して、無限の意識と交信できないようにすることだ。

フッ素、アスパルテームや食品添加物、また、携帯電話の電波も同じ目的だ。脳細胞を興奮させ、正しく働かない(正しいとは無限の意識と交信出来る状態)ようにする。

ということで、フッ素についての貴重な指摘が、次の記事のコメントにあります。一読を!

http://icke.seesaa.net/article/42803400.html
posted by 狭依彦 at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日 Tweet It!

チップ禁止の請願

イギリス政府に対して、人間へのマイクロチップ埋め込みを禁止するように願う、請願

サイン

事態はここまで来ているのでしょうか?私はサインはしていません。悪しからず。
posted by 狭依彦 at 22:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日 Tweet It!

英国・患者データベース

(英国)
ガーディアン誌が調査を行ったところでは、英国政府は、開業医に、患者の記録を、新設する国のデータベースに自働的に入れるようにせよという命令を出したが、約半分の医者はその命令に反抗しようとしている。しかし、それらの医者たちは、反抗すれば自分が安全ではないというプレッシャーを感じているという。現在作られているデータベースは「Spine」と言い、約5000万人の患者の情報を記録できる。調査結果は、開業医たちがこのデータベースにアクセスすることに多大な疑念を持っていることを示している。データベース上の個人情報が、ハッカー、賄賂、恐喝に対して漏らされるのではのではないかという懸念である。

元記事


IDタグ、マイクロチップとデータベース上の情報とは対になっていますからね。データベースの整備はマイクロチップ埋め込みがそこに迫っているという信号でしょう。

アイクが言っていることで、マイクロチップの埋め込みは、まったく疑問を持たず、「そうに違いない」と思ってしまいましたし、今も、絶対に「ある」と信じています。それほど、確固とした証拠はないのですがね……

犯罪者のDNAを集めるのも英国が先駆けだったと思うけど、世論で問題となっていたようです。日本ではどうだっただろう?何回か報道された?
この医療記録データベースも、導入済み(ってことはないか)、検討されている、または、将来導入されるだろうけど、どれくらい問題にされるのかな?
密かに、粛々と、報道されても誰も興味を示さない……というところでしょうか?
posted by 狭依彦 at 07:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日 Tweet It!

マイクロチップ

アイクのニュースレターより

ここ十年のうちに、世界では多くの人々がマイクロチップを埋め込む方向へ向かうと、今週、公式的に発表された。これは重大な分岐路に来たということだ。ここで示されている10年間というのは、最大限に楽観的なところだ。もし、吾々がトランス状態から今すぐ目覚めないなら、10年なんて言っていられない。とくに重要なのは、人間にバーコードをつけるという可能性が、秘密裏にではなく、主流で議論されているということだ。

十数年前に、私が、世界は人々にマイクロチップを埋め込むと示唆した時、大笑いされたのを思い出すと昔日の感がする。

今週、英国のInformation Commissioner(狭依彦:情報関係の偉い人だろう)のRichard Thomasは、ある監視技術の使用について公式に発表した。その報告書では、その技術によって、人々が、「ペットの犬」のように、マイクロチップを強制的に埋め込まれ、行動を追跡され、個人情報を蓄積されるかもしれないと警告している。もちろん、蓄積された個人情報はチップ・リーダーの所有者にはもはや個人情報ではないのだが……
posted by 狭依彦 at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日 Tweet It!

整骨療法士とマイクロチップ

今週ラスベガスで「数十人の人たち」が整骨療法の医学大会でヴェリチップのマイクロチップを埋め込んだらしい。この話は、おかしい。整骨療法家というのは、人を整理番号で管理されるサイボーグにしようと考えるような人たちではなさそうだからだ。しかし、いくつかのおかしな話がまだある。例えば、Las Vegas News 3の記者のSteve CrupiやNina Radetichがチップ埋め込みに対して、熱狂的に支持している様子がみてとれたことなどだ。

元記事

東洋医学の施療者(医者)が、大会で、数十人の単位(たぶん出席者のかなりの%)マイクロチップを埋め込んだということでしょうか。
携帯電話のエンスージアズムからして、早い時期に埋め込まれるだろうと考えられる日本でも、静かに進行中だったりして。まあ、「強制的」ではなく、「自主的」に埋め込むようになると思われますが……
posted by 狭依彦 at 07:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日 Tweet It!

マイクロチップと大型ゴミ箱

アイクのニュースレターより

……奴隷状態へ連れてゆくハメルンの笛吹き

pied_p.jpg

今週のアイクのニュースレターはマイクロチップを埋め込まれた「車輪付き大型ゴミ箱」論争の深い意味について考えている。

wheeliebin.gif

「あんたはいつも見張られている……」

この考えは、監視をして、生活の多くの部分を支配しようというものだ。われわれは制服組やダークスーツを着た者達(警察など)によって強制されるのでなくても、その支配にいやいや従うのだ。真の目的は人々を卑屈でロボット的にして、現在では終わりのない形で行われている牛の一突き(狭依彦:人々の反抗)をほとんど不必要にしてしまうことだ。ただ服従することに何の疑問も感じないということだけが、羊を囲いの中に閉じ込めてしまうのだ。

彼らが使っている原理は、研究室のマウスやラットに使われているものと同じだ。マウスに対して、人が迷路で通っては欲しくないルートがある場合には、マウスにショックを与え続ける。ついには、マウスは、ショックを与えられなくてもそのルートを避けるようになるのだ。

labmi.jpg

笛吹きの後ろについていっている人たち、楽しそうじゃあ〜りませんか!
楽しければ、楽しくされあれば、それでいいんじゃないだろうか?
posted by 狭依彦 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日 Tweet It!

FDAチップ注射認可

米FDA(食品医薬品局)はマイクロチップの患者への注射を認可した。

元記事
posted by 狭依彦 at 07:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日 Tweet It!

脳にチップを

アメリカの軍事専門家は脳にマイクロチップを埋め込んで、賢い「超兵士」を作ろうとしている。

チップを埋め込むことによって、兵士の記憶力が増し、訓練を受けた細部まで思い出すことが出来て、より優れた戦士になるだろう。南カリファルニアの研究者がすでにチップを開発しており、そのチップは脳内で記憶を司る海馬のような働きをする。

実験では、研究チームは死んだラットの脳の一部を除去し、代わりにチップを埋め込んだ。チップは、実際に脳で流れているのと同じ電気信号を送った。実験の次の段階は、生きた動物で試すことである。これが成功すると、いつか、実物の兵士を使って研究が行われることになる。

元記事は www.news.com.au より
posted by 狭依彦 at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日 Tweet It!

犬猫チップ強制へ

(オーストラリア)ヴィクトリア州では犬と猫にマイクロチップを埋め込むことが強制となり、政府の取締りが行われることになる。2007年度より、ペットの飼い主は犬や猫にマイクロチップを埋め込む義務が発生し、守らないと最高500ドルの罰金を課せられる。ペットショップ、ブリーダー、パウンド、動物保護施設などでは、犬猫を販売する前にマイクロチップを埋め込まないと、1000ドルの罰金を課せられる。

元記事
posted by 狭依彦 at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日 Tweet It!

マイクロチップ・アジェンダ

マイクロチップ全員埋め込みまでのアジェンダ

埋め込みは、段階を経て、徐々に進める。

(1)家畜のタグとして使用
 家畜管理用のタグは、耳に金属のプレートをつけるなどしていたが、マイクロチップの方がGPSを使えるなど利点が多い。

(2)家庭のペットに使用
 ペットが行方不明になったり、盗まれたりすることを防止できる。ほとんどの人がそうすることに抵抗感を抱かない。

(3)仮出所の犯罪者
 GPSで位置をつかめる。最初は、リストバンドのような発信機を使う。徐々にマイクロチップを使う。反対する人はほとんどいないだろう。

(4)Megan's Law(ミーガン法 性犯罪者の犠牲になった少女の名から)
 性犯罪者のチェックのために使う。
 性犯罪者のデータベースをデータベースがある。このデータベースを使って、性犯罪者にはバイアグラを売らないという措置をしていたが、今年になって政府はこの措置を取り下げた。
 性犯罪者の行為は、マイクロチップを拡大するためには有効な理由となるから、バイアグラも売るようにしたのだろう。

(5)アルツハイマーの患者や心神喪失者
 GPSによって居所をつかめる。患者が事故にあう危険を避けることができる。家族の介護の役にもたつ。

(6)子供(保護と誘拐防止)
 アメリカでは年間に5.8万人の子供が行方不明になっているという。
 これも反対する保護者は少ないだろう。
 また、前保健局長トニー・トンプソンはチップモービルというロックスターのバスのようなキャラバンを組んで学校を回り、チップを埋め込むことの有効性を宣伝して回っている。
 子供達に、チップを埋め込むことはカッコいいことだと刷り込もうとしている。

(7)全ての大人
 町ひとつが蒸発して消えうせるような大規模なニセテロを起こして、埋め込みその対策とする。命令に反対するものはいなくなるだろう。

 大規模な宣伝によって、チップはステータスとなり、はやりのファッションとなるだろう。人々はチップの便利さと、セキュリティを守るIDとして自主的に埋め込むものが多いだろう。チップを埋め込んだ人が、近所や家族から羨ましがられる時代が来る。そして、自主的の後は、大規模テロで全員強制。

****

 チップ埋め込みアジェンダについて最初に触れたのはデーヴィッド・アイクで1994年の「ロボットの反乱」で触れている。このときは埋め込みチップはまだ開発されていなかった。
 1996年に出たTexe Marisの「L.U.C.I.D計画」は詳しく取り上げている。

****

 アメリカの動物への埋め込みパンフレットの文面

 愛犬が居なくなったり盗まれたりするのではと心配されているあなた、いくつもネーム板を付ける必要がありますね。子犬を買って帰る途中で、行きつけの獣医のところに寄って、マイクロチップのような一生もののIDを付けたらどうでしょうか。安心しますよ。それに、チップを埋め込めば、健康管理や、将来の予防注射の予約なども簡単にできるようになります。あなたの住んでいる地域でマイクロ・チップサービスが利用可能であれば、あなたの愛犬は唯一の番号を与えられ、国の登録を受けます。愛犬がシェルターや獣医などのところに現われたら、スキャンすることによって、即座に、登録情報が分かり、あなたのところに電話がかかるという仕組みです。

 マイクロ・チップの埋め込みは霊性に影響を与えようとするものである。動物にも霊魂があることを忘れているのだろうか。

元記事

この記事は私が感じていたのと同じです。チップ埋め込みはステータスとファッションになるでしょう。人々は、喜んでチップを埋め込むようになるのです。
posted by 狭依彦 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日 Tweet It!

マイクロチップの現状

米国の、元公共医療サービス大臣のトミー・トンプスンは自分の腕にもマイクロチップを埋め込み、自分の会社の医療用情報チップの宣伝を目論んでいる。

このチップはフロリダのヴェリ・チップによって製造されており、米粒ほどの大きさで、16桁のIDコードが記録されている。これを病院でスキャンして、そのコードをもとに医療情報のデータ・ベースから情報を取り出すわけだ。

現在、世界中で2000が埋め込まれており、米国では2つの病院がスキャナーを装備している。チップは昨年FDA(米食品医薬品局◆厚生省の一局で、食料品、医薬品、化粧品の検査や取り締まり、認可などを行う)の認可も受けた。

現在までに、メキシコでは1000名以上の患者に医療用チップが埋め込まれている。また、メキシコの法務省では機密データのアクセスのため200名近くの職員にチップを埋め込んでいる。

スペインバルセロナのBaja Beach Clubでは、VIP室に入るためには、チップを埋め込まなければならないようになっている。ここでチップを埋め込む人は、看護婦によって注射でチップを埋めてもらうということだ。

医療用などIDのためにチップを埋め込んだとしても、個人情報を処理するデータ・ベースの技術は完成しているので、チップを埋め込むことにより、それ以外の様々な個人情報をデータ・ベースに蓄えられることになる。
posted by 狭依彦 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日 Tweet It!

爪に個人情報記録

日本の研究者−Hayasaki Yoshio氏とその同僚−が1000兆分の1秒のレーザーパルスを使って、人間の爪にデータを書き込むことに成功した。この日本の研究のおかげで、文字通り爪にデータを安定した形で記録することが出来るようになるのも、遠い将来のことではないだろう。 記録能力は5メガビットまでで、記録されたデータは6ヶ月間保たれる。これは、爪が完全に新しいものと置き換わる期間である。

追加

アイクは、マイクロチップは個人の認証の他に、人間の霊性が目覚めないようにコントロールする働きがあると言っている。

まだ、爪の方がまし?ただし、6ヶ月に1回ずつ、お役所に出頭して書き換えてもらわなければならない。
posted by 狭依彦 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日 Tweet It!

マイクチップシステムの歴史

人間を管理するシステムは、ヒットラーの時代から、ヒットラーとIBMが共同で開発していた。

そのシステムが進化したものが、マイクロチップを埋め込むシステムで使われる。

翻訳

原文
posted by 狭依彦 at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日 Tweet It!

ICタグチップテスト使用へ

FASCIST AMERICA ...
MICROCHIPPED BY LAW GETS CLOSER AND CLOSER SAY NO TO THE CHIP!

ファシストアメリカ
マイクロチップが法律で義務付けられる日が近い。チップにNOと言おう。

"The U.S. Department of Homeland Security (DHS) will use RFID chips on a trial basis to track the arrival and return of visitors from abroad. The testing phase, which will begin this spring and is expected to last one year, will occur at selected points of entry across the U.S., and it will complement the current U.S.-VISIT scheme."

国土安全保障省(DHS)は、海外からの旅行者の入国と出国をチェックするために、ICタグチップを試用する予定だ。テストは今春に始まり一年間続くようだが、国内の入国施設の中の一部で使用され、現在の米国の外国人管理システムを補強することになる。

本文にいろいろと技術的・法律的なことが書かれています。翻訳でどうぞ。また、ヘッドラインの写真がなかなかいいので見てください。

http://www.technewsworld.com/story/40203.html

上記のURLをコピーして(右クリック=>ショートカットのコピー)

エキサイト翻訳 を開いて、翻訳URLに貼り付けして翻訳する。
posted by 狭依彦 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日 Tweet It!

マイクロソフトと電子IDカード

マイクロソフトのベルギーの子会社が電子IDカードを使ったシステムの研究事業を開始した。同社は電子IDカードを自働的に認証するシステムを次世代のMSNメッセンジャーに組み込む予定だ。これに対応して、ベルギー政府は、12歳以上の国民すべてに電子IDカードを配布する事業に着手した。

現在のところ、電子IDカードシステムはMSNメッセンジャーだけに特化したもので、他のプログラムに対応させる予定はないとのこと。

マイクロソフトは、この事業は、将来、他国で同様のシステムを導入するパイロット事業であるとのこと。

マイクロソフト+ベルギー=マイクロチップ?

http://www.eweek.com/article2/0%2C1759%2C1759019%2C00.asp
posted by 狭依彦 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日 Tweet It!

マイクロチップ

この記事へのリンク
 デーヴィッド・アイクは、15年にわたって、「人体に埋め込むマイクロチップは国際人工衛星システムと共に使われる」と言ってきたが、それが実現しそうだ。チェップメーカーが人工衛星管理業者と事業契約を交わしたのだ。

http://www.orbcomm.com/wwwroot/public/news/readNewsArticle..jsp?ARTICLE_ID=12

上記のURLをコピーして(右クリック=>ショートカットのコピー)

エキサイト翻訳 を開いて、翻訳URLに貼り付けして翻訳する。
posted by 狭依彦 at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロチップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。