2009年04月28日 Tweet It!

バクスター社ワクチン開発へ

Tuesday, 28 April 2009

バクスター社が鳥インフルのスキャンダルにもかかわらず、豚インフルのワクチンを開発する

致死性のある鳥インフルのウイルス混入のワクチンで、数週間前に、スキャンダルを起こしたアメリカの薬品会社が、メキシコの豚インフルのワクチンを製造する会社に指定された。
バクスター社は先週末にかけて以下のことを確認した。
豚インフルウイルスはメキシコで多くの死者を出し、米国にも脅威となっているといわれているが、同社はWHOに協力してそれを食い止めるためのワクチンを作ろうとしているという。

元記事

このカテゴリーにバクスターのスキャンダル記事あります。

他の記事にありましたが、株の違うインフルに合わないワクチンを使うのは危険らしいです。
効果がないのは当然であるし、人体内で、そのワクチンとウイルスが反応して変異する恐れがあるということです。
ちょっと英語で読んだだけなので、自分の理解が合っているか自信がありませんが、もしそうなら、やっぱり、鳥インフルを人体内でも変異させることができなかったので、豚を使ったか……

疑問。なぜ、WHOではタミフルが豚インフルに効くって分かるんですかね?
医学的に、専門的すぎて、一般人では理解できないんでしょうか?


posted by 狭依彦 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコ当局隠蔽疑惑

Tuesday, 28 April 2009

メキシコ当局が初期に豚インフルエンザを隠蔽したと非難される

Mexico National Institute of HealthのAntonio Chavez博士は、呼吸器疾患の専門家であるが、メキシコ・シティでその問題に対処するのに苦労していて、パニックに陥っていたと語った。
他の医者は初期段階で、医療関係者が死亡証明書に死の原因を書かないように言われたと言っている。

元記事
posted by 狭依彦 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴアの企業フルー投資

Monday, 27 April 2009

アル・ゴアのベンチャー企業が豚インフルエンザで巨大な利益を(ドナルド・ラムズフェルドも同じ)

アル・ゴアにとってはまた給料日がやってきた。ゴア氏のベンチャー企業は、温暖化警告のお金儲けと同時に、豚インフルエンザワクチンにも巨額を投資しているからだ。

(狭依彦)
WHOの話では、ウイルスはタミフルが効きそうに見える。しかし、旧来のアマンタジンなどは効かないだろうという。

元記事

タミフルが効くと言っているのはWHOらしいですね。確認。
posted by 狭依彦 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ虫

Monday, 27 April 2009

2005年までの4年間で、アメリカでは40人の微生物研究者がなくなっている。すべてが、不審な状況下での死であった。死んだ研究者はすべて政府、政府の請負業者に勤務していて、バイオテロリズム、インフルエンザ伝染病、炭疽病に関係するプロジェクトに籍を置いていたと見る人もある。
あきらかに、研究者たちは何かに関する治療法を探そうとしていたわけではないだろうし、もし、そうなら口を防ぐ必要もなかったはずだ。

アメリカ政府が奇妙な研究をしていたことが分かっている。そこには、1918年のスペイン風邪の死者の遺体を掘り返すこと、インフルエンザウイルスを遺伝子操作することがあったようだ。

元記事
posted by 狭依彦 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米衛生緊急事態宣言

Monday, 27 April 2009

米国土安全保障省は「公衆衛生上の緊急事態」を宣言−20以上のインフルエンザのケースに

NHKニュース

(ニュースは一般的なもので、NHKのもの参照)

(狭依彦選択)

(1)アメリカの専門家は、より多くの感染ケースを予測しているが、現在では、ほぼ全部が、症状が軽いもので、アメリカ国民はパニックになる必要はないと語った。

(2)緊急事態の宣言により、米政府は自由にお金を使えるようになり、子供たちに未承認試験と薬を与えることができるようになる。

(3)日曜日の夜の段階で、アメリカでは豚インフルエンザの死者はなく、1名が入院しただけ

(4)カナダでの発生も、メキシコと関係している。症状は重くない。

(5)CDCによると、1918年のスペイン風邪では、H1N1亜種のウイルスは、世界の15億人の人々のうち5億人の人々に感染した。そのうち、5000万人が死亡した。
もし、当時、対インフルエンザ薬、抗生物質、人工呼吸器などがあったら、多くの人が助かっただろうという。

元記事

記事がちょっと古いですが、アメリカではパニックになっていることもなく国民は平静らしいです。
(5)の内容を読むと、それほどビビルことはないのかも知れません。
posted by 狭依彦 at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日 Tweet It!

スペイン風邪紛失か?

Fort Detrickのウイルスサンプルが紛失の可能性

軍の犯罪調査官がFort Detrickの生物研究所からウイルスサンプルが行方不明になっている可能性を調査している。
今日のFrederick News-Post誌でコラムニストのKatherine Heerbrandtの記事によると、この調査官たちはFort Meadeの軍犯罪調査部の所属であるという。

Fort MeadeのスポークスマンChad Jones氏の話では、CIDは米軍感染症医学研究会(MRI)からウイルスのサンプルが紛失している可能性について調査しているという。

元記事

ちなみに、1918年からのスペイン風邪は日本でも猛威を振るいました。
でも、衛生状況が違うので、一緒のウイルスだとしたら、そこまでは被害は大きくならなのでは。
狭依彦「うろー」より
posted by 狭依彦 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スミスフィールド食品会社

メキシコの豚インフルエンザはアメリカ所有の豚飼育農場が発生地であろう

最近メキシコで起こった豚インフルエンザのアウト・ブレイクはGranjas農場(aka Carroll農場)というアメリカ所有の豚飼育農場が発生地であろう。この農場は一部Smithfield Food Coampanyが所有している。
Smithfield社は遺伝子操作の食品の消費を推し進めており、遺伝子操作された豚の血統も育てている。

主要メディアで豚豚インフルエンザのアウト・ブレイクが報道される前に、メキシコの新聞La Jornadaが、2009年4月12日、VeracruzのLa GloriaとPeroteの町の近郊の飲み水をCarrollが汚染しているという記事を掲載した。

(狭依彦)
この食品工場では、豚の糞を屋外に積んでおくなど、糞の異臭や化学薬品の臭いが施設の外まで漏れてたり、ハエが大量に発生しているなど、住民から、環境を汚染しているとの苦情が出ていた。

メキシコ政府がアウトブレークを正式に発表する以前に、このラ・グローリアとベラクルズの町では400名の地元住民がインフルエンザのような強い症状を表していたという。
「インフルエンザの新種の株」は豚の糞を食べるハエによって地元の町に広がった。
ラ・グローリアでは3,000人の住民の60パーセントが病気に罹っているという。

元記事

記事を検索していたらCDCの記事に不思議な記事を見つけました。
専門的な内容なので、よく分かりませんが、
(1)メキシコのユカタン半島では、人々が貧しく、豚、鶏などと部屋で一緒に暮らしている状態。
(2)H3N1のウイルスの抗体は血清中に見られる人が多いが、今回の豚インフルのH1N1の抗体はほとんど見られないこと、などが書かれています。

マヤの子孫とインフルエンザ

私は、今回の豚インフルは、昔のスペイン風邪のウイルスと関係していて、撒かれたものだと考えます。
鳥インフルを「進化」させようとしていたが、何らかの理由−変異が起こりやすいのでエリートにワクチン投与していても危険が高いなど−で、無理であったので、それが近年に「再創造」されていたH1N1に切り替えた。なぜ、メキシコか?
豚のウイルスが「進化」した説明が付けやすいのではないか?
posted by 狭依彦 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BBC読者投稿

英BBCに読者が投稿したメキシコの様子

記事

メキシコの読者とくに医療関係者からの投稿があります。

若い人が死んでいること。
医者やナースが病院で感染して死亡していること。
また、医療関係者が急に退職したり休暇を取っているものもあること。
最初に症例が発生してから、メキシコ政府が隠していた可能性があり、対策をとられないまま感染が広まった。

など、深刻な状況が窺えます。

ぜひ、翻訳サイトなどの翻訳されて読まれることをお勧めします。
posted by 狭依彦 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オバマと豚フルー

メキシコインフルエンザ:アメリカの奇妙に免疫のある大統領

インフルエンザのアウトブレークは、偶然なことに、オバマ大統領の4月16日のメキシコ・シティ訪問と重なっている。
大統領はメキシコ・シティのメキシコ人類学博物館でFelipe Solis氏に接待を受けた。
Solis氏は有名な考古学者であったが、Reforma新聞の記事によると、インフルエンザに似た症状でその翌日に死亡しているのだ。
なお、メキシコ政府は氏の死因と豚インフルエンザとの関係については確認していない。

CNN記事

狭依彦選択
メキシコの最初の豚インフルエンザは4月13日に見つかった、それから、4月25日の緊急事態宣言まで、有効な対策がとられない時期があり、空港も平常通り運用されていたし、通学・通勤も、野球など人の集まる催しも行われていた。

(たぶんアイク)
そして、1週間の潜伏期間を過ぎても、オバマ大統領はインフルエンザの症状が現れていない。
炭疽菌の手紙が送られる前に、ホワイト・ハウスではシプロ(一般名はシプロフロサキシン(ciprofloxacin)、炭疽菌に有効な抗生物質。シプロは独バイエル社(Bayer)が特許を持っている。)が投与されていたらしいが、どうしてだったのかを思い出そう。
posted by 狭依彦 at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CDC初期発表

CDC(米国疾病対策センター)はインフルエンザのアウトブレークを止めるにはもう遅いと語った
24 Apr 2009 19:31:20 GMT

米国疾病対策センターの代表代行のRichard Besser博士は、記者に、電話インタービューで、ワクチン投与、治療もしくは隔離という方法で、アウトブレークを抑えるにはもう遅すぎると語った。
博士は、メキシコのケースとアメリカのケースは同種のウイルスが原因である。しかし、メキシコでは多くの死者が出ているのに対して、アメリカでは症状が軽いことについてははっきりした理由が分からないと語った。

元記事

これは初期の記事です。
なぜ、この段階で、「もう遅い」ということになったのでしょうか?
posted by 狭依彦 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フルーどこか変だ

こんな風に起こるのはどこか変だ(Saturday, 25 April 2009)

アイクのヘッドラインのインフルエンザ記事を取り上げられた時系列で紹介します。

(1)2009年4月20日、この研究者は2009年5月2日土曜日に、テキサスで特別の「PANDEMIC VACCINE TRAINING」(流行病ワクチン訓練)が予定されていると語った。
私は、「ドライブスルー・ワクチン・クリニック」もある、Texas National Guard Troops(テキサス州兵)が参加したこのような「訓練」が行われることを、テキサスの郡のどこかが適切であると思うのかとても奇妙に思った。
これらの訓練は、AMERO FREEWAY(アメリカ、メキシコ、カナダを結ぶ高速道路)の計画路線に沿って行われるらしい。
これは、9/11前の演習と同じくインサイダーに情報を与えるためのものではないか。

(2)WHOの流行病コントロール室は、イルミナティのエリートが作ったもので、「エンド・ゲーム」殺人ウイルスを解析し、追跡するための組織である。
この組織にはスーパー・コンピュータを持っており、すべての国連メンバー政府の安全保障部と繋がっている。
 この部署の流行病宣言により、米政府は権力を持ち、例えば、すべての米国人にワクチン接種を強制することができ、それに従わないものは裁判なしで重罪となる。

(3)メキシコの豚インフルエンザ株はH1N1亜種で、鳥インフルエンザのH5N1とは違ったもの。
これは、1918年から世界中で猛威を振るったスペイン風邪と系統が同じである。
 このウイルスは1997年から2003年にFORT DEDRICKでJEFFREY TAUBENBERGER博士の研究グループが「再創造」している。これは偶然か?

元記事
posted by 狭依彦 at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日 Tweet It!

バクスター続報

生物兵器としていのワクチン?生きた鳥インフルエンザが入ったバクスター社のワクチン原料が18カ国に送られていた

人口削減を目指した悪魔の計画によって意図的に世界的な疫病が送り出されていたというよく知られた医学スリラーがある。
この本では、悪名高い製薬会社が鳥インフルエンザのウイルスをワクチンの原料に混ぜ込み、世界中の国に配布され、「インフルエンザ注射」として患者に注射されることになっている。
これらの患者はこの高い毒性のある「鳥インフルエンザ」株のキャリアとなり、世界中の人々にうつし、広範囲の死をもたらす。

この話には一つの問題点しかない。それは、これがフィクションではないということだ。少なくとも、生きた鳥インフルエンザウイルスがワクチン原料に混ぜられているとこところだけはフィクションではないのだ。今、起こっていることだ。

元記事

昨日の記事の続報です。18カ国というと、JAPANも含まれていそうですね。
posted by 狭依彦 at 21:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日 Tweet It!

H5N1入ワクチン

人間のインフルエンザワクチンに混ぜられた(混ざった)H5N1

ワクチン製造会社のBaxter International Inc.は人間のインフルエンザの株をベースとしているが鳥インフルエンザウイルスH5N1に汚染された「実験的ウイルス物質」を製造して、オーストリアの会社Avir Green Hills Biotechnologyに流通させたが、当局はどのようにしてこのようなことが起こったか核心に迫ろうとしている。
Avir Green Hills BiotechnologyはH3N2ウイルス製品だと考えられるものを、チェコ、スロバキア、ドイツの下請け会社にばら撒いた。

ヨーロッパの4カ国の当局はこの事件を注目していて、この捜査状況はWHOやEuropean Centre for Disease Controlによって詳細に監督されている。

元記事

これですかね?

どこかで、鳥インフル「作っている」人がいるのですよね。きっと……
posted by 狭依彦 at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日 Tweet It!

パウエルの予言

元記事1

このサイトとは違うのですが、今、パウエル元国務長官の予言が話題になっているということで、ちょっと調べてみました。

アイクのヘッドラインにはここに取り上げた2つの記事だけです。
なお、これが発表されたときには、私は、見逃してしまって訳していません。
ということは、アイクさんもあまり大きな扱いはしていなかったのではないでしょうか。


(1)前国務長官のコリン・パウエル氏は10月19日バーラック・オバマ氏を是認した。オバマ氏はパウエル氏は私のアドバイザの役割を果たしてくれるだろうと応えた。
 パウエル氏はオバマ氏への是認に加えて、「来年の1月21日か22日に今は分からないだろうが、危機がやっているだろう」と語った。 ビデオ

(2)その同じ日に、シアトルの資金援助パーティで、オバマの重要支援者ジョー・バイデン氏が、パウエル氏の予言に触れて、その「危機」は「世界的」な規模で起こるだろうと付け加えた。何たる偶然!

バーラック・オバマは多くの厳しい決断をしなければならないだろう。これには、外交政策も含まれる。
私の言葉を覚えておきなさい。世界がバーラック・オバマをテストするのは今から6ヶ月とないだろう。
我々は国際的な危機を迎えるだろう。危機が引き起こされるわけだ。この男の根性が試される。
これが起こることは保障する。オバマは皆さんが共に歩いてくれることが必要だ。というのは、最初はこの危機においてわれわれが正しいとはみなされないようなものなのだ。だから、厳しい決断が必要となるわけだ。
 この危機は中東から広がるだろう
 また、ロシアの近頃のつけあがった地位から始まるかもしれない。ロシア人は石油の海に浮いているからだ。

(3)オバマは、それから2日後の10月21日に同調した発言をした。

バイデン氏が言おうとしていたことは、ホームランド・セクレタリのCharoffが昨日言ったことと同じことだ。
これは、次期大統領が誰であれ、国際的な大問題を全部負わなければならないということだ。

(4)3極委員会の出席者であり前国務長官のオルブライト氏は、オバマを支持して、オバマ陣営に同意した。「オバマ氏は試されるだろう」

予測される危機は、ロシアに対する制裁が始まるかも知れない。

-------------------------------------------------------
元記事2

パウエル氏の予言について、人造の流行病が解き放たれるだろう。
鳥インフルエンザかそれに類したもの。

古い記事ですが、これだけ見ると役者がパウエル、バイデン、オルブライト。
現状で考えると、「オバマがパレスチナ問題を解決する」ということでしょうか。
もしくは、「イラン攻撃が開始される」
この記事からは「オバマが暗殺される」というのは考えがたいですね。
なお、今週、ブッシュ政権・オバマ政権共同の「災害対策訓練」が行われる、もしくは行われたと思います。鳥ちゃんも捨てがたいですね。
posted by 狭依彦 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日 Tweet It!

HIV汚染ワクチン販売

Bayer(バイエル)社がHIVに汚染されたワクチンを知っていて販売。内部資料による。

バイエル社というのは、ドイツのナチス協力会社IGファーベンが第二次世界大戦後に分割されて出来た会社。
ワクチンは日本にも販売されたとのこと。
バイエル社は、アメリカ以外にこの汚染されたと分かっている薬を販売したことは、特に問題はないとしている。アメリカでは起訴されることもない。

元記事

イスラエルの記事に精力を注いでいますので、ちょっとハショリました。
元記事には何のワクチンかは書いてありません。
posted by 狭依彦 at 22:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日 Tweet It!

ブラックモアと鳥インフル

マルサス主義者の俗物が鳥インフルエンザを人口過密対策とする

(1)スーザン・ブラックモア博士(英語公式ページ WIKI(日本語))が、11月5日のBBCラジオ番組(ジョン・ガレイ博士との対談)で次のようにコメントした。

「地球のためには、鳥インフルエンザなどが人口を減らすために使えるといいのですが。そうでないなら私達の未来は暗い」

「私は非合法のドラッグでインスピレーションを得ている。」「大麻なしでは、私の科学研究の大部分は完成していない」

(2)ディナーパーティをやるような厭世的なエリートたちは人類の数が病気によって減少するのを期待している。ただし、自分たちがその病気に罹らないなら。

(3)BBCでは誰かの孫娘とセックスをするというような下品な冗談は許されていないが、人類の多くが死ぬことを望むのは全く問題がない。

(4)この発言はたいして反響を呼ばなかった。BBCの対談番組を聴くようなラジオの聴取者は、ハーブティを飲むような学者が多く、このような聴取者はブラックモア博士の考えに同意しているのだろう。

(5)イギリスの上流階級ではマルサス主義的な考えを表明する人たちが増えている。
フィリップ王子も今年のテレビインタビューに答えて、食糧価格の危機について絶妙な答えをしている。それは「人が多すぎるからだ」というものだ。

(6)ブラックモア博士は、1990年代初期にエコ団体Earth Firstが語った「ペストが封建社会の終焉に貢献したように、エイズは産業主義を終わらせる可能性がある」というような伝統にしたがっている。

元記事

「自分たちが罹らないなら」というところがミソ。そんな薬が隠れて開発完成にならないと、鳥インフルは流行らないでしょうね!
今、一生懸命に開発されていて、開発が済んだら、開発に関わった人たちは消される、なんてねぇ……
posted by 狭依彦 at 23:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日 Tweet It!

H5N1入ワクチン

インフルエンザワクチンに含まれるH5N1のDNA

ジェフ・レンスのインタビューでLaibow博士が「栽培された」インフルエンザによる危険を語る

ビデオ(英語)

最近リスニング力が落ちているので、はっきりとは分かりませんでしたが……

英米で使われている、鼻から吸入するインフルエンザワクチンにH5N1のDNAが含まれているようです。
posted by 狭依彦 at 21:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日 Tweet It!

ワクチンの勧め

インフルエンザ・ワクチンを、インフルエンザを途中で止めるあるビタミンを使って避けよう

またインフルエンザの季節が始まった。CDC(米国疾病予防センター)はアメリカ国民にインフルエンザの注射を受けるように熱心に勧めている。
実際、CDCはシーズンになると、いつも、よく練り上げられたキャンペーンをしかけている。国民に興味を持たせ、インフルエンザ注射を受けたいと思わせるためだ。
しかし、Archives of Pediatric & Adolescent Medicine誌の10月号に載った最近の研究では、過去2年のシーズンで、対インフルエンザで子供たちにワクチンを与えても、インフルエンザ関係で入院をしたり通院したりするケースを調べると、ワクチンは何も効果がないという。

元記事

■元記事より

インフルエンザ注射がアルツハイマー病の原因となる形跡がある。水銀とアルミニウムとホルムアルデヒトの混合から起こっている可能性が高い。
ワクチンに含まれる水銀は自閉症の原因とも目されている。

見出しのビタミンとはビタミンDのようです。

アメリカではインフルエンザ予防注射が熱心に呼びかけられているそうです。それは、鳥ちゃんインフルではないようで、普通のインフルエンザに対するものらしいですが。

ところで、日本では、鳥ちゃんインフルは近い未来に必ず起こるような報道をされていますね。
私は思います。起こるのは、ある特定の人だけが使える絶対に効くワクチンが開発された後でしょうね……
posted by 狭依彦 at 22:38 | Comment(5) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日 Tweet It!

鳥インフルエンザの真実

昨年、鳥インフルエンザに人間がかかった事例が、初めて、前年より減少した。2006年の115名は微々たる数であったが、2007年には86名と微少となった。1億5千万人を殺しかねない流行病の警告という恐ろしい新聞の見出しはほとんど消えてしまった。

元記事

フィラデルフィアの子供病院のワクチンの専門家Paul A. Offit博士は、「H5ウイルスは過去100年の間人間の周りにあったが、流行病の原因となったことはなく、これからもないだろう」と言っている。

う〜ん?私たちの国では、最近、強制隔離のための法制を整えて、訓練もやっていますよね。
posted by 狭依彦 at 22:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日 Tweet It!

インフルエンザ注射

水銀が入ったインフルエンザ注射は危険がないって?バカじゃなかろか?

(英)保健省の幹部は、親に対して、子供達がインフルエンザワクチンの注射が無料なので受けるように勧めている。ワクチンには水銀が含まれていると物議をかもしている最中にだ。保健省の発表では、2歳以下の子供と、65歳以上の老人はワクチンがただで接種できるという。

元記事


そう気にすることじゃないかも知れませんが、水銀入りだそうです。食べ物だったらいやだな。
posted by 狭依彦 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。