2010年10月18日 Tweet It!

チリの救出劇と33

チリの33人の鉱夫救出に奇妙なメーソンの33のイメージ

チリの救出劇ではすべての点で、感情や国民のプライドを掻き立てるようにすべての事が目を見張らせるように演出されていた。
しかし、その中に、メーソンの象徴を知っている人には気になることがあった。

(1)鉱夫の人数……33人

(2)救出劇が開始された日……10/13/10 足せば33

(3)フェニックス
フェニックスという鳥は錬金術の変成の達成のシンボルと考えられいる。これは人間の再生に相当するものだ。

(4)穴を開けるのにかかった日数……33
ドリルのシャフトの直系は66センチ。33×2

(5)鉱夫が送った最初のメモ
シェルターに33名全員がいる。 現地語で33文字。

10/13/10にオカルトのイニシエーションを象徴する「フェニックス」という装置で一人一人地上−日の光の元へ引き上げられた鉱夫たち。彼らは「暗闇から光へ」と言っていた。

鉱夫たちが着るように言われた、反転した五芒星形。

surfacedminer-e1287096868693.jpg

元記事

にわかには信じられませんが、この事故、何かには利用されているので、「そう」であっても不思議はありませんね。
たぶん、最初の33人というのは偶然でしょうが……


posted by 狭依彦 at 21:37 | Comment(5) | TrackBack(0) | 象徴主義・儀式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初事故のニュースで33人って聞いた時、ふうん〜と思い、その後フェニックスと聞いた時、おやおやと思いました。w
国旗の色に塗り分けられたフェニックスには五芒星ないな〜なんて思って見てました。
ちなみに、フェニックスとフェニキアって関連のあるwordなんでしょうか?

Posted by at 2010年10月19日 14:15
ちょっと分かりませんね。
Posted by 狭依彦 at 2010年10月19日 20:34
何かを隠すためのヤラセだと言う方がいますが、もしそうだとしたらなにから目をそらそうとしたのでしょう。
Posted by at 2010年10月20日 14:59
事故がやらせかどうかは分かりませんね。
でも、この鉱山の親会社にエリート企業があったりするかも。ただし、私が読んだ2つほどの英語記事にはそのような情報はありませんでした。

ただし、事故をマスコミで「人々を誘導するために」使ったのは間違いがないでしょうね。
Posted by 狭依彦 at 2010年10月20日 19:12
これはエホバ神との戦いで地獄に幽閉されてしまったポカホンタス(地獄の霊、ルシファーの眷属)を助け出すというイニシエーションだったのではないかと思います。
ディズニーのポカホンタスも33作品目だそうです。

最近こういった儀式的事件が目立ってきたような氣がします。
僕が今までは気付かなかっただけかもしれませんが。
Posted by kiri at 2010年11月16日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。